JK徒然日記

2019年05月04日

レオマワールドでバブリー!?

久しぶりにレオマワールドへ。
目的は、観覧車や、レディーバードや、ゴーカート・・・ではなく、平野ノラさんを見に行くため。
なので、入園券のみ購入しました。

IMG_3308.JPG

出演の15分前に会場についたら、かなりの行列。でも、座れましたよ。

最初の登場は、にしおかすみこさん。
女王キャラ全開で、会場を沸かせていました。ある少年に、「にしおかすみこだよ。あー!」って言う決め台詞を教えてました。
最後は、男性客を捕まえて、ムチで尻叩いてました 笑

しかし、にしおかすみこさんは若い!
見た目、30台前半に見えますが、44歳だそうです。

次に、お待ちかねのノラさん。
去年もレオマワールドに来たそうです。
荻野目洋子のダンスなどを会場の人にやってもらってました。

迫力はにしおかすみこさんの方が良かったです。

しかし暑い。会場は炎天下で、体感は30度はありますね。
帽子あった方がよいです。

帰りに他のアトラクション見てみましたが、レディーバードに至っては2時間10分待ち。
他も軒並み1時間以上待ちで、フリーパス買っても、意味なし。
唯一、メリーゴーランドのみ、15分待ちでした。


帰りに、はゆかうどん、もり家によるも、大行列なので、林町のたも家へ。
普通に並ばずに美味しいうどんを食べました。地元の人に優しいたも家です。



posted by jouji117 at 15:27| 香川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

徳島・天狗塚(1812m)〜牛の背(1757.2m) / Mt.Tenguduka and Ushinose

朝、6時に高松を出発し、国道32号線経由で、天狗塚に登りに行きました。

I went to Mt.Tenguduka and Ushinose.
This mountain has few flowers but we can see highland ponds.

ちょうど7年前の同じ季節にも登っています。その時は、天狗塚から三嶺を縦走しました。

・2012年 天狗塚〜三嶺 縦走

今日は、天狗塚から牛の背まで縦走してピストン帰還します。

GWということもあり、途中、大歩危あたりの国道32号線で渋滞を予想していましたが、全く渋滞は無く、むしろ、ガラガラ。
みんな、家でのんびりしているのかな?

I was worried about traffic congestion of Route No.32 near Ohboke.
But there are few cars.

20190503Tenguduka01.jpg
[大歩危の鯉のぼり]



〇徳島・天狗塚(1812m)/ Mt.Tenguduka 四国百名山 晴れ後曇り


20190503TengudukaMap.png
[今回のコース(地理院地図)]


[参考コースタイム] 計 5時間20分
西川林道登山口(09:05)=>1476m標高点(09:50)=>イザリ峠(11:00)=>天狗塚頂上(11:25)
天狗塚頂上(11:55)=>牛の背(12:35)=>イザリ峠(13:25)=>1476m標高点(14:10)=>西川林道登山口(14:55)

It took 5 hours and a half for trekking.

西山林道は相変わらずの荒れ具合で、Vitzの下をバンバン擦りながら、登山口に3時間かけて到着しました。
登山口にはすでに10台程度の車が停まっていました。人気ですね。

Nishiyama Road was rough and hard for me to go.
But I could reach the starting point for Mt.Tenguduka

20190503Tenguduka02.jpg
[山椒]

準備体操をしていざ出発!
登山口に山椒が生えていました。


20190503Tenguduka03.jpg
[登山口]

最初は樹林帯を歩きます。
植林、雑木林、ダケモミ林と、植生が変わっていくのが楽しいです。

I could enjoy seeing beautiful forest.

20190503Tenguduka04.jpg
[木漏れ日の中を進む]

急坂が多いですが、一歩一歩確実に歩を進めます。
やはり登山は人生に似ていますね。

20190503Tenguduka05.jpg
[主を発見]

ほどなくして、1476m標高点に到着。
三嶺もそうでしたが、最近、綺麗な看板が整備されています。

I arrived at 1476m high point.

20190503Tenguduka06.jpg
[1476m標高点]

ダケモミ(ウラジロモミ)の林の中を進みます。

20190503Tenguduka07.jpg
[ダケモミ / Abies homolepis]

植生が変わり、森林限界を超えてきました。
ここからはミヤコザサがお出迎えです。

I went throught forest limit area.

20190503Tenguduka08.jpg
[イザリ峠直下は荒れている]

イザリ峠の直下は、深い掘割となっていて、荒れています。
結構滑りますので、グリップ力のある登山靴がおすすめです。

The trail was so slippy.

20190503Tenguduka09.jpg
[イザリ峠 / Izari Pass]

イザリ峠に到着。多くのハイカーが三嶺か綱附森を目指していました。

A lot of hikers were going to Mt.Sanrei or Mt.Tunatsuke.

20190503Tenguduka10.jpg
[ショウジョウバカマ]

イザリ峠から見る、天狗塚と牛の背です。
バエ〜バエ〜。

Mt.Tenguduka and Ushinnose from Izari Pass was so beautiful and photogenic.

20190503Tenguduka11.jpg
[天狗塚と牛の背(右)]

パノラマで。

20190503Tenguduka12.jpg
[気持ちいいー]

天狗塚の登りはキツイですが、時間は短いです。
一気に登っていきます。ハイ。頂上!

20190503Tenguduka17.jpg
[天狗塚頂上 / The top of Mt.Tenguduka]

頂上からは、360度のパノラマが広がっています。
剣山、次郎笈、三嶺、西熊山、黒笠山、矢筈山、烏帽子山、寒峰、国見山、綱附森などを一望できます。

20190503Tenguduka18.jpg
[頂上からのパノラマ]

30分程度休憩して、おにぎりをいただきました。
高知から来ていたハイカーが数名いました。

I took a rest for 30 minutes on the top for lunch.

頂上でお昼を食べていると、少しづつ曇り始めました。
これは雨を降らせる曇り方です。牛の背へ急ぐことにします。



〇徳島・牛の背(1757.2m)/ Ushinose 曇り 

天狗塚から急斜面を下り、なだらかな牛の背を歩きます。
牛の背とはよく言ったもので、天狗塚はまさに頭で、そこから牛の背中を歩くイメージです。


20190503Tenguduka20.jpg
[牛の背に向かう]


ゴルフ場か牧草地のようなのどかな風景が広がります。

20190503Tenguduka21.jpg


本日のお目当てである、池塘に到着。
水量が少なく、残念ながら、逆さ天狗塚は見られませんでした。
でも綺麗ですね。

20190503Tenguduka22.jpg
[池塘]

パノラマで。

20190503Tenguduka23.jpg

池をよく見ると、カエルの卵がありました。
こんな自然環境でも、ちゃんと生き物がいるようだ。

20190503Tenguduka24.jpg
[カエルの卵]

鹿が多いのか、やたらとフンがあります。

20190503Tenguduka25.jpg
[鹿のフン]


しばし見とれます。

I could see a beautiful pond, green bamboo grass and blue sky.

20190503Tenguduka26.jpg
[何度見ても綺麗]


なんか古いWindowsの壁紙のような景色が広がります。
まさかここで撮影してたりして。。。

20190503Tenguduka27.jpg
[Windowsの壁紙のような風景が広がる]

結構牛の背の三角点までは距離があります。
またしつこくアップダウンがあるので、根気よく歩きます。

20190503Tenguduka28.jpg
[牛の背の三角点]

牛の背三角点は突如現れます。
山頂という雰囲気は全く無いですが、そこから先は下っているので、眼下に国見山方面が良く見えます。

20190503Tenguduka29.jpg
[牛の背から見る、国見山、石鎚山方面]

雲が広がってきました。
経験則ではこの雲は確実に雨を降らせます。
急いで、天狗塚に戻り、登山口まで引き返します。

20190503Tenguduka30.jpg
[天狗塚方面に引き返す]

祖谷の風景を楽しみながら下山します。

20190503Tenguduka31.jpg

先ほど登った、天狗塚です。
どこから見ても、優美な三角錐を楽しめます。

20190503Tenguduka32.jpg

先ほどの池塘。色々なアングルを試しましたが、やはり逆さ天狗塚は撮影できませんでした。

20190503Tenguduka33.jpg

帰りは、天狗塚に登り返すのではなく、左(北)のトラバース路を通って、イザリ峠に戻ります。
トラバース路はやや荒れています。

20190503Tenguduka34.jpg

トラバース路から、主縦走路に戻ります。

20190503Tenguduka35.jpg
[トラバース路]

20190503Tenguduka36.jpg
[イザリ峠に登り返します]


20190503Tenguduka37.jpg
[イザリ峠に到着]


20190503Tenguduka38.jpg
[滑りやすい掘割を下ります]


20190503Tenguduka39.jpg
[雑木林に入ります]


20190503Tenguduka40.jpg
[素晴らしいダケモミの林]


20190503Tenguduka41.jpg
[結構、いたるところに看板が整備されています]


20190503Tenguduka42.jpg
[ちょっとしたコルを越える]

1476m標高点に到着。

20190503Tenguduka43.jpg
[1476m標高点]

図根と書かれている杭を発見。
図根三角点でしょうか?

20190503Tenguduka44.jpg
[図根三角点?]

見事なコケが生えていました。

20190503Tenguduka45.jpg


20190503Tenguduka46.jpg
[タチツボスミレ]


20190503Tenguduka47.jpg
[駐車場が見えてきた]

駐車場が見えてきました。もうすぐです。

20190503Tenguduka48.jpg
[無事下山できました!]

帰りは、祖谷のかずら橋付近が混みそうだったので、小島峠(おしまとうげ)経由で国道438号線から帰りました。
この道はほぼ1車線しかなく、対向車が来ると死亡状態の悪路ですが、香川方面への近道です。

と、帰っていたら、大雨が。。。
やはり早めに下山して正解でした。

20190503Tenguduka49.jpg
[県道261号 菅生伊良原線 小島峠]

帰りに、剣山ゆうま温泉(大人400円)に寄りました。剣山からの帰りの客でしょうか。
今までに見たことのない込み具合でした。。

22,000歩。今日もいい汗をかきました。

(SONY NEX C-3 + Carl Zeiss Sonnar E 1.8/24 ZA T* / iPhone6 / Fujitsu RM02 使用)
posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

ジョニーウォーカー ブラックラベル12年

いただきもののウイスキーを開けました。
製造は、かなり古いものです。

IMG_3214.JPG

辛口でシャープな味わい。

posted by jouji117 at 21:48| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

再び屋島に登る

令和最初の日。

今日は、近くの料理屋さん、「活魚問屋 海寶」にて、いつもの天ぷら定食をいただきました。
GW中ということもあり、相当な込み具合。
女将さんも、「待たせてごめんねぇ」って言ってくれました。
いつもより、おまけしてくれたのか、少し天ぷらが多い気がするぅ。

IMG_3218.jpg

その後、瀬戸内国際芸術祭開催中ということもあり、近くの四国村に行ってみることに。
パスポートを見せると半額になるそうです。

20190501Yashima01.jpg

で、事前に取引先を通じて、購入していた、パスポートを見せたら、「これ引換券ですよ」とのこと。

なんやねん。それ。知らんがな。
どうやら受付の人の話では、高松駅前の港の管理所までわざわざ行って、ちゃんとしたパスポートに変えないと使えないのだとか。
ありえん。使えん。不便すぎる。

ていうか、パスポート結構高い(3シーズンパス正規料金 4,800円)けど、使えるところが限られるし、豊島美術館や地中美術館はタダにならないし、ビミョーよね。
瀬戸芸のホームページも見づらくて、エリアマップなど欲しい情報が手に入らないし、せっかくボランティアさんやスタッフさんが暑い中、汗水たらしておもてなししてくれているのに、その努力をスポイルしている気がします。

IMG_3269.jpg

四国村に1,000円は出せないので(すみません)、あきらめて、屋島に登ることにしました。


〇香川・屋島(292.0m) 四国百名山 曇り・霧

20190501YashimaMap.png
[本日のコース]

屋島神社に上ります。
ツツジがとてもきれいな神社です。
結構、圧巻ですよ。

20190501Yashima02.jpg
[ツツジで覆われた屋島神社、背後は屋島・冠ヶ嶽]

今日は左(西)に巻く道を通って、登っていきます。
この道は初めて通ります。

20190501Yashima03.jpg
[屋島名物 イノシシゲート]

いつものイノシシゲートを通り、左に巻いていきます。

20190501Yashima04.jpg
[赤または白テープが頼りです]

途中から、屋島ケーブルカー(廃止)の廃線跡を左に見ながら、登っていきます。
結構な急登と滑りやすい路面で、汗がしたたります。

20190501Yashima05.jpg
[左に屋島登山鉄道跡]

なんとか、屋島山上駅付近まで到着。
南端の冠ヶ嶽まで行ってみます。

20190501Yashima15.jpg

景色はイマイチ。さっきまで雨降っていたもんね。
雨降って地固まる。令和の時代はいい時代にしたいですね。

20190501Yashima16.jpg
[高松市方面]


20190501Yashima17.jpg
[牟礼・志度方面]


20190501Yashima18.jpg
[屋島経塚]

屋島山上駅跡まで戻りました。
駅前の商店街跡には、主がいました。

20190501Yashima13.jpg
[商店街の主]


20190501Yashima14.jpg
[時代を感じさせる自販機(もちろん動きません)]

お約束の、三角点を拝んでから帰ります。

20190501Yashima19.jpg
[いつもの一等三角点 屋島]

面白いもの発見。キクラゲ?

20190501Yashima20.jpg
[キクラゲ?]


20190501Yashima21.jpg
[屋島寺]

さて、引き返すとしますか。
今日はおとなしく、表参道から帰ります。

20190501Yashima22.jpg

多くの家族連れで沿道はにぎわっていました。
でも、たぶん地元の人ですね。


20190501Yashima23.jpg
[畳石]

この表参道(へんろ道)はいつ歩いても、気持ちの良いトレイルで、いいですね。
新緑が映えます。

20190501Yashima24.jpg

17,000歩。瀬戸芸には呆れましたが、気持ちの良い山登りができたので、良しとします。

posted by jouji117 at 17:21| 香川 ☔| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする