JK徒然日記

2018年11月15日

余った2.5インチHDDの活用

先日、富士通FMVから取り出したHDDが手元に余りました。
そのまま捨ててもいいけど、まぁまぁ容量もあるし、再利用してみることにしました。

いつものAmazonで比較的評価の高かった中華HDDケースをぽちっとな。
800円いかないくらいです。


  <=ぽちったHDDケース


IMG_0797.JPG
[Wavlink製 HDDケースが届きました]

なんと、ご丁寧に、ドライバーまで入っていました。
耳かきにも使えるな、こりゃ。(良い子はマネしないように)

IMG_0798.JPG
[中身はこんな感じ]

リアカバーをスライドさせながら外して、2.5インチHDDを差し込みます。
割ときっちりはまります。

IMG_0799.JPG
[HDDを差し込んだところ]

ここで同梱されていたドライバーが活躍するのです。
HDDとケースを固定するため、裏蓋からネジをとめます。

ところで、裏蓋の「蓋」って漢字ですが、ファミコン時代のマリオブラザーズ(スーパーマリオじゃないよ。それより前のやつ)で出てくる、カニをマリオがドスってたたいて、仮死状態になっているやつにそっくりだよね〜。なんて思うのは私だけ?

でもなんで、マリオって、カメやカニやキノコやイカをいつもやっつけるんだろう。
よっぽど秋の味覚に恨みでもあるのかしらん?

IMG_0800.JPG
[ネジをとめた]

後は、USBケーブルを接続して完成。簡単やね。
あれ?同梱されていた両面テープ使わんかったぞ?まあいいか。

IMG_0801.JPG
[完成〜!]

さて、PCにつないでみることにします。

このHDDケースはUSB3.0対応ですが、悲しいかな10年選手のMyメインPC「DELL Inspiron 1520」はUSB2.0しか対応していません。
世の中Time is Moneyなんだろうけど、私にはじぇんじぇん関係ないのです。
ちなみにうちの長老めだかは3歳、Vitzは11年落ち、VW GOLFは9年落ち、ビアンキは16年落ち、持ち家は31歳、私は・・・、やめとこ。


スタート>Windows 管理ツール>コンピューターの管理 をクリックしてマネジメントコンソールを呼び出します。
コンソールから、ディスクの管理をクリックします。

接続したディスクのパーティションが表示されます。
意味不明なパーティションがたくさんありますねぇ。
たぶん再構成したりする様々なOSイメージなどが入っているんでしょう。

20181112Disk08.png
[ディスクの状態を表示]

これらのパーティションをきれいにして、単一のドライブとして使いたいのですが、残念ながらマネジメントコンソールからではできません。
ここはコマンドラインから強制的にパーティション削除を行います。

Windowsボタン+R ボタンを押して、CMDと入力し、Enterキーを押すとコマンドプロンプトが出てきます。
コマンドプロンプトからdiskpartと入力してEnterキーを押します。

>diskpart

20181112Disk09.png
[コマンドプロンプトからdiskpartを起動]

すると別のコマンド画面が立ち上がります。
list disk と入力し、Enterキーを押すと、接続されているディスク一覧が出てきます。
今回はdisk 1なので、select disk 1 と入力しEnterキーを押して、選択します。
list partition と入力しEnterキーを押して、disk 1のパーティション一覧を表示させます。

>list disk
>select disk 1
>list partition

20181112Disk10.png
[該当ディスクのパーティション一覧を表示]

つぎに、削除したいパーティションの番号を選択して、パーティションを削除します。
select partition 1(<=ディスク番号)などと入力しEnterキーを押して、パーティションを選択の上、
delete partition override と入力しEnterキーを押して、削除します。

>select partition 1
>delete partition override

20181112Disk11.png
[パーティションを削除する]

続いて、すべてのパーティションを根気強く削除していきます。
最後にexitと入力しEnterキーを押せば、完了です。

20181112Disk12.png
[すべてのパーティションを削除]

さきほどのマネジメントコンソールを見ます。
応答なしの場合は、PCを一度再起動してみてください。
私の場合、再起動した際にディスク番号が変わってしまいましたが、未割当の単一のディスクが表示されていることが分かります。
こうなれば、後はマネジメントコンソールから作業できます。

20181112Disk13.png
[未割当の広大な領域が出現。新大陸だ!]

ターゲットとなるディスクを右クリックし、新しいシンプルボリュームを作成します。

20181112Disk14.png
[マイクロソフトは右クリックが好きやなぁ〜]

割り当てる容量を選択します。複数のドライブに分ける場合は必要となる容量を設定します。
私は単一のドライブにしたかったので、最大値を入れました。

20181112Disk15.png
[サイズの設定]

次にWindowsで認識できるドライブ文字の設定です。

20181112Disk16.png
[ドライブの設定]

フォーマットをします。通常はNTFSフォーマットですね。

20181112Disk17.png
[フォーマット]

するとフォーマットされ、正しくドライブが割り当てられました。

20181112Disk18.png

マイコンピュータから見ても、Fボリュームが出現していてディスクとして利用することができますね。

20181112Disk19.png



HDDが家で余っていたら、再利用してみるのもよいのではないでしょうか?
TVの録画なんかにも使えますね。



posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☁| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

富士通 FMV LIFEBOOK AH30/KのHDDをSSDに換装

私が持っているもう一台のパソコン 富士通 FMV LIFEBOOK AH30/KのHDD(ハードディスク)をSSDに換装しました。

手順はいたって簡単。
最近は2.5インチSSDの500GBクラスが一万円前後なので、安くなりましたね。
昔では考えられないですね。

今回は多少高いけど、メモリーメーカーとしては、フラグシップのSanDisk製にしました。

IMG_0780.JPG
[購入したSSD]


・Amazonだと、SanDisk SSDが安いです。


1)パソコンのACアダプターを外し、電池も外します。
電池を外すのは絶対です。

IMG_0781.JPG
[電池を外す]

2)HDDが格納されたカバーが手前にあるので、ネジを二本外します。

IMG_0782.JPG
[HDDカバーを外す]

3)右にずらしながら、HDDの左側を引き上げます。

IMG_0783.JPG
[左側を持ち上げる]

4)HDDを取り出します。
HDDケースから横にあるネジ4本を外し、HDDを取り外します。

IMG_0784.JPG
[HDDケースを外す]


5)HDDコピー機で、HDDの内容をSDDにコピーします。

コピーは、最近安くなったHDDコピー機で行うのが一番確実で安全です。
同じくAmazonで安く買えます。

・HDDコピー機



IMG_0785.JPG
[HDD から SDDにコピー]

6)コピー完了後、HDDカバーをSSDにつけて、パソコンに戻します。

IMG_0786.JPG
[SSDを戻す]

この際先に左側のネジ部の突起二つを先に差し込み、後から右にスライドしてSSDの端子をはめ込むようにしてください。
以下はスライドさせているところです。

IMG_0787.JPG

フタを付けて、ネジ二本を止め直し、電池を付けてACアダプターをつけたら完成です。
本当に早くなりますよ!
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

GODIVAのチョコレート

頂き物です。
外国の味がします。
チョコはベルギー産、クッキーは国産でした、^o^

DSC_0350.jpg
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

金麦のおまけのチキンラーメンに、さらなるおまけが。

私が普段、愛飲している、金麦ですが、最近、キャンペーンやっていて、チキンラーメンがおまけで付いていました。

IMG_0794.JPG

袋を開けてみたら、さらなるおまけがありました。
チという文字の、食べられるシールが入っていました。

IMG_0795.JPG

卵にのせてみると、よい感じ。存在感ありありですね(笑

IMG_0796.JPG
posted by jouji117 at 20:00| 香川 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

山梨/長野・金峰山(2599m)〜朝日岳(2579m)〜北奥千丈岳(2601m)〜国師ヶ岳(2591.9m)晩秋の日帰り大縦走

今年のシメは、奥秩父山塊の名峰 金峰山に登りに行きました。
高松から遠く山梨へ。単独行です。

山梨・塩山駅から、栄和交通の乗り合いバスで、大弛峠(おおだるみとうげ)へ。
2360m。日本で最も標高の高い、車道峠です。
山梨県側は舗装されていますが、長野県側はダートで、この日は通行止めでした。

大弛峠は30台ほど駐車ができて、トイレも完備されています。

さあ、いざ出発!


〇山梨/長野・金峰山(2599m) 日本百名山、新日本百名山、花の百名山、山梨百名山 晴れ

[今回のコースタイム]

・金峰山 3時間50分(途中数十分の休憩あり)
大弛峠登山口(08:40)=>朝日峠(09:05)=>朝日岳(09:40)=>サイの河原(10:30)=>金峰山山頂(10:45)
金峰山山頂(11:35)=>サイの河原(11:45)=>朝日岳(12:25)=>朝日峠(12:55)=>大弛峠登山口(13:20)

・国師ヶ岳 1時間10分
大弛峠登山口(13:20)=>前国師岳(13:50)=>北奥千丈岳(14:00)=>国師ヶ岳(14:05)=>前国師岳(14:10)=>夢の庭園(14:25)=>大弛峠登山口(14:30)

20181111Kinpuzan01.jpg
[大弛峠]

20181111Kinpuzan02.jpg
[栄和交通のバス]


20181111Kinpuzan03.jpg
[今日は金峰山と国師ヶ岳に登ります]


今回のコースマップです。

20181111Kinpuzan-Map.png
[今回のルートマップ]


20181111Kinpuzan04.jpg
[初めは雑木林]


20181111Kinpuzan05.jpg
[ぬかるみも整備されています]

軽いピークの後、少し下り、朝日峠がありました。
雰囲気が良いです。

20181111Kinpuzan06.jpg
[朝日峠]

しばらく樹林帯でしたが、岩場に差し掛かると一気に開けます。

20181111Kinpuzan08.jpg
[見晴らしの良い岩場]


20181111Kinpuzan09.jpg
[富士山を一望]

以前、登った大菩薩嶺が見えます。
この後、登る国師ヶ岳も見えます。

20181111Kinpuzan10.jpg
[国師ヶ岳、大菩薩嶺方面]

北岳、甲斐駒ケ岳がクリアに見えます。

20181111Kinpuzan11.jpg
[南アルプス方面]


20181111Kinpuzan12.jpg
[素晴らしい富士山の雄姿]


20181111Kinpuzan13.jpg
[シャクナゲもあります]

この稜線は、中心分水嶺です。
日本海に注ぐ千曲川、太平洋に注ぐ釜無川がここから流れていきます。

20181111Kinpuzan14.jpg
[白骨林が幻想的]

朝日岳2579mにあっけなく到着。
特に銘板は無く、手作りのものがあるくらいでした。


20181111Kinpuzan15.jpg
[朝日岳]

朝日岳から見る富士山は、本当に素晴らしいです。

20181111Kinpuzan16.jpg
[朝日岳から見る富士山]


20181111Kinpuzan17.jpg
[朝日岳からの下りは急]

金峰山が見えてきました。
特徴的な五丈岩があるのですぐに、わかります。

20181111Kinpuzan18.jpg
[金峰山が見えてきた]


20181111Kinpuzan19.jpg
[金峰山]


20181111Kinpuzan20.jpg
[再び林の中]


20181111Kinpuzan21.jpg
[鉄山をトラバース]

サイの河原に到着。
素晴らしい景色です。

八ヶ岳や瑞牆山が手に取るように見えます。
遠く、中央アルプス駒ケ岳、御嶽山や、乗鞍岳が見えます。
まさに、日本の中心にいるような気分になります。

20181111Kinpuzan22.jpg
[サイの河原]

少し下ったところに、金峰(きんぽう)山小屋が見えました。
発電機の音が聞こえます。

20181111Kinpuzan23.jpg
[八ヶ岳と瑞牆山がよく見えます]


20181111Kinpuzan24.jpg
[八ヶ岳と瑞牆山の雄大な景色]


20181111Kinpuzan25.jpg
[川上村方面]


20181111Kinpuzan26.jpg
[頂上はもうすぐ]


20181111Kinpuzan27.jpg
[頂上から見る八ヶ岳、左奥は御嶽山]

頂上は、山梨県甲府市と、長野県川上村の境です。
塩山から来たのに、甲府市にいたのですね。

20181111Kinpuzan28.jpg
[頂上の五丈岩]


20181111Kinpuzan29.jpg
[頂上から見る富士山]

頂上2599mの岩の頂上から見る五丈岩です。

20181111Kinpuzan30.jpg
[五丈岩]

岩の頂上からサイの河原を振り返ります。
まさに絶景です。アルプスの景色が広がります。

20181111Kinpuzan31.jpg
[サイの河原を振り返る]


20181111Kinpuzan32.jpg
[金峰山山頂]

三角点 点名2595.03mがあります。

近くの岩より、やや低いです。
近くの岩に標高点があり、2599mです。

20181111Kinpuzan33.jpg
[三角点]

金峰山は古くから信仰の対象で、五丈岩の麓には鳥居があり、金櫻神社が祀られています。

20181111Kinpuzan34.jpg
[五丈岩に登る人々]

五丈岩に登ろうと思ったのですが、最近、めまいがあるので、大事をとって止めました。

五丈岩付近に銘板がありました。
近くの山々が描かれています。

20181111Kinpuzan35.jpg
[山頂にある銘板]


20181111Kinpuzan36.jpg
[ダイナミックな五丈岩]

青い空に、岩の殿堂。
今回のベストショットです。

20181111Kinpuzan38.jpg
[なかなか素敵です。]


20181111Kinpuzan39.jpg
[山頂から見る川上村]


20181111Kinpuzan40.jpg
[山頂から見る八ヶ岳]

帰りは来た道を帰ります。
バスの出発まであと1時間30分。
迷った挙句、頑張って国師ヶ岳まで行ってみることにしました。



○山梨・国師ヶ岳(2591.9m) 山梨百名山、花の百名山 晴れ

登山口すぐに、大弛小屋がありました。
かえりに、記念の、バッジを買いました。
550円とかなりお高め。

20181111Kinpuzan41.jpg
[大弛小屋]

バスの時間がせまっていたので、トレイルラン並みに飛ばして、前国師岳に到着。

20181111Kinpuzan42.jpg
[前国師岳]

ほとんど登山客はいません。
静かな山行です。


20181111Kinpuzan43.jpg
[北奥千丈岳と国師ヶ岳の分岐]

先に北奥千丈岳に登ります。
知名度は劣りますが、奥秩父山塊の最高峰です。

20181111Kinpuzan44.jpg
[奥秩父山塊最高峰の北奥千丈岳山頂]

20181111Kinpuzan45.jpg
[北奥千丈岳からみる金峰山]

すぐに引き返して、国師ヶ岳を目指します。
すぐに到着。

20181111Kinpuzan47.jpg
[国師ヶ岳山頂]


20181111Kinpuzan48.jpg
[国師ヶ岳から見る富士山]


20181111Kinpuzan49.jpg
[夢の庭園を目指す]

帰りは、夢の庭園を通って帰りました。
岩が織り成す景色が良いですね。

20181111Kinpuzan50.jpg
[夢の庭園]


20181111Kinpuzan51.jpg
[戻ります]


20181111Kinpuzan52.jpg
[大弛峠]

帰りは、栄和交通の乗り合いタクシーで、欅平経由で塩山駅に向かいます。
欅平にはほとんど民家が無いですが、分校跡がありました。
昔は栄えていたのでしょうね。

日本はこのような限界集落が広がっていくのでしょう。

20181111Kinpuzan53.jpg
[欅平分校跡]


天候にも恵まれ、いい山行が出来ました。

posted by jouji117 at 23:00| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

スーパー エブリイのパン

安くて、なかなか本格的な味。
こりゃ下手なパン屋は潰れるね。

IMG_0789.JPG
posted by jouji117 at 09:30| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

牟礼の里山を散歩

素晴らしい天気で、いい散歩日和です。
近所の山を、登りました。
五剣山が綺麗に見えます。

15,000歩。いい運動になりましたね。

IMG_0792.JPG
posted by jouji117 at 18:30| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松・古高松・山の手通り

今日はお休みを頂戴し、非常に調子の悪い左耳の再検査へ。めまいもあり、結局、12月に香川大学医学部で精密検査になりました。

気を取り直して、久しぶりにオムライスが食べたくなり、山の手通りへ行きました。

店内はいつも賑わっています。
ここは雑誌が充実しているのも良いですね。

中650円にしました。
サラダも付きます。
リーズナブルな料金で満足でした。

IMG_0788.JPG
posted by jouji117 at 13:00| 香川 ☁| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

高松・六条町・うつ海

今日は市内で同僚と営業対応。
昼は、うどん屋で。


麺は角ばった太麺で、食べ応え抜群。私は好きなタイプです。
スープはやや酸っぱめで、甘い汁が好きな私には合いませんでした。

リーズナブルな料金で、なかなか貴重な店ですね。

IMG_0779.JPG
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

高松・木太町・農場レストラン 温故知新

今日は市内でイベントがあり、社外です。
木太町にある野菜をメインとしたレストランで、ランチでした。

1,050円で、野菜バイキングと、雑穀米、スープ、メインはこの日は塩麹唐揚げ、コロッケ、魚から選べました。

IMG_0772.JPG

塩麹唐揚げは本当に美味しく、肉の臭みもありません。
下ごしらえがしっかりしていますね。

IMG_0773.JPG

大繁盛で、マダムでいっぱいでした。
私のようなしがないリーマンはなかなか敷居が高いですが、雰囲気は悪くなく、よい感じです。

禁煙で、決済にカードが使えるのも良いですね。


posted by jouji117 at 12:50| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

ベビー母恵夢 kiriのクリームチーズ味

ベビー母恵夢からkiriとコラボレーションしたお菓子が出ました。
思ったよりあっさりしていて食べやすいです。
少し、博多銘菓の通りもんに似ています。

IMG_0769.JPGIMG_0770.JPG
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

四国の山の紅葉時期

場所や山の植生、その年の寒暖にも大きく影響しますが、過去撮った写真を見ると、だいたい、毎年、四国の山の紅葉は、標高によって以下の時期に見頃を迎えます。


1800-2000m 9月末〜10月初旬 ドウダンツツジ、コメツツジ
1600-1800m 10月初旬〜中旬 ドウダンツツジ、コメツツジ
1400-1600m 10月中旬〜下旬 ブナ、ドウダンツツジ
1000-1400m 10月下旬〜11月上旬 ブナ、カエデ
500m〜1000m 11月上旬〜11月下旬 ブナ、カエデ、イチョウ
0-500m 11月中旬〜12月初旬、ブナ、カエデ、イチョウ、プラタナス、ダケカンバ、ナナカマド

2008101315A5C9A5A6A5C0A5F3A5C4A5C4A5B8.JPG
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

徳島/高知・三嶺(1893.6m)/Mt.Sanrei 5年ぶりの三嶺晩秋登山

山のお友達計4人で、5年ぶりに三嶺に登りました。
前回の寒風山は、あいにくの天気。
今度こそ、大パノラマを見せてやる!と、鼻息の荒いJKなのでした。

そんな私の勢いが通じたのか、雨が心配された天気も予報が変わり、チョー快晴の山行になりました。
ちなみに三嶺の事を、高知県人は「さんれい」と呼び、徳島県人は「みうね」と呼びます。

朝5:40に高松を出発し、見ノ越を経て、国道439号経由で徳島県三好市名頃に8:10到着。
高速道路も無く、ひたすら酷道続きで疲れますが、沿道の紅葉がとても綺麗で、うっとりします。

My friends and I went to Mt.Sanrei via national road no.439 and Minokoshi close to Mt.Tsurugi.
It took 2 hours and a half from Takamastu City to the starting point of Mt.Sanrei named Nagoro.

20181104Sanrei01.jpg
[貞光川の紅葉 / Colorful leaves in Sadamitsu River]

20181104Sanrei02.jpg
[見ノ越から見る三嶺(中央左)と塔丸(右)/ Mt.Sanrei(on the left) and Mt.Tounomaru]

20181104Sanrei03.jpg
[名頃駐車場/Nagoro Parking Area]

名頃は天空な里とも言われ、風光明媚なところですが、限界集落でもあり、村のある方が、カカシを作り置き始めたそうです。
今でも100体ほどはあるそうです。

We can see a lot of scarecrows in Nagoro area near the starting point.


20181104Sanrei04.jpg
[名頃名物 かかし]

20181104Sanrei05.jpg
[紅葉がきれいです]


〇徳島/高知・三嶺(1893.6m) 日本二百名山、四国百名山 快晴

今回のコースタイムとトレイルマップです。ほぼ標準タイムで下山出来ました。
単独行ならいざ知らず、4名で行ったタイムとしてはまぁまぁのタイムではないでしょうか。
日没が早いので帰りを心配しましたが、無事日没前に下山することができました。

20181104Sanrei-Map.png
[トレイルマップ(国土地理院地図)]


[コースタイム] 計5時間30分(昼休憩を除く)
名頃登山口(8:30)=>ダケモミの丘(10:10)=>三嶺頂上(11:40)
三嶺頂上(12:25)=>ダケモミの丘(13:25)=>名頃登山口(14:45)

20181104Sanrei07.jpg
[登山口]

駐車場は30台は停めることができる広く綺麗なものです。
トイレも完備されています。

登山口を登るとしばらくはブナ林を進みます。
この時期は、紅葉がとても綺麗です。

Quite wonderful about autumn leaves.

20181104Sanrei08.jpg
[四国ではモミジは珍しい]

今の時期は1000m付近が紅葉真っ盛りでした。

20181104Sanrei09.jpg
[すさまじく綺麗です]

20181104Sanrei12.jpg
[しばらくこんな樹林帯が続きます]

しばらく歩くと、三嶺林道に当たります。
この林道は一般車両通行止めです。

We faced an forest road called Miune Rindou.
This road is prohibited to go through by car.

20181104Sanrei13.jpg
[三嶺林道/Miune Forest Road]

20181104Sanrei14.jpg
[また、林道から山にとりつきます]

高度を上げていくと、紅葉も終わり、それはまたそれでいい感じですね。

20181104Sanrei15.jpg
[冬枯れの三嶺]

まだまだ、紅葉頑張っている木もありました。

20181104Sanrei16.jpg
[真っ赤に染まる]

しばらく歩くとダケモミの丘のエリアに入ってきました。
このあたりは、非常に美しいモミの木が広がっています。
鹿の食害がひどく、養生をしてありました。

We arrived at the Hill of Fir Trees.
Many deers eat tree skin so the forestry bureau has set protectors on trees.

20181104Sanrei18.jpg
[ダケモミの丘/the Hill of Fir Trees]

20181104Sanrei19.jpg
[ダケモミの丘]

20181104Sanrei20.jpg
[鹿対策/Protectors]

20181104Sanrei21.jpg
[うーん、綺麗ですねぇ]

20181104Sanrei22.jpg
[私はこうした樹林帯が結構好きです]

こうした森は私は大好きで、いつまででも、いられますねぇ。
さらに進むと、樹林帯を抜けていきます。
大きな岩が目印です。

20181104Sanrei24.jpg

このあたりから、剣山や次郎笈(ジロウギュウ)の大展望を見ることができます。

20181104Sanrei25.jpg
[剣山、次郎笈/Mt.Tsurugi and Mt.Jirougyu]

20181104Sanrei26.jpg

空気が薄くなり、急坂が続きますが、頑張って登ります。

20181104Sanrei27.jpg
[素晴らしい青空/Remarkable blue sky]

20181104Sanrei28.jpg

三嶺の名物、コメツツジはおおむね紅葉が終わっていましたが、一部ではまだ見ることができました。

20181104Sanrei31.jpg
[コメツツジが真っ赤でした/red azalea]

これまた三嶺名物の池に到着。
なんでも、冬にはスケートができるとか。
また冬に行ってみたいですね。

20181104Sanrei32.jpg
[池に到着]

三嶺といえば、この景色ですね。池と笹と遠方の剣山。
綺麗です。

20181104Sanrei34.jpg
[今回のベストショット]

さあ、あとちょっとで頂上です!

20181104Sanrei35.jpg
[頂上が見えてきたよ]

20181104Sanrei36.jpg
[コメツツジが綺麗ですね]

頂上に到着!

名頃からだと、それほど苦しむこともなく、頂上に到着できます。
高校時代、一時期、登山部でしたが、その時は夏合宿で、高知県側の光石から登っていました。
光石ルートは最後の登りが急でしたね。

20181104Sanrei37.jpg
[三嶺山頂/The top of Mt.Sanrei]

20181104Sanrei38.jpg
[天狗塚、はるか彼方に石鎚山系]

20181104Sanrei39.jpg
[筒上山、石鎚山、笹ヶ峰、東赤石山など]

20181104Sanrei42.jpg
[剣山など]

20181104Sanrei43.jpg
[石立山、白髪山など 遠くに湯桶丸など]

素晴らしい青空と素晴らしい景色!
ハローズの80円おにぎりが、ひときわ美味しく感じられます!


最近、お気に入りのiPhoneパノラマ機能で撮りました。
20181104Sanrei46panorama.jpg
[剣山〜石立山〜白髪山〜綱附森〜天狗塚]


20181104Sanrei47panorama.jpg
[天狗塚〜国見山〜中津山〜寒峰〜烏帽子山〜落合峠〜矢筈山〜黒笠山〜塔丸]

まさに、大展望です。

三嶺は、ブナ林=>ダケモミ林=>ザレ場=>池=>大展望 と、セクションごとに様々な姿を見せてくれる、登山客を飽きさせない山ですね。

20181104Sanrei48.jpg
[矢筈山系]

20181104Sanrei49.jpg
[塔丸、丸笹山、剣山]

20181104Sanrei50.jpg
[赤く染まるコメツツジ]

ぽかぽかの陽気で風も無く、ランチ日和です。
十分に頂上で景色を堪能した後、下山することにします。

20181104Sanrei52.jpg
[なんど見ても素晴らしい三嶺の頂]

三嶺ヒュッテにも寄ってみました。

20181104Sanrei53.jpg
[三嶺ヒュッテ/Sanrei Hut]

池ともしばらくお別れです。
次に来るのはまた5年後かな。

20181104Sanrei55.jpg


20181104Sanrei57.jpg
[三角点との分岐路]

20181104Sanrei58.jpg
[ダケモミの丘]

20181104Sanrei60.jpg
[本当にきれいなモミの樹林帯]

20181104Sanrei61.jpg
[冬枯れ間近の自然林]

1142.2m三角点があるはずなのですが、過去何回か登って今まで見つけられませんでした。
今回やっと見つけることができました。なんの目印も無いんですね。

20181104Sanrei62.jpg
[1142.2m三角点]

20181104Sanrei63.jpg
[名頃発電所付近の紅葉]

山のお友達は足を痛めたらしく、最後はなかなか苦しそうでしたが、何とか無事、駐車場まで帰ってきました。
怪我が無かったのが何よりです。

20181104Sanrei64.jpg
[駐車場]

20181104Sanrei65.jpg

帰りに、見ノ越で、祖谷そばをいただきました。(そば500円、山菜入り650円、肉入り650円)
山合いで食べるそばはまた格別ですね。

We had Iya soba. I loved it.

20181104Sanrei68.jpg
[祖谷そば]

トータル25,000歩、天気と友人のサポートにも恵まれて、素晴らしい山行を楽しむことができました。

We enjoyed walking at Mt.Sanrei with fine day.


(Panasonic Lumix DMC-LX3 / LEICA SUMMICRON F2.0 と iPhone6 使用)
posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

会計天国(竹内 謙礼、青木 寿幸 著)

突然事故死した経営コンサルタントが、あの世で天使と出会い、この世の困っている人を5人救うことができれば、この世に戻してあげるというお話。
小説かと思いきや、5人の課題は会計のお話がメインで、わかりやすく財務諸表などを話の中で解説するという、どちらかといえばビジネス書ですね。

やや回りくどくてとっつきにくい言い回しのあるのですが、覚えても半年すればB/S、P/Lの見方を忘れてしまう、頭の悪い私にとってはとてもよい本になりました。



posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

カショギ氏失踪事件から見えるもの

サウジアラビアのジャーナリスト、カショギ氏が失踪した事件がありました。
トルコのイスタンブールにあるサウジアラビア領事館内で殺害されたとのこと。
これが本当か否かは、私には分かりません。

#

私が注目したのは国の体制とバランスです。

サウジアラビアは、今では珍しい絶対君主国です。
王様が国や国民を支配し、王様は絶対という国ですね。
今では少なくなりましたが、中東ではまだまだ絶対君主国があります。
例えば、オマーン、バーレーン、クェート、カタールなどです。
中世は絶対君主国ばかりでした。

サウジアラビアは、サウード家のアラビア、という意味です。
サウード家はサウジアラビアの王家です。
まさに、国名からも、絶対君主国を表していますね。

若きムハンマド皇太子は強権な側面があるという意見もありますが、一方、改革者でもあります。
例えば、女性に運転する権利を与えたりしたのも、かなり思い切った改革をしています。
また、石油依存に危機感をいだき、依存度を下げようと様々な改革を断行しています。

私はこうした改革は絶対君主だからトップダウンで迅速にできる側面もあるのではないかと思います。
しかし君主が判断を間違うと悲劇でしかありません。
チェック機能も働きにくいです。

一方、民主的な国は理想ですが、国民は、個別最適の意識をどうしても持ってしまうため、国民の意見を聞きすぎると、やれ高速道路は無料にしろとか、消費税を無くせとか、学費をタダにしろとか、高度な自治を自治体に認めろとか、個別最適の視点で好き勝手言ってきます。
すると中央政府はコントロールが出来なくなり、最悪、財政が破綻したり、一部の自治体が知らぬ間に別の国になっていたりしてしまいます。
日本の旧民主党の稚拙な政策がまさにそれでした。

絶対君主によるコントロールと、民主的なコントロール、どちらも一長一短があり、どちらに傾いてもデメリットが大きくなります。
そのバランスをいかに取るか、が重要ですね。

ちなみに日本は天皇がいらっしゃいますが、憲法で権限が制限されていますので、実質的に立憲君主制の国になります(なお、日本が立憲君主制か否かは、識者で議論の余地があります)。イギリスやノルウェーなども、同じです。
今後もバランスを程よく取ってほしいものです。

---

Mr. Khashoggi, a journalist in Saudi Arabia, has disappeared.
He was killed in Saudi Arabia's consulate in Istanbul, Turkey.
I don't know if this is true or not.

#

I pay attention to the balance with the national system.
Saudi Arabia is a rare country of absolute monarchy now.

The king dominates the country and people, the king is absolutely the country.
In the Middle Ages, there were a lot of absolutely monarchic countries.

The country name 'Saudi Arabia' means Arabia of the Saud family.
The Saud family is the royal family of Saudi Arabia.
The country name represents the absolute monarchy.

Although the young Prince Mohammad has a powerful reformer.
He has given women the right to drive cars.
He has made effort to make oil dependence lower to reform.

I think quicker reform can be done top-down under absolute monarchy than another national systems.
But if the monarch makes a mistake in judgment, it is only a tragedy.
The check function is also hard to work.

On the other hand, a democratic country system is ideal, but politicians listen to the public's opinions too much, this is only a crisis. For example people want toll of highways become free, consumption tax become free forever and a district they live in become  an autonomous region. Then the central government will be unable to control. At the worst, the fiscal situation will collapse and some local governments will become a different country.

Both absolute monarch's control and democratic control have advantages and disadvantages.
I think that balance is quite important.

By the way, Japan is a country of constitutional monarchy, this is controversial whether Japan is a constitutional monarchy or not, because the authority of the Emperor is restricted by the Japanese Constitution.
UK and Norway are also the same.
I hope Japanese lawmakers think about the balance.


posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☔| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

高松・栗林・上原屋本店

今日は大規模なイベントがあり琴平へ。
上原屋で腹ごしらえです。

うどんが11月から30円、天ぷらが20円UPしてました。痛い値上げですね。

IMG_0686.JPG
posted by jouji117 at 12:56| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする