友愛政治 : JK徒然日記

2009年09月14日

友愛政治

今日はクラウド関連で大阪出張です。

この間の選挙で民主党が大勝しました。メディアに煽動される選挙に驚きました。それだけ国民が現状を変えたかったのでしょう。

民主党のかがげる国民目線の政治、今後の色々な政策に期待したいところです。


しかし不安もつきません。民主党のアキレス腱は外交安全保障だと言われています。

鳩山さんは友愛を第一に考えているようですが、中国や朝鮮が「友愛」だけでお互い譲り合いながら関係構築できるとは思えません。中国は歴史感を押しつけ、朝鮮は核開発を手放すことはありません。東アジア共同体も、結局は中国の保護国になる道を選ぶということなのかもしれません。

外国人に参政権を与える政策にも疑問を持ちます。ある一定の滞在年数や貢献度合など、尺度を設けないと、外国に日本の政治を動かされることになります。

選挙のゴタゴタに乗じて中国は着々と東シナ海のガス田開発を進めています。日本と共同開発を進めることに合意したにも かかわらず。


また7議席しか取れなかった社民党をなぜ政権に参加させるのでしょうか?アメリカが日本の国力を弱めるために押し付けた憲法9条を擁護し沖縄の防衛力を弱めることに必死な社民党。

ミリタリーバランスが崩れ、友愛やガードなき交渉に終始した国がたどる末路はインカ帝国やチベットにはじまり歴史が証明しています。

日本が今世紀末まで独立国でいられるか怪しくなっている今、民主党の保守派に頑張ってもらうしかありません。

高速道路無料化で浮かれている場合ではないはずです。
posted by jouji117 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック