JK徒然日記

2018年10月18日

Fire HD 10にストア非対応ソフトを入れる

Fire HD 10は安くて、処理速度も速く、解像度も良いとあって、アマゾンプライム会員であれば、いいことづくめです。
ですが、2つ欠点があります。

それは、GPSに対応していないことと、Googleのアプリにあまり対応していないことです。
特に、標準ではGoogle Mapsがインストールできないのは致命的と言わざるを得ません。

GPSのセンサーは無いので、WiFiから位置情報を取得するなどして、しのぐしかありません。
また、Fire OSは、Androidをベースにしているので、本当であれば、Androidのアプリは動くはずです。

そこで、Fire HD 10で、私が良く利用する以下のソフトをインストールしてみることにしました。

・Google Maps
・Google Chrome
・Google Earth
・昔の航空写真地図

Screenshot_2018-10-20-10-25-13.png

1)Android端末を持っているならば、APKファイルをパッキングするツールをインストールします。

私は、別で、Android 5.0のスマホ「Fujitsu RM02」を持っているので、APKファイルをパッキングするアプリとして、Apk Extractorをインストールしました。
そのアプリで、インストールされていて、APKファイルにしたいものを、チョイスして、APKファイルにします。
APKファイルは、Windowsでいうところのexeファイルのようなもので、インストールするために必要です。


2)次に、SDカードに、固めたAPKファイルをコピーします。

私のスマホでは、KSFileManagerというソフトは最初からインストールされていたので、それを利用して、APKファイルをSDカードにコピーします。
ない場合は、Google Playストアで、無料のFileManagerソフトをインストールすればよいでしょう。


3)SDカードを、Fire HD 10に差し込みます。

上記のSDカードを、Fire HD 10に差し込みます。Fire HD 10にも、Amazonアプリストアから、Amazonが認定したファイルマネージャソフトウェアをインストールしておけばよいでしょう。私の場合は、Fire Explorerをインストールしました。

4)ファイルマネージャから対象のAPKファイルをインストール

あらかじめ、設定>セキュリティとプライバシー>詳細設定>不明ソースからのアプリ を選択し、これをONにしておきます。
自己責任でお願いします。

その上で、SDカードのAPKファイルを選び、インストールボタンをおしてインストールします。

5)動作検証する

インストールすると、ホームにアイコンが表示されます。
以下は動かしてみての感想です。

・Google Maps : 動くことは動くが、頻繁に落ちる。またストリートビューはうまく機能しない。
・Google Chrome : 今のところ問題なく動作している
・Google Earth : 頻繁に落ちて、あまり使い物にならない。
・昔の航空写真地図 : たまに落ちるが、まぁ及第点。

と、動いたり動かなかったりしますが、いろいろ探ってみるのも面白いかもしれませんね。
ゆくゆくは、Android化して遊んでみようかと思っています。

posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする