日本をダメにする政治家たち : JK徒然日記

2008年06月18日

日本をダメにする政治家たち

この間、台湾が日本の尖閣諸島を侵攻しました。中には台湾巡視船もいたそうです。

これは明確な国家犯罪であり、日本は断固とした態度を取るべきでした。

馬は外省人だそうで、中共とのパイプも太いようです。
ましてや、日中ガス田開発で合意がされたタイミングでのこの行動。
裏で、中共が糸を引いて、したたかに自分の有利なように交渉をすすめるのが見て取れます。
そのために"台湾省"が利用されたのでしょう。

それにもかかわらず、海上保安庁は謝罪をする始末。およそ主権国家のなすべきこととは思えません。
また海上自衛隊が中国にわざわざ軍艦を派遣し、友好ムードを作るのに躍起になっているのです。

今の首相では。。。何か弱みを中国に握られているのでしょうか?
「相手の嫌がることはしない」って、自分から交渉の切り札を捨てているようなもの。

平和国家を標榜する国家の末路は歴史が証明しています。昔はスペインに蹂躙されたインカ帝国、チベット、ウイグル(東トルキスタン)・・・・。大虐殺、拷問、断種が待っています。

日本が日本省にならないよう、骨のある政治家さんに期待したいですね。中川昭一先生、なんとしても日本をよろしくお願いいたします

また台湾も、李登輝さんの意思を受け継ぐ真の政治家が誕生するのを期待してやみません。

 
posted by jouji117 at 23:57| 香川 ☀| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。