イオンSIM Aタイプで利用できるアプリ、利用できないアプリ : JK徒然日記

2011年10月11日

イオンSIM Aタイプで利用できるアプリ、利用できないアプリ

イオンSIM Aプランを使い出して、1ヶ月半が経ちました。
使ってみての感想を書いてみたいと思います。

http://www.musen-lan.com/speed/のテスト結果

--------------------------------------------------
1.SAKURA Internet: 78.95Kbps (9.86KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA): 78.52Kbps (9.72KB/sec)
推定転送速度: 78.95Kbps (9.86KB/sec)

●yahooに対してPINGを飛ばすと、500msはかかりますね。

Reply from 124.83.203.233: bytes=32 time=563ms TTL=49
Reply from 124.83.203.233: bytes=32 time=539ms TTL=49
Reply from 124.83.203.233: bytes=32 time=468ms TTL=49
Reply from 124.83.203.233: bytes=32 time=572ms TTL=49


●まぁまぁ満足に利用できるアプリ
・メール
・Google Maps
・Webブラウザ
・Evernote
・Facebook

●ほぼ無理なアプリ
・Youtube
・Ustream
・Yahoo Maps
・ネットラジオ(音が途切れてすぐにバッファリングになる)
・その他、動画、画像系

意外だったのがGoogle Mapsです。ベクターベースになってから、差分取得の方法がすばらしいのか、100kbpsでも割りと遜色なく利用できます。まあ、使いたい放題で、月々980円。これはある意味、革命ですよね。

でも、Webの画像はプロキシ経由で強制的に圧縮されるので、高精細な画像を見たい場合はイオンSIMは使えません。
FTPのダウンロードやアップロードでは、JPG画像などは圧縮がかからず転送することができます。

あと、FOMA網を使っているからでしょうか。通信品質が安定しています。
新幹線でも使えますし、コンクリートの建物の奥深くでも電波は確実に届きます。
このあたり、WiMaxには無い魅力ですね。

むちゃくちゃ遅いけど、安くて確実につながる定額データ通信サービス、利用価値はあると思います

■イオンSIM 公式ページ
http://www.bmobile.ne.jp/aeon/
posted by jouji117 at 23:47| 香川 ☁| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。