JK徒然日記

2018年09月27日

愛媛・笹ヶ峰(1859.5m) / Mt.Sasagamine 大永山トンネル登山口〜下津池登山口

イングランド、オーストラリア出身のお友達等と、久しぶりに笹ヶ峰に登りました。

I went to Mt.Sasagamine with my friends.

天気が微妙だったので、まだ登っていない、島根の三瓶山にするか、岡山の蒜山にするか迷いましたが、雨雲レーダー予想を見ると、前線は南下し、笹ヶ峰付近は10時には晴れると見て、予定通り、笹ヶ峰に行くことになりました。

The weather condition was not good in Shikoku so I thought we went to Mt.Sanbe in Shimane or Mt.Hizuzen in Okayama.
But by the rainy cloud radar it was good in the afternoon so we went to Mt.Sasagamine as scheduled.

高松中央IC付近に5:30集合、高速道路経由で、新居浜市の大永山トンネル登山口に7:30に到着。
ここから苦難(苦行?)の山行が始まるとは、つゆ知らず。。。。

We arrived at the starting point of the mountain near Daieizan Tunnel at 7:30 am.


●愛媛・笹ヶ峰(1859.5m) / Mt.Sasagamine 日本二百名山、四国百名山 霧(Misty)

笹ヶ峰は一等三角点のある愛媛を代表する山で、日本二百名山、四国百名山にも指定されています。
大きな山容は四季を通じて、多くの人を登山へと駆り立てます。

Mt.Sasagamine is the typical mountain in Ehime.
This is one of the Japanese 200 famous mountains and one of the Shikoku 100 famous mountains.
Many hikers come to this mountain in every seasons.

[タイムスケジュール] 計7時間10分(昼休憩含まず)
大永山トンネル登山口/The starting point(07:30 am)=>銅山越分岐/The branch to Dozangoe(8:30 am)=>獅子舞の鼻/The Lion's nose(9:30 am)=>ちち山分かれ/The branch to Mt.Chichiyama(10:40 am)=>笹ヶ峰頂上/The top of the Mt.Sasagamine(0:20 pm)
笹ヶ峰頂上/The top of Mt.Sasagamine(1:10 pm)=>丸山荘/Maruyama Hut(2:00 pm)=>宿/Shuku(2:30 pm)=>下津池登山口/The ending point(3:30 pm)
下津池登山口/The ending point(3:30 pm)=>Riding TAXI=>大永山トンネル登山口/The starting point(5:30 pm)

20180927Sasagamine-routemap.jpg
[今回のルートマップ(国土地理院地図使用)/Trail Map]

大永山トンネルの旧別子山村側に数台停められるところがありますので、そこに車を停めます。
トイレは無いので、手前のダムの近くにあるトイレを利用することをお勧めします。

We were able to park a car near Daienzan Tunnel.
But there was no toilet.

We started to hike!

20180927Sasagamine01_starting.jpg
[大永山トンネル右にある登山口]

しばらく歩くと、谷があります。夏場は気持ちよさそうですね。

We found some stream close to the starting point.

20180927Sasagamine05_stream.jpg
[谷]

どんどん登っていきます。天気が良くなるとよいのですが。。。

20180927Sasagamine06_trail.jpg

1時間ほど歩くと、銅山越との分岐に到着します。左に進み、またすぐ右に入ります。

20180927Sasagamine07_branch.jpg
[笹ヶ峰は左]

20180927Sasagamine08_branch.jpg
[奥の分岐を右へ]

このあたりから、とても視界が悪くなってきました。
谷から吹き上げる冷たい風が体温を奪います。

Chilly wind flew up to us.

一緒に参加した友人は、「so misty、misty」と言っていました。

20180927Sasagamine10_coolair.jpg

でも、霧の中の大木は、これはこれで幻想的ですよね。

Misty trees were fantastic.

20180927Sasagamine11_bigtree.jpg
[巨大な木 / big trees]

途中、祠がありました。丁寧に祀られています。

20180927Sasagamine13_shrine.jpg
[祠 / Shrine]

木々も色づき始めています。笹ヶ峰は一足早く、秋ですね。

Leaves have been started to turn red.
We felt autumn has come.

20180927Sasagamine14_autumnleaves.jpg

さらに1時間歩いて、三角点のある獅子舞の鼻に到着しました。

We arrived at the Lion's nose which had a triangulation point.

20180927Sasagamine15_shishimainohana.jpg
[獅子舞の鼻(Shishimai no hana / Lion's nose]

ここからが笹コギで大変でした。
レインコートを穿いておけばよかったと後々、後悔する羽目に。

I regretted that I didn't ware a rain pants on the lower half of my body.

20180927Sasagamine16_bambooglass.jpg
[深い笹原を分け入ります。]

この笹原の道が長いのなんのって。
延々と、笹をかき分けながら続きます。ツレも笑うしかないって言っていました。
この笹は、イブキザサといいます。

We had to put away deep bamboo grass for a long time.
Only we cloud do was laughing.

やっとのことで、「ちち山の分かれ」に到着。ここまで長かった。。。
でも、これからがさらに長かったのです。

We could reach the branch to Mt.Chichiyama.
Quite long way I thought.

20180927Sasagamine21_chichiyamanowakare.jpg
[ちち山の分かれ / The branch to Mt.Chichiyama]

もし晴れていたらこんな感じ(2010/10/11登山)。
If it was fine, the view from the branch was such.

e.g.

20101011sasagamine09chichiyamawakare.jpg
[晴れていた場合の、ちち山の分かれ(2010/10/11)]

もし晴れていたら、ちち山の分かれからの景色はこんな感じです。

20101011sasagamine10heikedaira.jpg
[冠山(手前)と平家平/Mt.Kanmuri(in the front) and Mt.Heike-Daira(2010/10/11)]

20101011sasagamine11iyofuji.jpg
[コブが特徴の伊予富士(手前)、右奥は筒上山/Mt.Iyofuji(in the front) and Mt.Tsutsujo(2010/10/11)]


友人にちち山行く?と聞いたのですが、疲労困憊の友人は、近道でお願い!ということで、ちち山はパスし、トラバース路を進みました。
しかしこのトラバース路が思った以上に悪路でした。
以前に来たときはここまで、難なく来れたのですが、通る人が少ないのか、道が悪くなっています。


20180927Sasagamine22_traverse.jpg
[ちち山/Mt.Chichiyama]

20180927Sasagamine26_trail.jpg
[視界が悪いです]

ちち山への登りの分岐を過ぎます。

20180927Sasagamine27_chichiyama.jpg
[ちち山への道]

20180927Sasagamine30.jpg
[転びそうになる。。。]

20180927Sasagamine31_rock.jpg

このあたりはほとんど道がわからなくなっており、赤テープを頼りに進みます。
とても滑りやすく、注意を要します。

This traverse was remarkably slippy and muddy.


20180927Sasagamine32_bambooglass.jpg
[道なき道を進みます]

We were not able to find where the trail was.
Only red tapes were marks toward the top.

20180927Sasagamine33_traverse.jpg

途中、岩場があります。
なかなかいい感じです。

20180927Sasagamine34_rock.jpg

Many rocks were close to the traverse.

ちち山から下る道との分岐路にさしかかりました。

20180927Sasagamine35_chichiyamabranch.jpg

ここから、先は道が良くなります。
おそらく、笹ヶ峰からちち山までを登る人が多いからでしょう。

The trail was much better from the branch joining with the decent from Mt.Chichiyama.

20180927Sasagamine37_trail.jpg

苦しかったトラバース路もあと少し。もうすぐ山頂です。
私がもうあと5分ですよって、言ってから15分は歩いたので、かなり不満を買いましたが。。。

We almost reached the top.

頂上付近は、日本庭園のようになっています。
我々を苦しめたイブキザサに交じって、コメツツジ、ドウダンツツジが織りなす景色は見事です。
また今日は霧が深かったので、幻想的で、これはまたこれで良いですね。

The top of the mountain looked like a Japanese garden.
We saw a lot of rhododendron.

20180927Sasagamine39_tsutsuji.jpg
[ドウダンツツジ(左)とコメツツジ(右)/rhododendron]

足元では紅葉が進んでいました。

20180927Sasagamine40.jpg
[赤い葉が]
20180927Sasagamine40_tsutsuji.jpg

高山植物の陰の女王、ホソバノヤマハハコも発見。

I could see the flower "Hosoba no Yamahahako" as western pearly everlasting.

20180927Sasagamine41_yamahahako.jpg
[ホソバノヤマハハコ/Hosoba no Yamahahako/Anaphalis margaritacea]

ほどなくして、待ちわびた頂上に到着。
今回、キツかったので、本当にうれしい登頂です。
ただ、今回のような笹コギは、四国の山ではどこでもあることなんですけどね。

We reached the top of the mountain!!

20180927Sasagamine42_top.jpg
[笹ヶ峰山頂]

靴の中に水が入ってしまい、ズボンもずぶぬれ。
靴を脱いで乾かします。

We got wet awfully. 


笹ヶ峰には一等三角点があります。

Mt.Sasagamine had a first-class triangulation point.

当然ながら、誰もいません。。。。霧で何も見えません。

There was no one except us..
The view was not clear at all.
I have never seen such desolate mountain.

過去、何回か、この山に登りましたが、山頂に誰もいなかったのは初めてです。
山頂はとても寒く、体感気温は10度ほどです。

So chilly on the top.

と思って、昼ごはんを食べていたら、一人の女性ハイカーがちち山方面から来るではありませんか。
聞くと、旧寒風山トンネルの登山口から、寒風山に上がり、笹ヶ峰に行って、ちち山まで行ってから帰って来るところとのこと。
一人で、すごすぎる。

A female hiker came to the top from Mt.Chichiyama.
She said she came from Mt.Chichiyama via Mt.Kampu and Mt.Sasagamine.
So incredible!

もし晴れていたら、以下のような景色を見ることができます。

If it was fine, we could see such beautiful landscape from the top.

20101011sasagamine16top.jpg
[笹ヶ峰頂上(2010/10/11)]

20101011sasagamine17ishizuchi.jpg
[石鎚山(右)/Mt.Ishiduchi[on the right](2010/10/11)]

20101011sasagamine18chichiyama.jpg
[笹ヶ峰から見るちち山/Mt.Chichiyama(2010/10/11)]

My friend made hot coffee for us.

20180927Sasagamine47_coffee.jpg
[友人がコーヒーを入れてくれました。寒い山頂で嬉しい!]

1時間ほど、ランチタイムを楽しんだ後、下山です。
とうとう、晴れることはなく、残念でした。

It was pity that we were not able to see the sun shine.

山頂で、西条市のタクシーを呼んだところ、快く来てくれることになったので、北側の下津池登山口の方に車を回してもらうことにしました。来た道を帰る予定でしたが、この笹コギは、みんなもうコリゴリのようでした。かなりこたえたようです。
確かに、行きに5時間かかっていたので(通常は3時間半)、往復10時間はキツイですね。

I had a reception successfully so I called a taxi.
A taxi would come to the other endpoint of the mountain.
We didn't have to come back for additional 5 hours and put away heavy bamboo glass.

20180927Sasagamine53_branch.jpg
[左は寒風山、右は下津池登山口]


20180927Sasagamine54_trail.jpg
[深い霧の中を下山します]


途中、大きなカエルを発見。
ヤマアカガエルでしょうか?

We could see a red frog.

20180927Sasagamine57_frog.jpg
[ヤマアカガエル]

シオガマギクでしょうか?咲きおわりのようです。

20180927Sasagamine58_shiogama.jpg
[シオガマギク]

霧がとてもきれいで幻想的です。
今回の登山のベストショットはこれです。

The misty forest was so cool and beautiful.
This was the best photo today.

20180927Sasagamine59_forest.jpg
[霧に煙る森(今回のベストショット)]

この笹ヶ峰の北側は自然林が多く、とてもすがすがしいです。

We could see huge narural forest in the north side of Mt.Sasagamine. 
So cool.

20180927Sasagamine60.jpg
[いい感じの雑木林]

コケもいい感じです。

Wet moss is so beautiful.

20180927Sasagamine61_moss.jpg
[ウマスギゴケ]

しばらく下ると、1525mに位置する丸山荘に到着。この日はやっていなかったです。
大きな山小屋で、250人収容可能。四国では最大級です。

We arrived at the Maruyama hut. 
This hut is one of the biggest hut in Shikoku.


20180927Sasagamine62_koya.jpg
[丸山荘/Maruyama Hut]

正面玄関はなかなかいい雰囲気ですね。昭和って感じです。

I loved retro entrance of Maruyama Hut like Showa Era.

20180927Sasagamine63_koya.jpg
[丸山荘 正面玄関]

お品書きもありました。ビールが500円は、安いね。

This hut might serve beer or sake at reasonable prices.

20180927Sasagamine64_koya.jpg
[お品書き/Menu]

丸山荘で少し休んでから、先を急ぎます。
15時に登山口でタクシーを呼んであります。

20180927Sasagamine66_trail.jpg


やっと晴れてきました。もう少し早く晴れてくれれば。。。。

Finally the sun started shining.... Too late... 

20180927Sasagamine67_mountains.jpg
[少し視界が開けてきました]


20180927Sasagamine68_forest.jpg

立派な木で出来た橋を発見。慎重に歩きます。

We could pass the wooden bridge.

20180927Sasagamine70.jpg
[なかなか趣を感じる橋]

宿(しゅく)は、古くは別子銅山へ木炭を運ぶための集積地でした。歴史を感じますね。

"Shuku" was the aggregation area for carrying charcoal to the Besshi Copper Mine.

20180927Sasagamine72_shuku.jpg
[宿(しゅく)/Shuku]

秋ということもあり、キノコも多く生えていました。
実りの秋ですかね〜。食べないけど。

A lot of mushrooms were growing.

20180927Sasagamine73_kinoko.jpg


20180927Sasagamine74_kinoko.jpg

このあたりはいくつかの滝を見ることができます。

We found some falls around there.

20180927Sasagamine75_fall.jpg

シコクブシ(トリカブト)を発見。猛毒ですが、綺麗ですよね。

There was aconitum. It is famous as a poisonous plant.

20180927Sasagamine76.jpg
[シコクブシ/Aconitum]


20180927Sasagamine77_fall.jpg

やっと、下津池登山口に到着。長かった〜!
タクシーの運転手さんが待ってくれていました。
神様に思えました。

We arrived at the ending point. 
It took 8 hours from the starting point.
The taxi driver was waiting for us. 
We were so glad to take a taxi.

20180927Sasagamine79_endpoint.jpg
[タクシーを発見!助かった。]

そこから、ダート道をタクシーの下腹をすりながら下り、西条市=>新居浜市と進んで、再び県道47号に入り大永山トンネルまで2時間!
本当に、運転手さんお疲れ様でした。また固定料金で運んでいただきありがとうございます。

The taxi driver picked us up in the ending point of the mountain.
He drove along the dart road and came back to the starting point for two hours!
Thanks very much for driving with a fixed price.

(SONY NEX使用)

posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☔| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする