JK徒然日記

2021年11月28日

神奈川・丹沢主脈・主稜縦走ルート日帰り縦走 檜洞丸(1601m)〜蛭ヶ岳(1673m)〜大倉

今週末は1日だけ休み。
超快晴とあって、目覚ましかけなくても、朝3時に起きてしまう自分がいました。

小田急線、富士急湘南バスを乗り継いで、西丹沢ビジターセンターへ。
途中、丹沢湖マラソンの影響で、20分遅れでの到着です。
今日のとりあえずの目標は檜洞丸の登頂ですが、もし体調が良ければ、丹沢山系最高峰の、蛭ヶ岳まで目指したいと思います。

[今回のコースタイム] 計8時間(途中休憩10分程度を含む)
西丹沢ビジターセンター(8:50)=>檜洞丸(10:40)=>蛭ヶ岳(13:15)=>丹沢山(14:45)=>塔ノ岳(15:25)=>大倉(16:50)

標準タイムは、12時間45分なので、コースタイム倍率は63%でした。
なんとなく、コースタイム倍率80%で登山計画を立てておけば、なんとかなる感じです。


●神奈川・檜洞丸(1601m) 関東百名山 快晴

檜洞丸と書いて、ひのきぼらまる と言うそうです。
なかなかの難読山名。別名は青ヶ岳。
山頂南東面から南流して玄倉川に流入する檜洞(ひのきぼら)という沢に由来しているそうです。

西丹沢ビジターセンターにはトイレがありますが、大が一つしかないので、大混雑。
あきらめて、小だけ済ませて、上ります。

途中にキャンプ場があり、多くのキャンパーでにぎわっていました。

IMG_9110.JPG
[西丹沢ビジターセンター奥のツツジ新道登山口]

山の麓は紅葉が最後の追い上げ。
とても綺麗です。このあたりはモミジが多い。

IMG_9117.JPG

やはり雑木林は良いですね〜。

IMG_9122.JPG

ゴーラ沢出合が近くなりました。

IMG_9126.JPG

大きな石積みの砂防ダムがあります。

IMG_9127.JPG

ゴーラ沢に出ました。

IMG_9128.JPG
[ゴーラ沢]


石灰岩でしょうか?
独特の白い石がゴロゴロしています。

IMG_9129.JPG
[空が青いです]

IMG_9131.JPG
[再び取り付きます]

急登が続きますが、今日はペースがとても良く、一定のペースでぐんぐん登っていきます。

IMG_9141.JPG
[ハシゴなんかもあり]

檜洞丸まであと0.8km。
標識も充実していますね。

IMG_9144.JPG
[徐々に尾根筋へ]

とうとう富士山を拝めることが出来ましたよ。
このあと、嫌と言うほど、富士山を見ることになるのですが、やはり素晴らしい景色ですね。

IMG_9146.JPG
[富士山!]

素晴らしすぎます。

DSC_2133.JPG

徐々に平たんになり、頂上が近づいてきました。
木道が多く、植生に気を遣っているようです。

IMG_9147.JPG
[視界が開けてきました]

灌木を抜けて頂上を目指します

IMG_9150.JPG

相模湾も見えてきました。
伊豆大島や初島などもよく見えます。

IMG_9152.JPG
[相模湾を一望]

檜洞丸の頂上に1時間50分で到着!
通常のペースだと、3時間40分かかるらしいです。

IMG_9156.JPG

檜洞丸に三角点は無いようです。

IMG_9157.JPG

いくつか休憩スペースがあります。
今日はそこまで混んでいません。

IMG_9161.JPG
[あっと言う間に檜洞丸山頂]

山頂からは蛭ヶ岳も見えてきました。

IMG_9163.JPG
[蛭ヶ岳は遥か彼方]


●神奈川・蛭ヶ岳(1673m) 関東百名山 快晴 

10分ほど休憩した後、体力ままだあまり余っているので、蛭ヶ岳を目指します。
蛭ヶ岳に登るのは初めてになります。
なんといっても、丹沢山系の最高峰です。

小田原方面が良く見えます。

IMG_9164.JPG

しばらく行くと、青ヶ岳山荘が見えました。
西丹沢ビジターセンターで「大」が出来なかった私はここでトイレを拝借。
チップは100円です。

IMG_9165.JPG
[青ヶ岳山荘]

山荘のお二人で、ペンキの塗りなおしをしていました。今日はいいお天気ですものね。

何度もコルを超えていきます。
微妙なアップダウンが足にくる。

IMG_9176.JPG

蛭ヶ岳の前峰である臼ヶ岳を目指します。
ハシゴの連続。

IMG_9177.JPG

神ノ川乗越を通過。

IMG_9185.JPG
[神ノ川乗越]

北側の奥多摩方面も良く見えます。

IMG_9187.JPG

臼ヶ岳に到着しました。

IMG_9192.JPG

IMG_9196.JPG
[臼ヶ岳山頂]

蛭ヶ岳がだいぶ近づいてきました。

IMG_9193.JPG
[蛭ヶ岳]

休憩もそこそこに、蛭ヶ岳を目指します。
今日は日没までに下山しないといけないので、時間が無いのです。

IMG_9197.JPG
[蛭ヶ岳を目指します]

相模湾に続く沢がとても綺麗です。

IMG_9202.JPG

本当に綺麗ですね〜。

DSC_2159.JPG

富士山と南アルプスもばっちりです。

DSC_2139.JPG

しかしここからかなり高度感のある鎖場が続きます。
足がすくむところもチラホラと。

IMG_9204.JPG

腕の力で登らず、足の力で登ります。

IMG_9205.JPG

さきほどまでいた檜洞丸が遠くに見えます。

IMG_9206.JPG
[檜洞丸(富士山の右隣)]

臼ヶ岳も遠くなってきました。

IMG_9213.JPG
[臼ヶ岳(中央やや左の山塊)]

蛭ヶ岳の頂上が近づいてきました。
やはり、檜洞丸と蛭ヶ岳の間は難路だったのですね。

IMG_9219.JPG

蛭ヶ岳山荘が見えてきました。
やはり、丹沢山塊は大きくて、蛭ヶ岳まで来るのは大変。
でも、その分、達成感もひとしおです。

標準タイムだと檜洞丸から蛭ヶ岳までは3時間30分。
私は、2時間35分でした。かなり登りで手こずりました。

IMG_9220.JPG
[蛭ヶ岳山荘]

IMG_9230.JPG
[蛭ヶ岳頂上]

山荘脇に、傾いた三角点があります。
でも国土地理院地図には載っていないんだよな。

IMG_9222.jpg

西側は、東京や横浜、筑波山、千葉方面などを一望できます。

IMG_9223.JPG
[東京方面]

今日は空気も澄んでいて、遥か、赤城山方面なども見ることが出来ました。
感動です。

IMG_9224.JPG
[西東京方面]

本当はこの蛭ヶ岳から直接ユーシンロッジ、玄倉川方面に下る予定だったのですが、どうも道が無い。
蛭ヶ岳山荘の主人に聞くと、ここ10年くらい道が荒れ果てて、登る人は誰もいない。ましてや下るのは危険すぎるとのことでした。
ヤマケイオンラインに騙された。

予定が大幅に狂ってしまった。
ここから下って、玄倉バス停まで出て、17:30のバスに乗る予定だったのですが。。。

今から、丹沢山、塔ノ岳経由で、大倉まで出るか・・・・しかし遠すぎる。。。
でも、またここから戻って、檜洞丸まで帰るのもしんどいしなぁ。
というわけで、意を決して、丹沢山、塔ノ岳まで強行突破することにしました。
標準タイムの6割程度のコースタイム倍率なら、なんとか日没までに帰れます。

IMG_9229.JPG
[丹沢山ははるか先]

また、上り返しをしなくてはならないのか。。。

IMG_9232.JPG


●神奈川・丹沢山(1567.0m) 日本百名山、関東百名山 快晴

蛭ヶ岳を後にして、丹沢山を目指します。
丹沢山は今年の春に登っています。

IMG_9233.JPG

笹原の気持ちの良い縦走路ですが、登山道が粘っこい泥で覆われていて、滑りやすくとても歩きにくいです。
このあたりを縦走する人はとても少ないです。

IMG_9235.JPG

蛭ヶ岳バイバイ!

IMG_9238.JPG

丹沢山への道も険しく、また高度感ある岩山をよじ登ります。

IMG_9240.JPG

この傾斜度です。

IMG_9241.JPG

どんどん進みます。

IMG_9246.JPG

笹原に富士山。絵になるなぁ。

IMG_9248.JPG

棚沢の頭に到着。
ここから、玄倉に降りられるので、すこし見てみることに。

IMG_9249.JPG

なんか道が怪しそうだったので、引き返して、大人しく丹沢山を目指します。

IMG_9250.JPG
[玄倉川へのルート]

途中、不動ノ峰を超えます。

IMG_9254.JPG

不動ノ峰には、真新しい休憩小屋があります。

IMG_9256.JPG

丹沢山はまだ先です。

IMG_9255.JPG

IMG_9260.JPG

さあ、もうすぐ丹沢山だ。

IMG_9267.JPG

到着! 
この蛭ヶ岳〜丹沢山の間が長く感じました。

標準タイムだと、蛭ヶ岳〜丹沢山まで、1時間30分。
私も、まったく同じタイムの1時間30分。バテましたね。

IMG_9268.JPG

前回見られなかった、丹沢山から見る富士山です。

IMG_9269.JPG

丹沢山には三角点があります。


●神奈川・塔ノ岳(1491m) 関東百名山 快晴

時間が無いので、休憩はせず先を急ぎます。
今回ほとんど休憩はしませんでした。

IMG_9270.JPG

これまた、前回は見られなかった、塔ノ岳までの縦走路から見る富士山と玄倉川。

IMG_9271.JPG

何が楽しくて行くのかって?そこに山があるからです。笑
偉大な山容を誇る、大山も見えてきました。

IMG_9275.JPG
[大山]

だいぶ日が傾いてきました。

IMG_9276.JPG

日高を超えていきます。

IMG_9277.JPG

もうひと踏ん張り。
塔ノ岳を登り切ればあとは下りだけです。
私は下りよりも登りの方が楽に感じる人なのですが、今回ばかりはアップダウンが激しく、足に来ました。
もう登りはコリゴリです。

IMG_9279.JPG

やっと塔ノ岳!
この山には今年だけで2回来ており、今回が3回目になります。

標準タイムは、丹沢山〜塔ノ岳まで1時間30分。
私は、40分。日没で焦っていたので、かなり頑張りました。

IMG_9281.JPG
[塔ノ岳山頂]

こんなに快晴は初めてです。

IMG_9282.JPG
[尊仏山荘]

青年に写真を撮ってと言われてパシャリ。
富士山バックだと、逆光ですね。

休む間もなく、大倉まで7kmを下りです。
いわゆるバカ尾根(大倉尾根)というやつですね。

IMG_9288.JPG
[金冷シ]

江の島方面も良く見えます。

IMG_9290.JPG

小田原も素晴らしい眺め。

IMG_9291.JPG

花立山荘に到着。

IMG_9292.JPG

そのまま、トレランのように走りながら下ります。

IMG_9293.JPG
[花立山荘]

秦野の街並みが見えてきました。
場所によって見える景色が違っていて丹沢はバリエーション豊かですね。

IMG_9294.JPG
[秦野市内]

どんどん下ります。

IMG_9296.JPG

このあたりから、塔ノ岳に登っていた登山客が多くなり、たまに渋滞します。
みんなのんきに下っているけど、日没大丈夫?

IMG_9297.JPG
[堀山の家]

このあたりは茶屋がいくつかあります。

IMG_9301.JPG
[駒立山荘]

夕陽に照らされて、紅葉が輝きます。

IMG_9303.JPG

いやー、素晴らしいですね。
でも見とれている暇はない。。

IMG_9307.JPG

日没ギリギリ前の16:50に大倉バス停まで到着。

塔ノ岳〜大倉までは、標準タイムで、2時間35分。
私は1時間25分でした。

足を岩にぶち当ててしまいケガしました。。
いやー、キツかった。。

DSC_2186.JPG

でも、素晴らしい景色を見ることが出来て充実した一日でした。
6,000kcal消費で、足もパンパン。ヒラメ筋はさらに盛り上がりました。

DSC_2185.JPG

posted by jouji117 at 20:00| 香川 | Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする