愛媛・石鎚山(1982m) 再び紅葉を求めて : JK徒然日記

2013年10月13日

愛媛・石鎚山(1982m) 再び紅葉を求めて

石鎚山に登るのは5年ぶりです。

前回も10/13に登ったのですが、今年も10/13に登ります。


さて、ドウダンツツジの紅葉は綺麗でしょうか?


●愛媛・石鎚山(1982m) 日本百名山 四国百名山 快晴


[参考コースタイム] 

合計 4時間10分(休憩、渋滞を含まず) 5時間20分(休憩、渋滞を含む)


土小屋登山口(11:00)=>弥山頂上(13:10)=>天狗岳山頂(13:25)

天狗岳山頂(13:50)=>南尖峰山頂(14:00)=>天狗岳(14:10)=>(渋滞)=>弥山(15:00)=>登山口(16:20)



素晴らしい青空の下、高松7時出発で車を飛ばして、松山道>R33号>石鎚スカイライン経由で土小屋に10:30到着。

やはり結構時間かかるね。

私を含め3人で登ります。


すでに、駐車場はいっぱいになっていて、道路にも車があふれていました。


20131013Ishiduchisan01.JPG

[土小屋]


20131013Ishiduchisan02.JPG

[色づいていました]


20131013Ishiduchisan03.JPG

[道の途中にあった岩]


20131013Ishiduchisan04.JPG

[石鎚山が目の前に]


20131013Ishiduchisan05.JPG

[すごい人です]


20131013Ishiduchisan06.JPG

[鎖に取り付きます]


20131013Ishiduchisan07.JPG

[北壁にはクライマーの姿]


20131013Ishiduchisan08.JPG

[すごい渋滞です]


20131013Ishiduchisan09.JPG

[二ノ森、堂ヶ森]



20131013Ishiduchisan10.JPG

[弥山山頂]


今年は暑かったからでしょうか。紅葉がイマイチです。

あんまりあざやかな赤色ではありません。


20131013Ishiduchisan11.JPG

[天狗岳の紅葉]


5年前の写真と比較しても、なんだかイマイチです。


20081013ishiduchisan10tengudake.jpg

[石鎚山 天狗岳 2008/10/13 撮影]


20081013ishiduchisan04yoakashitouge-ishiduchisan.jpg

[石鎚山 北壁西の紅葉 2008/10/13 撮影]


気を取り直して、天狗岳の方面に進みます。

弥山から下りるところに、鎖場があるのですが、一方方向にしか進む道が無く、天狗岳に行きたい人と、天狗岳から弥山に帰る人で、やや小競り合いになっていました。「まったく進めないので、止まりなさいよ!」とか、そんな感じ。


20131013Ishiduchisan12.JPG

[弥山の方面]


天狗岳は何度見ても迫力あります。北側に足を滑らせると、即あの世行きです。


20131013Ishiduchisan13.JPG

[天狗岳(1982m)]


ちょうど、クライマーの人たちが登ってきていました。

私があれをしようとすると、あと20kgはやせないとダメですね。


20131013Ishiduchisan14.JPG

[クライマーががんばっています]


クライミングをしていた方がちょうど岩のてっぺんまで登り、カイト(凧)をあげていました。

ご本人の「山頂の凧」さんより、写真をいただきました。

カイトから撮った写真はより広範囲に写真に収めることができるそうです。

来た道が手に取るようにわかりますね。


天狗岳が標高1982mなので、この凧からの写真は2000mかそれ以上の地点から撮ったものと思われます。


20131013Ishiduchisan_sky.jpg

[カイトから見た夜明峠方面 (山頂の凧さんより)]


夜明峠方面は天狗岳の岩からも綺麗に見えます。すばらしい天気です。

この方面の紅葉も5年前の方が綺麗でした。


20131013Ishiduchisan15.JPG

[夜明峠方面]


20081013ishiduchisan12oomtesandou.jpg

[夜明峠方面 2008/10/13 撮影]


ただ、ドウダンツツジなどの一部は例年通り、赤々と色づいていました。

紅葉と二ノ森のコントラストが素晴らしいです。


20131013Ishiduchisan16.JPG

[紅葉と二ノ森、クラセの頭、堂ヶ森]


20131013Ishiduchisan17.JPG

[天狗岳より南尖峰方面]


天狗岳山頂は撮影待ちの列が出来ていました。


20131013Ishiduchisan18.JPG

[天狗岳山頂]


石鎚山から見る、瓶ヶ森は本当に雄大です。笹ヶ峰、東赤石山などもよく見えます。


20131013Ishiduchisan19.JPG

[瓶ヶ森方面]


さて、南尖峰に行ってみますか。


南尖峰付近から、振り返り、天狗岳を望みます。


20131013Ishiduchisan20.JPG

[南尖峰より天狗岳]


南側にも多くの人が岩に張り付いています。


20131013Ishiduchisan21.JPG

[南尖峰(1982m)]


南尖峰付近の紅葉を期待したのですが、イマイチですねぇ。。。。。

墓場尾根も、あんまりイマイチな紅葉具合でした。


20131013Ishiduchisan22.JPG

[墓場尾根]


帰り際には、まだいくつか咲き名残の花が残っていました。

アサマリンドウが身頃、シコクフウロも夏の咲き残りがいくつか見られました。


20131013Ishiduchisan23.JPG

[シモツケソウ]


20131013Ishiduchisan24.JPG

[ハガクレツリフネ]


今年は紅葉が遅れ気味なのかもしれませんね。


posted by jouji117 at 23:02| 香川 | Comment(3) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ブログ拝見させていただきました。
7枚目の写真[北壁にはクライマーの姿]に写っている者です。北壁での自分の姿を確認できてうれしく思います。
写していただき有難うございます。
Posted by 山頂の凧 at 2013年10月17日 22:48
ありがとうございます。
いつも北壁を登攀される方はカッコいいなぁと、ただただあこがれるばかりです。
私の所属する、高松山の会の方も、たまに北壁をクライミングします。

もし高解像度が必要な場合はUPしますので、おっしゃってくださいね。
Posted by J.K at 2013年10月18日 00:13
おはようございます。
解像度の良い写真のデータをいただけたらうれしいです。
私のメールアドレスにお願いいたします。
Posted by 山頂の凧 at 2013年10月18日 05:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。