JK徒然日記

2018年10月03日

少年の改良(町田 康 著)

芥川賞作家が描く短編小説。
ロックを志す少年に、現実はこうだ、というのを諭そうとする男性の物語。

とても情景は今風なのに、書き方が文豪的というかノスタルジックな感じがとても印象的です。
なんか、最後はもやっとしていて、いろいろな想像が膨らみますね。




posted by jouji117 at 20:00| 香川 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする