Optimus bright L-07C(v10d) + IIJmio テザリング : JK徒然日記

2012年03月22日

Optimus bright L-07C(v10d) + IIJmio テザリング


L-07Cは、標準でテザリング機能がありますが、通常では、IIJmioなどのMVNO SIMではテザリングが利用できません。
やろうとしても、テザリングをONにしたとたん、3GがOFFになってしまうのです。

そこで、テザリングができるように改造します。Root化が必要です。

1.Rootedにする。

v10dの方は、詳細は以下の1〜6を参考にして下さい。(セルスタンバイ対策のページ)
http://jouji117.seesaa.net/article/256892665.html

v10cの方は、1、6を参考にして下さい。


2.テザリングできるように改変する。
Wireless Tether for Root Usersなどのテザリングソフトを利用してもよいですが、ここでは、元々付属しているテザリング機能を活かす方法を使います。

1)以下のサイトから、書き換え用のframework-res.apkをダウンロードします。(Memotekiさま IIJmio版)
http://blog.ds074704261.com/archives/312
v10cとv10d用の二つがありますので、該当バージョンのものをダウンロードします。

2)ダウンロードしたZIPファイルを、framework-res.apk にリネームします。

3)Android機とWindowsPCをUSBケーブルで接続し、Android機の、設定>アプリケーション>開発>USBデバッグにチェックを入れます。またスリープモードにしないにもチェックを入れます。

4)さきほどのMemotekiさんのページから、framework-res apk-v10d-2.zipを解凍し、framework-resフォルダに、framework-res.apk をコピーし、framework-res.batを実行します。あとは指示に従うだけです。



3.テザリング設定する。

1)Android機側で、設定>無線とネットワーク>ポータブルアクセスポイント>ポータブルWi-Fiアクセスにチェックを入れます。

2)ポータブルWiFiアクセスポイントをタップして、セキュリティをWPA/WPA2 PSKにし、パスワードを設定します。(半角8文字以上)

3)同じ場所で、ネットワークSSIDを設定します。標準だと、AndroidAPです。

4)青いWiFiマークと、3G↑↓が、ステータスバーに両方出ていればOKです。


4.つないでみる

1)別のPCやスマートフォンから、上記で指定したSSIDに接続し、パスワードを入力します。

2)接続できればOK!


 



 

posted by jouji117 at 23:46| 香川 ☔| Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。