JK徒然日記

2017年10月28日

プロカウンセラーに聞く 40歳からの幸せな人生の作り方(緒方俊雄著)

20代、30代は欲望のままに高みを目指すが、40代からは登山でいうと下山となり、ありのままの自分でよいんだという作者。
おそらくカウンセラーのお立場のため、人生につまづいた人を多く見てきたから、出てくる言葉なのでしょう。
ただ、少し違和感ありました。
40代以降も、より登る山があるはずです。私は日々、小さな目標を探してそれをクリアすることに喜びを感じます。

ただ、「自分が200%の幸せで満たされているとしたら、他の人から戻ってこなくても、それほどその人に腹が立ちません。自分のあり余っている幸せを渡しているだけなので、見返りを求める必要がないのです。」という言葉はなるほどね、と思いました。

私はまだまだその境地に達していないので、未熟者ですね。






posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする