カーステレオを家で使ってみた : JK徒然日記

2015年11月14日

カーステレオを家で使ってみた

●2015/11/14 カーステレオを自宅で使ってみる

この間、愛車のVitzを売って新車に買い替えるか、乗り続けるか悩んだ挙句、やはりもうしばらく乗り続けることにしました。
そのため、センターに念願のナビを装着。それまで付けていたパイオニアのCD/カセットデッキが不要になりました。

20151114stereo02.jpg

[いらなくなったカーステレオ]

そのまま売るか捨てるものですが、幸い背面に接続するハーネスも不要になったらしく付けてくれていました。
今時珍しくカセットがついているので、家に大量にあるカセットテープも聞けます。
どうにか家で使えないかトライしてみることにしました。

(以下、書かれていることは私がやったことになります。
 同じようにやられる場合は、自己責任でお願いします。当方では一切の責任を負いません。)

カーステレオは直流12Vで動きます。家庭用の電化製品は交流100Vです。
そのままでは動きません。

そこで、交流100V=>直流12Vに変換するものを探さないといけません。
通常だと変換器が売っているのですが、1万円以上する高いものです。
それなら、コンポを買ってきたほうが安上がりなので、本末転倒になります。


1.安いACアダプタ、圧着端子を買ってくる

最適なのは、近くのHARD-OFFに行って、OUTPUTが12VのACアダプタを買ってくることです。
たいていジャンク扱いで、1個100円〜300円くらいで売っています。
この中で、比較的安定して電源を変換してくれるのは、NintendoのWii用のACアダプタです。

20151114stereo01.jpg
[Wiiのアダプタ]

また、接続用の圧着端子を買ってきます。
比較的大きいホームセンターなどで売っています。高松ですと西村ジョイなどで売っています。
Amazonでも売っていますね。





2.ACアダプタの先端を切り、加工する

私が行ったときは、ちょうど1個だけHARD-OFFでWiiのACアダプタを見つけました。
300円ほど。程度は良さそうです。

ACアダプタの先端を潔く切ります。結構勇気いりますよね。
そのうえで、被覆を剥いで、中の軸線と外のより線に分けます。
たいてい、軸線の方が+、より線の方がー(マイナス)ですが、たまに逆になっているものがあります。
たいていのACアダプタは、アダプタ本体に、どちらが+でーか書いてあります。

プラス側を、カーステレオのACCとバッテリーの両方につなぎます。
私は他の電線から二股になるように加工し、つなげました。

20151114stereo03.jpg
[ACアダプタのプラス(写真上)を、カーステレオのACCとバッテリーに接続する]

マイナス側は、カーステレオのアース端子に接続します。

20151114stereo04.jpg
[ACアダプタのマイナス(より線)をアース端子に接続する(試しに接続したところ。実際は圧着端子で接続して被覆します)]

接続には圧着端子と絶縁用カバーを用いると、きれいに接続できます。
Amazonだと、圧着用のペンチとともにセットで売られていて便利です。

ここまでできたら、ACアダプタをコンセントに差し込みます。うまくいくと、イルミネーションが点灯します!

20151114stereo06.jpg
[キターーーーーーーーーー!]


3.スピーカーを接続する

スピーカーを接続します。無い場合はヤフオクなどで、いらなくなった純正スピーカーやコードが数百円でとても安く売られています。私はホンダ車用のものが売られていたので500円程度で落札して取り寄せました。
やったことはないですが、家庭用スピーカーでもうまく接続できるかもしれません。

カーステレオの配線表が、たいていメーカーのホームページにアップロードされています。それをダウンロードして接続を確認しながら接続します。ここでも圧着端子を使います。

20151114stereo05.jpg
[スピーカーの接続完了]

20151114stereo07.jpg
[雑ですが・・・]

音は・・・ホンダ純正のスピーカーはイマイチ。。(Vitzの純正スピーカーは音よいのです)
でも、家でも音楽が楽しめますよ!

あと、電源のOn/Offはカーステレオ本体ではできないので、中間にスイッチをかませるか、スイッチ付き二股コンセントを買ってきてOn/Offする苦労があります。


● 2016/11/13追記 スイッチをつける

しばらくバッテリー端子とACC端子を直接+側に接続する形で利用していたのですが、電源をOFFにするとカーステレオの設定内容がすべて消えてしまうことに不満を覚えるようになりました。特にこのパイオニア カロッツェリア  FH-P040は、AUX接続は初期設定でONにしないといけません。レコードをよく聞く私としては、AUXで接続しており、毎回設定をしないといけないのはめんどくさい。

というわけで、ACC端子と+端子の間にスイッチをかませることにしました。
材料は主に、エーモン工業の品を使いました。近くの大型のホームセンターやカー用品店などで売っています。
Amazonでも手に入ります。

まずはAC/DCアダプタの端子をもう一度きれいに圧着端子で付け直します。
絶縁もしっかりと。被覆では、ドライヤーをあてると締まる被覆が役に立ちました。

20161113caraudio01.jpg
[左側(−)、右側(+)端子]

分けるために、二股のコードを装着します。

20161113caraudio02.jpg
[二股コードを+端子に装着]

次に、スイッチの準備です。アルミノブが高級感ある、エーモン工業のものを使いました。
平型端子を接続します。


20161113caraudio03.jpg
[スイッチの用意]

スイッチをアダプターに接続します。


20161113caraudio04.jpg
[アダプターとスイッチを接続したところ]

この後、ACC端子とアース端子、バッテリー端子にそれぞれ接続します。
スイッチですが、せっかく、カーステレオ本体横に固定のための穴があいているので、ここにL字金具を取り付けて、ここに先ほどのスイッチを取り付けることにします。

20161113caraudio05.jpg
[L字金具を取り付け]

20161113caraudio06.jpg
[スイッチを取り付け]

どうでしょうか。すっきりしたでしょう。とても操作性が良くなりました。
スイッチをOFFにしても、設定内容が消えない!(^^)

一度試してみてください。(自己責任でお願いします。一切当方では責任を持ちません。)


●今回使用した部材など




参考になさってください。


posted by jouji117 at 21:30| 香川 ☀| Comment(2) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見しました。ラジオはどうですか?
FM・AMラジオとも使用されているのでしょうか?
AMラジオが入らなくて困っています。

いかがですか?
Posted by picarosso at 2019年03月21日 00:02
コメントありがとうございます。
AMもばっちり入りますよ。
AM/FM兼用の以下のアンテナを購入して付けています。
ただ、現在在庫切れのようです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01516VIDU/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s00?ie=UTF8&psc=1

似たような商品とかリコメンドから別の商品がいくつか出てきましたので検索してみてください。
Posted by JK at 2019年03月25日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。