JK徒然日記

2017年10月22日

衆院選

予想通り、自民党の過半数になりそうです。とりあえずホッとしています。

森友?加計?不倫? そんなことより、やるべきことはたくさんあります。

希望の党は厳しい戦いですね。
「排除」が影響しているとのマスコミ解説でしたが、私は違うと思います。
よくわからないごった煮だった民進党を、保守とリベラルに分けたこと、それ自体は評価できると思います。
それよりも以下の点が敗因でしょうね。

1)希望の党の立候補者を見ると、自民党よりも極右の人もいれば、極左の人もいて、結局よくわからない。
2)改革保守っていっても、多くが自民党と同じで、差が分からない。ならば安定感のある自民党が良い。
3)都政運営の混乱を見透かされた上で、国政に打って出た小池代表の風見鶏的ふるまいが胡散臭い。
4)政策があいまい。

まぁ、時間がなさ過ぎましたね。政局一寸先は闇といいますが、まさに政局って感じでした。

私は一貫して、安保、財政規律に前向きかどうかで判断しています。
自民党にはぜひ、消費税、タバコ税を上げてもらって、早く赤字財政からの脱却を図ってほしいです。多少、所得税減税してくれるなら、北欧並みに消費税は20〜25%くらいあってよい。だってその方が平等ですよね?

生活保護や年配者の手厚い保護にメスを入れて、限りある財源は、頑張る若者に重点的に投資してほしい。
あと、防衛と海上保安、外交、ロビー活動、インフラ輸出には積極的な整備・投資をしてほしい。

2000年以上独立国を保っている日本を輝ける国にしてほしいと思いますね。

posted by jouji117 at 22:08| 香川 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする