事業仕分けの功罪 : JK徒然日記

2009年11月26日

事業仕分けの功罪

無駄を無くす、事業仕分け。民主党がやっていますね。
理念は理解できます。天下りで非効率な団体へ税金を注入するのは確かに無駄です。

でも、国力をそいでまで、予算を削減するのは絶対にやめてもらいたいです。
たとえば、防衛、教育、科学技術、エネルギー政策です。

日本は技術立国です。技術がなければ大きく国力が落ちるでしょう。
また技術があっても、エネルギーを確保しないと何もできません。日本は海まで合わせると世界大6位の大きさです。海洋資源掘削への投資は惜しんではなりません。

また電気自動車の開発が進んでいますが、核となる技術のほとんどはリチウムイオン電池です。リチウムの産出国は中国。中国はLiの提供と引き換えに、したたかに日本の技術を要求してきています。

外圧に屈することなく、エネルギー政策をしたたかに行わないと、日本は沈没し、生活どころではなくなります。

オバマ大統領は、アジア歴訪でまっさきに日本を訪問しましたが、わずか1日足らずの滞在でした。
それに引き換え、中国には3日も滞在したのです。アメリカの国債は、中国に握られています。アメリカを生かすも殺すも中国次第というわけです。だからオバマ大統領は中国にペコペコしまくりでした。

にもかかわらず、オバマ大統領の講演に、無邪気に感心していた学生がTVに写っていました。日本人はどこまで平和ボケでお人よしなのかと思いますね。

もはや日本パッシングではなく、日本ナッシングなのです。日本の国力を増強し、中国やアメリカと対等に渡り合うためには、地道な努力が必要なのです。単に、こども手当てを厚くすればよいというものではありません。

今の民主党を見ていると、木を見て森を見ていない気がします。強い日本を作るようお願いいたします。
posted by jouji117 at 21:23| 香川 | Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント