普天間基地問題 : JK徒然日記

2010年05月11日

普天間基地問題

アメリカ海兵隊普天間基地問題が取りざたされて久しいですが、政府や日本の国民はどこまで安全保障について真剣に考えているのかと思います。

海兵隊は陸・海・空を備える即応部隊です。

それを徳之島に移すのは前線後退に他なりません。

極端な話をすれば、将来、沖縄は他国になっても構いませんよ、東シナ海はどうぞ日本以外の国が自由に開発してくださいということと同じです。

海兵隊と同等の即応戦力と意識を自衛隊が沖縄で持つのなら大歓迎だがそんな腹をくくることもなければ予算も人もいないとなれば、海兵隊を引き続き沖縄に置かざるを得ないと思うのです。

また、海兵隊は陸・海・空揃って初めて意味があるのであって、例えばヘリ部隊だけが、徳之島にいったら、空輸部隊が沖縄にいなくなるため、陸部隊は動きようがありません。

確かに沖縄の苦労は計り知れないものがあります。私も何度か沖縄に行ったことがありますが、あの騒音はすさまじいものがあります。あれが毎日だったら、狂ってしまうかもしれません。

県外移設にこだわるのではなく、県内で即応体制が取れて、かつ住民の皆さんの騒音負担の少ない地域を探して妥協策をさぐってほしいものです。また地域振興も忘れてはなりません。

また海兵隊と自衛隊とのより緊密な共同演習などを通じてノウハウの蓄積を切に願います。将来、海兵隊が撤退しても、沖縄や日本が自立できるだけの安全保障が必要です。

ここでの舵取りが今後の日本の100年を決めそうです。


 
posted by jouji117 at 23:02| 香川 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント