JK徒然日記

2019年07月29日

クロアチア・ホテルクロアチア

今日の宿は、ドブロヴニク郊外にある、その名も、ホテル・クロアチアに泊まりました。
べたやなー。日本でいうと、ホテル・ニッポンみたいな。。

IMG_5241.JPG

でも、とてもラグジュアリーなホテルで、オーシャンビューからの夕日がたまりません。

20190729Hrvatska083.jpg

夕食もこのホテルにて。
バイキングでしたが、名物のムール貝などをいただけました。

IMG_5246.JPG

イタリアに近いこともあり、パスタ、ニョッキ、ラビオリや、チーズなどがとてもおいしいです。

IMG_5251.JPG

翌朝、アドリア海を眺めながらの、会社メールチェック。。。。

IMG_5256.JPG

20190730Hrvatska001.jpg
[ホテルから見るアドリア海]
posted by jouji117 at 23:03| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボスニア・ヘルツェゴビナ・ネウム(Neum)

クロアチアから、ドブロヴニクに陸路で行くには、どうしても越えなくてはならない国境があります。
それが、ボスニア・ヘルチェゴビナの、ネウムという街です。

20190729Hrvatska070.jpg
[国境検問所]

人口4,000人程度の街です。住民もクロアチア人が主体です。

20190729Hrvatska071.jpg
[ネウムへようこそ!]

1718年のパッサロヴィッツ条約によって、ダルマチア地方の大半はベネチア共和国領となりました。
しかし、ダルマチア地方にあるドブロヴニクは元々都市国家ラグサだった歴史があり、オスマントルコ帝国とベネチア共和国の保護国としての立場でした。その、オスマントルコとベネチア共和国の緩衝としての役割をこのニウムという街は果たしていたようです。

なお、ドブロヴニクは、その後クロアチアの一部となりました。

IMG_5210.JPG
[ボスニア・ヘルチェゴビナ ネウム]

国境には検問所がありますが、日本人と分かると、ほぼスルーパスで入れます。
日本のパスポートは世界最強って言いますけど、本当に信頼が厚いんですね。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、仏領ニューカレドニア、台湾(1度目)、マレーシア(ボルネオ)、台湾(2度目)、マレーシア(本土)、カンボジア、シンガポール、アメリカ(ハワイ)、ベトナム、台湾(3度目)、インドネシア、フィンランド、エストニア、香港、マカオ、アメリカ(ラスベガス)、クロアチアの次に、ボスニア・ヘルチェゴビナに入国! 17か国目です!
死ぬまでに50か国行けますでしょうか。。。

ボスニア・ヘルチェゴビナは、ほとんどが内陸の国ですが、唯一この街、ネウムだけ海岸に面していて、約9kmの海岸線を持っています。
つまり、ドブロヴニクはクロアチアの飛び地ということになります。

20190729Hrvatska073.jpg
[ネウムに到着]

地理を大学で習っていた者としては、むっちゃそそられる地区ですね。
ネウムに立ち寄り、土産などを買いました。
この国の通貨は、マルカです。
超ざっくり言うと、1マルカ=4クーナ=0.5ユーロなんだそうです。

スーパーに入ってみました。

20190729Hrvatska074.jpg
[ドライフルーツが多い]

20190729Hrvatska075.jpg
[チーズなども多く売られていました]

なお、ボスニア・ヘルチェゴビナ唯一の海岸の街ですが、港はありません。
これは奥まった位置にあり、ここに港を作っても、経済効率が悪いためです。
そのため、ボスニア・ヘルチェゴビナは、クロアチアに対して、隣のプロチェを租借しており、そこに港を作っています。
電化された貨物鉄道まで引き込んでいます。

20190729Hrvatska062.jpg
[プロチェ港と引込線]
posted by jouji117 at 16:55| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・クルカ(Krka)

プリトヴィチェからドブロヴニクへ行く途中、クルカという街が一望できるサービスエリアがあります。

20190729Hrvatska049.jpg

このクルカもプリトヴィチェと同じく、幾重にも連なる滝がある有名な街です。

20190729Hrvatska050.jpg
[サービスエリアのトイレの紙は出すのがむつかしい]

IMG_5174.JPG

IMG_5175.JPG


IMG_5183.JPG
posted by jouji117 at 15:47| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリトヴィチェからドブロヴニクへ

プリトヴィチェを後にして、一路、ドブロヴニクを目指します。
最近、近くまで高速道路が開通して、時間短縮になりました。
それでも、7時間はかかります。

20190729Hrvatska042.jpg
[牧草地が広がる]

カルストの大地が広がっています。

20190729Hrvatska041.jpg

ディナル・アルプスの峠を高速道路で抜けると、海が広がっていました。
ここから気候は大きく変わって、地中海式気候になります。

20190729Hrvatska043.jpg
[ディナル・アルプスとROVANJSKAの街]

このあたりは絵になりますね。

20190729Hrvatska044.jpg

見とれてしまいます。

20190729Hrvatska045.jpg

Karinsko湖を越えて、一路、ドブロヴニクを目指します。

20190729Hrvatska048.jpg
[Karinsko湖]

高速道路が発達していて、綺麗です。最近できたっぽい。

20190729Hrvatska047.jpg

天気が変わりやすく、晴れているかと思えば大雨になったりと目まぐるしく変わります。

20190729Hrvatska055.jpg

20190729Hrvatska057.jpg


20190729Hrvatska056.jpg

大雨で事故しそうだなぁと思っていたら、目の前で事故がありました。
トラックが道路を1.5車線もふさいでいます。

バスの運転手は華麗な手さばきで、見事、間を縫うようにして通過。
素晴らしいテクニックです。これが無ければ、今日中のドブロヴニク到着は無理だったかもしれません。

20190729Hrvatska058.jpg
[事故]

20190729Hrvatska059.jpg

高速道路を降りて、後は下道を通ります。
結構、道の作り方が微妙。。。
土を積み上げただけだけど、大丈夫?

20190729Hrvatska060.jpg
[心もとない高速道路の法面]

下道を通って、海側のプロチェの街に進みます。

20190729Hrvatska061.jpg
[再びアドリア海が見えてきました]


20190729Hrvatska064.jpg


20190729Hrvatska062.jpg
[プロチェ]

20190729Hrvatska063.jpg
[Rogotinの街]

ネレトヴァ川の支流を越えていきます。
ネレトヴァ川は、ボスニア・ヘルチェゴビナから流れてきている河川で、中流には橋で有名なモスタルがあります。

20190729Hrvatska066.jpg

このあたり。オプゼン(Opuzen)付近は、クロアチアのカルフォルニアと呼ばれ、果樹園栽培が盛んです。
沿道では多くの店が集まり、果物を売っていました。

20190729Hrvatska065.jpg

クロアチアのカルフォルニアを後にして峠を越えていきます。

20190729Hrvatska067.jpg

峠を越えると再び、海が見えてきました。
Klekでは、多くの客が海水浴を楽しんでいました。

20190729Hrvatska069.jpg
[Klekの街]

途中、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのネウムを通過し、またクロアチア領内に入ります。
ネウムの話は別のブログで書きます。

20190729Hrvatska068.jpg

20190729Hrvatska077.jpg

この湾内では、牡蠣の養殖が盛んです。

20190729Hrvatska078.jpg
[牡蠣の養殖場]

ストン(Ston)の街が見えてきました。
万里の長城ほどではないけど、ラグーザ(ドブロヴニク)共和国時代の要塞として利用された長い城壁がとても綺麗です。
イギリスのハドリアヌス城壁についで、ヨーロッパで二番目に長く5kmに達します。
塩田で発展した街です。

20190729Hrvatska079.jpg
[ストン(Ston)の街]

ストンの街を越えると、外海が見えてきました。

20190729Hrvatska076.jpg

長いバス旅もそろそろ終わり。やっと、ドブロヴニクに近づいてきました。

20190729Hrvatska080.jpg

ドブロヴニク市内に入ってきました。
ツジマン橋を越えて、市内に入ります。
この橋が無かったころは、湾を大きく迂回する必要があり、さらに50分かかるそうです。

20190729Hrvatska081.jpg
[ツジマン(Tudjman Bridge)橋]

大きな豪華客船が停まっていました。
こうした客船が来ている時はドブロヴニクがとても混雑するそうです。。。

20190729Hrvatska082.jpg
[ドブロヴニク港]

posted by jouji117 at 14:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・プリトヴィツェ・BISTRO Vila Velebita

散策後、近くのレストランでランチしました。

IMG_5134.JPG

クロアチアを初めとしてヨーロッパのレストランでは飲み物を頼むのが流儀です。
私は昼間からビール(笑

IMG_5137.JPG

キノコのスープや、マスのグリルがなかなか美味しいです。

IMG_5135.JPG


IMG_5136.JPG

シンプルだけどおいしかったです。

IMG_5138.JPG
posted by jouji117 at 12:55| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvička jezera)

今回の旅は湖畔ウォーキングがテーマ。

今日はクロアチアを代表する湖畔でのんびりとウォーキングです。
大小16の湖と、92の滝があります。

IMG_5040.JPG

1979年にユネスコ世界遺産に指定されています。
クロアチア紛争で、一時危機遺産リストに入っていましたが、その後の懸命な地雷撤去によって、リストからは外れました。

IMG_5044.JPG

まず見ることができるのが大滝です。
圧倒されますが下から見た方が迫力あるので、下に降りてみます。

20190729Hrvatska007.jpg

いくつもの棚から水が溢れ出して、独特の風景です。

IMG_5058.JPG

木道がしっかりと整備されていて、メンテナンスが行き届いています。
しかし人が多い。観光シーズンでヨーロッパや全世界から人が押し寄せています。

IMG_5071.JPG

湖底には、石灰華と呼ばれる石灰岩の堆積物が沈殿しています。

IMG_5098.JPG

20190729Hrvatska010.jpg

石灰石で水がエメラルドグリーンのように見えて、とても綺麗です。

IMG_5064.JPG

20190729Hrvatska011.jpg

このプリトヴィツェは一生のうちに一回は行くべきところですね。

IMG_5075.JPG

20190729Hrvatska026.jpg

この日は天気が不安定で、大雨が降って大変でしたが、散策中だけ奇跡的に晴れて、素晴らしい景色を堪能することが出来ました。

20190729Hrvatska009.jpg

実に公園内の99%が森林で、残り1%が水域です。

20190729Hrvatska008.jpg

ナラ、トウヒ、モミなどの木が多いそうです。

IMG_5087.JPG

クロアチア出身の世界的オペラ歌手「ミルカ・トルニナ」の碑がありました。
大金を投じてこの公園の整備に尽力されたそうです。

IMG_5100.JPG
[ミルカ・トルニナの碑]

その彼女の名前が付いた滝もありました。

IMG_5101.JPG
[ミルカ・トルニナの滝]

湖の濃い緑はとても印象的です。

20190729Hrvatska024.jpg

石灰石の影響でこのような色が出るのだそうです。

20190729Hrvatska025.jpg

この後、上流の湖から遊覧船に乗って、イェゼロホテルまで帰ってきました。


20190729Hrvatska033.jpg

遊覧船は非常にゆったりと進み、優雅な時間を楽しむことができます。

IMG_5130.JPG

とても気持ちの良い散策になりました。

20190729Hrvatska034.jpg
posted by jouji117 at 11:38| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする