JK徒然日記

2017年10月30日

仕事は楽しいかね?2(デイル・ドーテン著)

著名人の仕事に対する向き合い方を対話形式で説く書。

洋書を和訳したものは読みにくいものが多いですが、これは比較的読みやすかったです。


「部下をやる気にさせるためのいちばん勇気ある方法は、簡単に言うと、間違えること、彼らとの議論に負けること」 なるほどねぇ。


でも、私よりも、メンバーの皆さんの方がよっぽどよい意見を持っていたり、自発的だったり、いい視点を持っていることが多いです。私はメンバーに恵まれていて、いつも救われています。結果として、彼らとの議論に負けているわけですが(笑


posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

高松・天山閣レインボー店

今日は私の誕生日ということで、焼肉に連れて行ってくれました。
久しぶりに食べ放題の店。

ただ、少しお高めなにで、いい肉なのかな?
みんな、絶対元とらなきゃということで、私の誕生日はそこそこに、必死に肉に食らいついていました。

サラダバーのサラダと、ビビンバがおすすめです。


IMG_7680.JPG


IMG_7684.JPG
posted by jouji117 at 23:14| 香川 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過

2日間降り続いた雨がやっと上がり、高松にも晴れ間が。
綺麗な青空と屋島です。

IMG_7678.JPG
posted by jouji117 at 17:15| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

プロカウンセラーに聞く 40歳からの幸せな人生の作り方(緒方俊雄著)

20代、30代は欲望のままに高みを目指すが、40代からは登山でいうと下山となり、ありのままの自分でよいんだという作者。
おそらくカウンセラーのお立場のため、人生につまづいた人を多く見てきたから、出てくる言葉なのでしょう。
ただ、少し違和感ありました。
40代以降も、より登る山があるはずです。私は日々、小さな目標を探してそれをクリアすることに喜びを感じます。

ただ、「自分が200%の幸せで満たされているとしたら、他の人から戻ってこなくても、それほどその人に腹が立ちません。自分のあり余っている幸せを渡しているだけなので、見返りを求める必要がないのです。」という言葉はなるほどね、と思いました。

私はまだまだその境地に達していないので、未熟者ですね。






posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

三木・山猫軒

ランチは私が最も美味しくてお得だと思う、山猫軒へ。
ここの、エビとポテトのクリームパスタは絶品です。ポテトのコクがクリームとマッチしていて、エビもプリプリ。

ドルチェのプリンも手作りで美味しいです。

感じの良いお店の方々の応対も素晴らしいです。
IMG_7674.JPGIMG_7675.JPGIMG_7677.JPG
posted by jouji117 at 17:18| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

希望の党で不平不満をぶちまける党員はいかがなものか

衆院選の余韻が冷めやらぬ中、希望の党で不平不満を小池代表にぶちまける党員がいるようです。
ありえないですね。

ならば、最初から希望の党に入らなければよい。
小池人気にあやかろうととしてすり寄ったけど、人気失墜で不平不満。。。。
子供のだだっこみたいで、かっこ悪いです。

posted by jouji117 at 21:18| 香川 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか(米村歩・上原梓著)

働き方改革が叫ばれ、わが社も早く退社しろ圧力が高まっていますが、超ブラック企業だった会社が残業完全ゼロのIT企業に生まれ変わった内容を書いている本。

文学的な価値はゼロですが、平易な文章で読みやすく、IT会社社長でもある作者の置かれたブラックぶりがよくわかります。
また、残業をゼロにするために、究極まで効率化を進めて、1分1分を無駄にせず仕事をやりきる姿勢が求められて、付いていけない人もいるなど、実際に起こる現場の緊張感も伝わってきますね。




posted by jouji117 at 21:00| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

ブッダに聞いた 幸せを手に入れる3つのヒント: 今すぐ人生が変わる!(天美俊助著)

本当の幸せとは何なのか?を説いた本。
仏教用語が多いので読みづらいですが、簡潔にまとまっていると思います。
ただ、若干読み応えが無く、もう少し、深い話があってもよいかなと思いました。

「私たちは許していないと、過去に起こったことは1回であっても、思い出すたびにダメージを受けてしまう」
まさにその通りだと思います。
うまくいかなと、すぐに人のせいにしてしまう。。。。でも自分のまいた種。なるほどね。


posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

Amazon Kindleデビュー!

前から欲しかった、電子ペーパー端末 Amazon Kindleがクーポン利用で安く売っていたのでゲット!
これで、本が読める読める。

日焼けするかなぁと思いながらも、ホワイトを選択。
Kindle Paperwhite WiFiというやつです。300dpi。

やはりさすがというか読みやすいですね。ページをめくると、一瞬消えてから文字を復活させるので、多少バタバタします。
β版ですが、ブラウザも付きます。

プロモーション(広告)無しモデルにしました。これは2000円ほど高いですが、広告無しモデルにして正解。
広告ありだと、スリープモードからもとに戻す際に、広告をもう一回見てからスワイプしないといけません。
毎回がこれだと、少しイライラするかな。

IMG_7668.JPG


IMG_7669.JPG

ついでに、Kindle Unlimitedにもはいってしまいました。
元とれるかな?

秋の夜長は読書三昧ですな。









posted by jouji117 at 21:47| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

衆院選

予想通り、自民党の過半数になりそうです。とりあえずホッとしています。

森友?加計?不倫? そんなことより、やるべきことはたくさんあります。

希望の党は厳しい戦いですね。
「排除」が影響しているとのマスコミ解説でしたが、私は違うと思います。
よくわからないごった煮だった民進党を、保守とリベラルに分けたこと、それ自体は評価できると思います。
それよりも以下の点が敗因でしょうね。

1)希望の党の立候補者を見ると、自民党よりも極右の人もいれば、極左の人もいて、結局よくわからない。
2)改革保守っていっても、多くが自民党と同じで、差が分からない。ならば安定感のある自民党が良い。
3)都政運営の混乱を見透かされた上で、国政に打って出た小池代表の風見鶏的ふるまいが胡散臭い。
4)政策があいまい。

まぁ、時間がなさ過ぎましたね。政局一寸先は闇といいますが、まさに政局って感じでした。

私は一貫して、安保、財政規律に前向きかどうかで判断しています。
自民党にはぜひ、消費税、タバコ税を上げてもらって、早く赤字財政からの脱却を図ってほしいです。多少、所得税減税してくれるなら、北欧並みに消費税は20〜25%くらいあってよい。だってその方が平等ですよね?

生活保護や年配者の手厚い保護にメスを入れて、限りある財源は、頑張る若者に重点的に投資してほしい。
あと、防衛と海上保安、外交、ロビー活動、インフラ輸出には積極的な整備・投資をしてほしい。

2000年以上独立国を保っている日本を輝ける国にしてほしいと思いますね。

posted by jouji117 at 22:08| 香川 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

高松・瓦町・melon de melon

高松に新しくできた、メロンパン専門店のメロンパンを頂きました。

高級な食材使っているそうです。
サクサクで、香りも良く美味いです。
IMG_7665.JPG
posted by jouji117 at 19:48| 香川 ☔| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志度・かね荘

今日のランチは、かね荘で。
フライが食べたくて、デラックスフライ定食にしました。

フツーに美味いです。
IMG_7663.JPG
posted by jouji117 at 19:45| 香川 ☔| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

高松・片原町・欽山製麺所

久しぶりに高松でも美味いラーメン屋へ。
鶏そば大と煮卵を頼みます。

濃厚なスープが絶妙。
ただ、何がが足りない。

次は魚鶏そばに挑戦しよ。
IMG_7662.JPG
posted by jouji117 at 15:52| 香川 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

愛媛・西赤石山(1625.7m) 初秋のアケボノツツジの紅葉を求めて

久しぶりに、橄欖岩の赤い石が有名な赤石山系の一つ、愛媛県 西赤石山に登りました。
最近、仕事もプライベートもトラブル続きで本当にいいことが無いので、気分転換も兼ねて。。。
ヘルニアが悪化し、左手と左足の痺れがひどいのですが、無理をせず、ダメなら引き返すことにします。

幸い、天気は快晴でよい山行になりそうです。


●愛媛・西赤石山(1625.7m) 四国百名山 晴れ

【参考コースタイム】 計7時間(休憩含む)
東平駐車場(8:20)=>上部鉄道一本松停車場(9:10)=>かぶと岩分岐(9:40)=>かぶと岩(11:30)
=>西赤石山山頂(12:00)=>銅山峰ヒュッテ分岐(13:10)=>上部鉄道合流(13:55)
=>銅山峰ヒュッテ(14:00)=>東平駐車場(15:20)

20171008NIshiakaishi00map.jpg
[今回の行程]

高松自動車道、松山自動車道から、新居浜ICで降りて左折、県道47号を南下し、東平(とうなる)を目指します。
県道47号は二車線の快走路ですが、東平への分岐からの道は離合がむつかしい狭路です。
ところどころに「火の用心」という赤いのぼりがあり、こののぼりがあるところが退避エリアになっています。

東平に到着。駐車場はガラガラです。でも昼には混雑すると思います。
身支度をして、出発。

20171008Nishiakaishi02.jpg
[愛車VW GOLFとともに]

東平は住友別子銅山の採鉱本部があったところで、当時は1万人が暮らしていました。

20171008Nishiakaishi01.jpg

同時期の松山の人口も1万人程度だったそうなので、本当に大きな鉱山都市だったんですね。
数々の遺構が残り、東洋のマチュピチュと言われていて、多くの観光客が訪れます。

今回は、かぶと岩を直登するコースを登ります。このコースを登るのは初めてです。

20171008Nishiakaishi03.jpg

途中、別子銅山上部鉄道跡に出ます。そこからは配線跡を歩きます。平坦で歩きやすいです。

20171008Nishiakaishi04.jpg

20171008Nishiakaishi05.jpg
[廃線跡]

20171008Nishiakaishi06.jpg
[見事な石垣]

20171008Nishiakaishi07.jpg
[橋桁]

20171008Nishiakaishi08.jpg
[かぶと岩分岐]

途中で、かぶと岩方面の分岐から配線跡からは外れ、かぶと岩を目指します。
これがなかなか長く、たどり着きません。一歩一歩確実に登っていきます。

とにかく登山はテンポが大事です。
私が上りで気を付けていることは、
・最初の30分は意識して、いつもよりゆっくり歩く
・歩幅は極力小さくあるく
・上がりはあまり休憩を取らず、テンポよく歩く(休憩すると体が冷えて、再度温めるのに体力を使うため)
・水分や食べ物を取るのは最小限にする(消化で体力を使うので)
です。

20171008Nishiakaishi09.jpg
[色づきはじめ]

20171008Nishiakaishi10.jpg
[石鎚山方面]

いつもの山座同定です。

20171009_021208909.jpg

かぶと岩に到着。山と渓谷 2017年10月号に、かぶと岩から見た西赤石山の紅葉が載っていました。
今回はこれを見るのが目的で来ました。

20171008Nishiakaishi11_KabutoIwa.jpg
[かぶと岩]

が、私のカメラが悪いのか、山と渓谷の写真家の撮り方が良いのかわかりませんが、うーん、雑誌ほどは綺麗でないな。
なんか、茶色い感じ。

20171008Nishiakaishi12.jpg
[かぶと岩から見る西赤石山]

気を取り直して、西赤石山山頂を目指します。かぶと岩から登り返しで20分ほど。
途中、ハシゴやロープといった急登があります。

20171008Nishiakaishi13.jpg
[西赤石山山頂へ]

20171008Nishiakaishi14.jpg
[アサマリンドウ]

西赤石山山頂分岐へ到着、この分岐の西10mほどに二等三角点のある山頂、東に三角点の無いもう一つの山頂があります。

20171008Nishiakaishi15.jpg
[山頂付近の分岐]

20171008Nishiakaishi16.jpg
[西赤石山山頂(東)]

20171008Nishiakaishi17.jpg
[西赤石山山頂(西)二等三角点]

20171008Nishiakaishi18.jpg
[二等三角点]

ちょうどガスが出てきて、あまり展望はありませんでした。夫婦の登山客が山頂でくつろいでいました。

これまで、登山客は途中に単独行が2人、この夫婦が2人の計4人だけです。
三連休なのに・・・・四国の山は閑散としてますね。

20171008Nishiakaishi19.jpg
[山頂から眺め]

この山頂付近のドウダンツツジが綺麗でした。

20171008Nishiakaishi20.jpg
[ツツジの紅葉]


稜線の西に歩いて帰ります。
途中、スズメバチ3匹に襲われ、頭を刺されてしまいました(泣
泣きっ面に蜂とはまさにこのこと。。。

やはり最近調子よくないなぁ。
急いで、ポイズンリムーバーで刺された箇所の毒を吸い出します。
強烈な痛みでクラクラします。

30分経っても呼吸困難や吐き気が襲ってこなければアナフィラキシーショックは問題無しということで、なんとかその30分を乗り越えました。やれやれ。


20171008Nishiakaishi21.jpg
[稜線から銅山峰ヒュッテ方面への分岐]

銅山峰ヒュッテ方面に下ります。
途中、きのこがたくさんあります。
でも、蜂に刺された痛みで、それどころではありません。

20171008Nishiakaishi22.jpg
[キノコ]

長い下りを降り、上部鉄道の廃線跡に出ます。
この分岐、一切看板が無いので、下りはいいですがここから登る際は、両側のケルン?が目印です。

20171008Nishiakaishi23.jpg
[上部鉄道廃線跡出口]

しばらく行くと、住友林業の看板が。。。(^^

20171008Nishiakaishi24.jpg
[責任を負えないって言われても、もう来ちゃったもん]

上部鉄道の説明書きもありました。

20171008Nishiakaishi25.jpg

銅山峰ヒュッテを目指します。

20171008Nishiakaishi26.jpg
[銅山峰ヒュッテ分岐]

このあたりも遺構が多くあります。

20171008Nishiakaishi27.jpg

銅山峰ヒュッテに到着。女将さんがいたので、しばし世間話。
10数年前に旦那さんを亡くしてから、一人で切り盛りしているそうです。
台風が来たら自分で直したりしなくてはならないため、大変なんだとか。
あと、旅館業の関係で講習も受けに行く必要があるそうです。

山の暮らしも大変なんですね。

20171008Nishiakaishi28.jpg
[銅山峰ヒュッテ]

ヒュッテを後にして、下ります。

20171008Nishiakaishi29.jpg

途中、住友共同電力の鉄塔があります。

20171008Nishiakaishi30.jpg

20171008Nishiakaishi31.jpg

20171008Nishiakaishi32.jpg

駐車場に到着。カップルで多くにぎわっていました。
こんな山奥なのに人気なんですね。

20171008Nishiakaishi33.jpg

途中、マイントピア別子に立ち寄りました。

20171008Nishiakaishi34.jpg
[観光列車の駅(昔の鉱山鉄道跡)]

蜂に刺されたり、大変な山行でしたが、何とか無事帰れて良かったです。
不思議だったのは、蜂の痛みが続いていた時だけ、左手と左足の痛みやしびれが和らいだことです。
なんでだろ。
蜂の痛みが治まったら、また、左手と左足の痺れと痛みは復活しましたが。。。




posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(2) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

Amazon Prime Reading

なんと。

Amazonプライム会員なら、指定の本が読み放題になりました!


今までは、

・kindleやfireなどの専用端末のみ

・月1冊まで

無料でした。


これからは、

・iPadやアンドロイドなどもOK

・読み放題

になります。


ただ、対象は制限があるようで、全ての本というわけではありません。


それでも、衝撃的ですね。

本屋、ヤバイね。



iPhoneから送信
posted by jouji117 at 22:10| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

情け無い

希望の党に合流した、民進党議員の一部の事です。
よく見たら、リベラル本流の人もかなりの数いるやん。安保法制反対、憲法改正反対、外国人参政権付与賛成。呆れてものが言えない。

小池さんは金が欲しい、民進党議員側は議席が欲しい、そこに理念というものが全く無い。

まだ、新党立ち上げたリベラルな枝野さん、無所属で頑張る実は真正保守派の野田元首相の方が筋が通ってますよ。
posted by jouji117 at 22:49| 香川 ☁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

財政規律

自民党も、希望の党も、今の日本の借金をいかに減らすか、その中でどう安全保障体制を維持するか、という視点が欠け、後の世代にツケを回す姿勢が明確になっています。

所詮、国民はバカたがら、教育無料化とか耳障りの良い選挙トークを挙げれば勝てると踏んでいるからでしょう。

目先にとらわれて、長期的視点で政策提言できない政治家や国民ばかり。
この国は終わってます。
世界を見渡しても、ポピュリズムに迎合する流れが強くなっています。
posted by jouji117 at 05:30| 香川 🌁| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

群馬・草津白根山(2171m)

草津温泉での湯治と兼ねて、草津白根山に登りました。
草津温泉から、白根火山方面のバスに乗ります。
草津温泉バスターミナルから乗れます。往復だと割引になります。

20171001KusatsuShiranesan01.jpg

路線バスの運転手さんは軽快なトークで、バスガイドみたいでした。

20171001KusatsuShiranesan02.jpg
[殺生河原]

●群馬・草津白根山(2171m) 日本百名山 晴れ

草津白根山は活火山で、今でも活発に活動しています。
三角点付近は立ち入り禁止になっています。
本来は白根山や本白根山が正式名称ですが、他の白根山と区別するため、草津白根山と呼ばれています。

湯釜、水釜、涸釜と呼ばれる三つの火山湖があります。
特に、湯釜は、硫酸並みの超酸性で、エメラルドグリーンの湖が見る人をひきつけます。

20171001KusatsuShiranesan00map.jpg

白根火山のバス停についたら、まず、湯釜に見に行きます。
湯釜の方は、登山の恰好をしていない観光客も多く登ります。

20171001KusatsuShiranesan03.jpg
[白根火山駐車場]

20171001KusatsuShiranesan04.jpg
[バス停前のセンター]

20171001KusatsuShiranesan05.jpg
[湯釜方面]

20171001KusatsuShiranesan06.jpg
[観光客に交じって登山?]

20171001KusatsuShiranesan07.jpg
[リンドウ]

20171001KusatsuShiranesan08.jpg

20171001KusatsuShiranesan09.jpg
[湯釜付近から駐車場方面を望む]

20171001KusatsuShiranesan10.jpg
[湯釜付近から万座方面を望む]

コンクリート舗装の道を進むと、湯釜のビューポイントに到着。
素晴らしいエメラルドグリーンです。

20171001KusatsuShiranesan11.jpg
[湯釜]

湯釜は直径約300m、水深約30m、水温約18℃の火口湖です。
pHが1.0前後であり、世界でも有数の酸性度が高い湖とのことです。
塩化水素や二酸化硫黄が水に溶け込み、塩酸や硫酸のようになっています。
自然ってすごいですね。

湯釜からビジターセンターに戻り、今度は本白根山方面を目指します。

20171001KusatsuShiranesan12.jpg
[白根火山バス停(万座方面行側)]

フラットな道を進むと、ロープウェイ山頂駅に到着します。

20171001KusatsuShiranesan13.jpg
[アキノキリンソウ]

山々が綺麗です。

20171001KusatsuShiranesan14.jpg
[群馬方面]

山頂駅では、中国人が多くいました。

20171001KusatsuShiranesan15.jpg
[ロープウェイ山頂駅]

ここからが少し登りになります。大したことはありません。

20171001KusatsuShiranesan16.jpg
[リフト乗り場]

整備された木道を進みます。

20171001KusatsuShiranesan17.jpg
[四国ではありえないほどきれいな道]

イタドリが綺麗に咲いていました。火山ではまずコイツが咲きはじめます。

20171001KusatsuShiranesan18.jpg
[イタドリ]

本白根山展望台(左)や本白根山遊歩道最高地点が見えてきました。
残念ながら、本白根山の三角点にはいくことができません。


20171001KusatsuShiranesan19.jpg
[本白根山展望台(左)や本白根山遊歩道最高地点]

咲き遅れのコマクサを発見。

20171001KusatsuShiranesan20.jpg
[高山植物の女王 コマクサ]

紅葉まっさかりです。

20171001KusatsuShiranesan21.jpg
[紅葉]


20171001KusatsuShiranesan22.jpg
[湯釜方面]

ほどなくして、本白根山展望台に到着。

20171001KusatsuShiranesan23.jpg
[本白根山展望台]

一旦、下り、本白根山遊歩道最高地点を目指します。

20171001KusatsuShiranesan24.jpg
[本白根山展望台]

榛名山方面もしっかりとみることができます。
群馬の山々は火山が多く、山容が大きいです。

20171001KusatsuShiranesan25.jpg
[榛名山方面]

眼下には草津温泉が。

20171001KusatsuShiranesan26_Kusatsu.jpg
[草津温泉]

養分の少ない過酷な土地でも草花はしっかりと根をおろしています。

20171001KusatsuShiranesan27.jpg
[ホソバノヤマハハコ]

20171001KusatsuShiranesan28.jpg

最高地点から見る、本白根山の全体です。

20171001KusatsuShiranesan29.jpg
[最高地点からの展望]

浅間山が大きく見えます。

20171001KusatsuShiranesan30.jpg
[浅間山(左)]

20171001KusatsuShiranesan31.jpg
[アカモノ]

20171001KusatsuShiranesan32.jpg
[本白根山遊歩道最高地点(2150m)]

最高地点から三角点のあるところまでの道はありませんでした。
久しく通った形跡がないようです。

少し足を延ばして、万座方面が見えるところまで行ってみます。

20171001KusatsuShiranesan33.jpg
[万座温泉方面]

踵を返して、鏡池を目指します。

20171001KusatsuShiranesan34.jpg

見た目、モロ毒キノコ的なベニナギナタタケを発見。
でも、毒は無いらしいです。

20171001KusatsuShiranesan35.jpg
[ベニナギナタタケ]

鏡池はひっそりと静かな池でした。
派手な湯釜とは大違い。

20171001KusatsuShiranesan36.jpg
[鏡池]

再び山頂駅に到着し、そこからは舗装路を通って帰ります。
バスの時刻が近づいていて焦って帰りました。

20171001KusatsuShiranesan37.jpg
[山頂駅]

20171001KusatsuShiranesan38.jpg
[クルマユリ]


20171001KusatsuShiranesan39.jpg
[リフト乗り場]

この舗装路は結構長くて参りました。

20171001KusatsuShiranesan40.jpg

弓池が見えてきたら、バス停はもうすぐです。
バス出発の2分前に到着し、何とか乗り込むことができました!

20171001KusatsuShiranesan41.jpg

天気にも恵まれ、百名山を一つ制覇することができました!




posted by jouji117 at 21:00| 香川 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする