高知・奥白髪山(1469.6m) : JK徒然日記

2012年03月25日

高知・奥白髪山(1469.6m)

天候は冬型の気圧配置でしたが、3日続いた偏頭痛がやっと治ったので、久しぶりに山に行くことに。


高松を朝9時出発と遅いです。今回は奥白髪山(白髪山)の行川ルートを登ります。


大豊ICで下りて国道439号線を本山町方面へ。途中、本山東大橋を北に入り、北上します。

奥白髪温泉(今はやっていません)の手前あたりから行川林道となり、ダートです。


このダート。登山口まで8km弱あり、深い轍と、排水口の溝の凹凸に苦しめられます。

後で思えば、登山の大変さよりも、この林道を走破することのほうが神経をすり減らしました。


単なる普通のVitzで下を擦りながら、林道を1時間かけて、登山口に到着です。


林道の途中、大きな滝がありました。


20120325okushiragayama01.jpg



●高知・奥白髪山(1469.6m) 四国百名山 晴れ後雪


登山口の少し手前に駐車場スペースがあるので、そこで車を停めて歩きます。

先客が1台ありました。

登山口は駐車場から200mくらい。


とても整備されており、歩きやすそうな登山道です。(後で裏切られるのですが・・・・)



20120325okushiragayama02.jpg

[登山道]


雪はあまりなく、とけていますね。

冬型到来ということでしたが、風もなく、おだやかです。


20120325okushiragayama03.jpg

[サルノコシカケ]



半分くらい歩いたところで、大きな株を発見。屋久島のウィルソン株みたいですね。


20120325okushiragayama04.jpg



高度をかせぐにつれて、石が多くなり、苔むしてとても滑りやすいです。

つるっつるっです。これで大きくタイムロスしました。

このあたりは比較的登りが急です。少しづつ慎重に歩きます。


石をまたいで木々が上に伸びています。


20120325okushiragayama05.jpg


非常に幻想的な風景です。


20120325okushiragayama06.jpg



頂上付近で、天狗岩と呼ばれる岩を越えていきます。このあたりの見晴らしはすばらしいです。


20120325okushiragayama07.jpg


まもなく、頂上の三角点に到着。視界も無く、地味です。本当の頂上!と呼べるところはどこだろう・・・・


20120325okushiragayama08.jpg


あった、あった、ありました。南に少し歩くと、高知県側の視界が開けた場所があります。

頂上の札もここにありました。


20120325okushiragayama09.jpg


八丁山、はるか湯桶丸方面です。綺麗な景色を見れたのはこれが最後で、このあと、天気が急変します。


20120325okushiragayama10.jpg


ミヤマハナゴケでしょうか。きれいな模様です。


20120325okushiragayama11.jpg


奥白髪山と言えば、ひのきの白骨林と、シャクナゲが有名です。シャクナゲは5月に登った時にとっておくとして、白骨林は見事ですね。


20120325okushiragayama12hakkotsurin.jpg

[どこまでも続く白骨林]


頂上付近は磁鉄鉱が多く、コンパスが狂うそうです。


そういえば、昔、麓に、白髪鉱山があったそうです。


お昼を食べた後、

来た道を引き返します。このころには、大雪になっていました。


20120325okushiragayama13.jpg



さきほどまでまったく雪はなかったのですが、引き返す道は一変。


20120325okushiragayama14.jpg


苔むした石に難儀しながら、やっと、登山口に帰って来ました。



20120325okushiragayama15.jpg



登山口から、奥白髪山を振り返ると、なんと、雪化粧していました。


20120325okushiragayama16.jpg


歩く距離としては物足りないものでした。次はシャクナゲを見たいですね。
posted by jouji117 at 23:23| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。