JK徒然日記

2021年11月13日

新政権の、ありえない愚策

自民と公明が所得制限ありのバラマキを行うとのこと。
応援だか何だか知らないけど、何のため?

馬鹿馬鹿しい。
人の税金をなんやと思ってるんや。
バラマキしても貯蓄に回るだけ。
AIなどの先進分野や医療、EV、ロボット、防衛などに投資すべき。
借金だけ増やして、世界の潮流に対応出来ない政府はいらない。

また、救済措置ならば、児童手当や児童扶養手当を時限的に手厚くすれば良いだけのこと。
また、景気浮揚したいのなら、マイナポイントを所得制限設けずに20万円とか配ればよい。
救済措置なのか景気対策なのかハッキリせず、みみちい金額で中途半端だから、おかしなことになる。

私は大衆迎合的なバラマキ政策そのものに大反対ですが、どうしてもバラマキしたいなら、所得制限すべきではない。
たった1割をより分けるだけで、不要な作業がかさむ。
よく富裕層には給付は不要という論調がありますが、その分、アホみたいに税金払ってます。

それでも、所得制限を設けたいなら、世帯年収で見るべき。
例えば、資産家で収入が少ない人や、年収900万円の共働き夫婦同士なら、世帯年収は1800万円になる。除外すべきだ。
夫婦で働いてROLEXの時計を付けて高級外車乗りまわしている人なんかザラにいるよ。
不公平極まりない。

クーポンも煩雑になり、無用な作業を生む。
GoTo並みに、全くくだらない。

新資本主義とかも意味がよく分からん。
高市さんははっきりしていた。

自滅した立憲共産党は論外だが、参院選では、適切な判断をしたいと思います。

posted by jouji117 at 10:07| 香川 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする