徳島・秋葉山(1110.3m) : JK徒然日記

2011年02月21日

徳島・秋葉山(1110.3m)

お天気は曇りでしたが、雪上ハイクがしたくなり、徳島へ。


最初は高越山を登る予定だったのですが、思ったより雪が少なそうなので、国道438号線を南下し、津志獄に挑むことにしました。



国道438号線から、「石鉄山」と書かれた立派な鳥居のある林道を登ると、久藪集落が現れます。


林道の終点に車を止めて、「津子嶽神社」とかかれた小さな鳥居をくぐって、登っていきます。



途中、2度、鉄の橋を渡り、木の橋を渡ります。


「石鉄神社」があるので、お参りをしていきます。



雪はまだ結構残っていて、場所によっては腰までのラッセルになりました。


久藪谷川の上流に沿って登っていきます。ここは水場に困ることはありません。



立派なツララもみられます。



20110220akibasan01.jpg



なんとか、尾根筋まで登り切ると、右に秋葉山、左に津志獄です。


津志獄の方に進みます。



ここから雪が深くなってきました。


「津子嶽神社」にたどり着きました。



20110220akibasan02.jpg



ここで一休み。おにぎりを食べて、さあもうひと踏ん張り、と思ったら・・・・・



なんと、腰がうごけません。そうです。ヘルニアが再発してしまいました。


激痛が腰を襲います。



10分ほどしばらくその場から動けず、さすがに私も焦りました。


何度か、腰をかばいながらようやく歩き始めます。



津志獄は諦め、引き返します。無理な時は潔く引き返すのが鉄則です。




●徳島・秋葉山(1,110.3m)



しばらく歩いていると、多少腰の痛みがおさまってきたので、もう一つのピーク、秋葉山を目指します。


さきほどの分岐から10分ほど歩いたところにあります。


三等三角点は、雪の中に埋まっていました。



20110220akibasan03.jpg



誰も登山客はおらず本当に静かです。


あるのは、私の足あとと、けものの足あとだけです。



帰りは、雪道を慎重に踏みしめながら、車の置いてある場所までたどり着きました。



20110220akibasan04.jpg



腰を痛めたので、またしばらくリハビリです orz・・・




posted by jouji117 at 00:02| 香川 ☁| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。