中国のしたたかさと戦略 : JK徒然日記

2010年09月23日

中国のしたたかさと戦略

小沢さんの中国への議員団参りと写真撮影は・・・・つい、最近の事でしたよね。
莫大な税金を無駄遣いしての朝貢外交で得られたものは何だったのでしょうか?

わが国の領海に中国漁船が不法に侵入し、巡視船にぶつかっておきながら、あれやこれやの恫喝。
レア・アースまで禁輸しようとする始末。
中国の周辺諸国は、つねに中国に翻弄され、侵略されてきました。

チベット、東トルキスタン、内モンゴル・・・、数々の少数民族。彼らには自由はなく、迫害される毎日です。

日本から、中国、韓国への技術流出もとまらず、日本はもはや亡国の途にあります。

日本がここで毅然とした態度を示さないと、他の東南アジアも迷惑します。
彼らも、中国の勝手なやり方で、領土問題を抱えているからです。中国はあくまでこれを国家戦略としてやっています。
中国を取り巻く国々をまとめあげて、中国に対抗する外交を展開すべきです。

何度も書いてきましたが、ミリタリーバランスが崩れる時、それは戦争があり、衝突があり、領土が塗り替えられる時です。

前原大臣も、もう少しはっきりとした態度を示すべき。確か日本会議のメンバーでしたよね。
日本も、米国海兵隊のような即応部隊を持ち、沖縄圏、対馬エリア、北方領土の防衛につとめるべきです。

 
posted by jouji117 at 16:00| 香川 ☔| Comment(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
コメントしてませんけど、いつも拝見しています。
体調はどうですか?

なんだか雲行きが怪しくなってきましたよね。
そろそろ日本が本気で試される時期が来たのでしょうか。穏便に治まってくれるといいのですが、今の先方の勢いだとなかなかこじれてくれそうな気配です。外交に長けた人はいないものでしょうか。
J.K.さんがおっしゃる通り、日本の対応の仕方でアジアの諸外国も影響を受けるはず。毅然とした対応が望まれるけれど、長引かせるのを恐れてフニャフニャな姿勢になりそうな気も……。
Posted by さら at 2010年09月23日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。