JK徒然日記

2018年10月09日

AWSマネジメントコンソールとビリングマネジメントコンソール

AWSにログインすると、AWSマネジメントコンソールというものが出てきます。

〇AWSマネジメントコンソール

ログイン時にアカウントIDとかアカウント名を入れろというログイン画面が出てきててこずりましたが、Eメールとパスワードでログイン認証する方式を選ぶと、すんなりログインできます。

20181008AWS01.jpg
[AWSマネジメントコンソール]

このコンソールではいろいろなことができそうです。
自分のユーザー名の横に、「オレゴン」と表示されていました。

どうやら、私はオレゴンにいるようです(笑
ボビー・なんとかではありません。

20181008AWS02.jpg
[リージョン選択]

クリックすると、さまざまな国が出てきます。
日本なら東京リージョンですね。
自分のシステムやデータをどのリージョンのデータセンターに置くか、選ぶことができます。
HA構成(冗長構成)を取りたい場合はリージョンをまたぐ選択も可能です。

自分のユーザーIDをクリックすると、ビリングマネジメントコンソール画面に飛びます。
自分のアカウント属性や、請求状況などを見ることができます。

20181008AWS03.jpg
[ビリングマネジメントコンソール]


通貨も米ドルだけかと思いきや、他の通貨も選べるようです。


20181008AWS04.jpg
[支払い通貨選択画面(JPYもあったよ!)]

AWSは数年前と違い、日々進化を遂げていました。

試しにダッシュボードを見てみると、課金はまだされていないようです。
12か月の無料枠の対象なんですね。太っ腹ですね。

20181008AWS05.jpg
[AWS ダッシュボード]
posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☁| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする