厳冬の愛媛・石鎚山(1982m)/Climbing Mt.Ishiduchi in cold winter : JK徒然日記

2019年01月27日

厳冬の愛媛・石鎚山(1982m)/Climbing Mt.Ishiduchi in cold winter

イギリス人の友人と冬山に行こうという話になりました。
本当は26日(土)の予定だったのですが、なんせ東日本から西日本まで大寒波が到来。
四国では平地にまで雪が降ることになりました。

急遽、スケジュールをリスケして、27日(日)にトライすることになりました。
どうせいくなら、西日本の最高峰 石鎚山へ。

20190127Ishiduchi56.jpg

I wanted to go to a mountain with my friend in winter.
We scheduled doing on Saturday, but the cold wave arrived to Western Japan.
Especially snow was falling on a flatland in Shikoku Island.
We decided to reschedule and try going on the 27th Sunday.
We selected Mt.Ishiduchi because this mountain is highest in western Japan.



●愛媛・石鎚山(1982m)/Mt.Ishiduchi 日本百名山、新日本百名山、四国百名山、花の百名山 曇り後快晴

20190127Ishiduchi-map.png

--------------------------------------------------------
[参考コースタイム/Time Schedule]
計 6時間25分/6 hours and 25 minutes(行き 3時間55分 帰り 2時間30分 休憩、駐車場までの歩きを除く)

1km手前駐車場(08:20)=>ロープウェイ山頂駅(09:05)=>石鎚神社成就社(09:50)=>夜明峠(11:35)=>土小屋分岐(12:05)=>弥山山頂(13:00)

弥山山頂(13:45)=>土小屋分岐(14:20)=>夜明峠(14:40)=>石鎚神社成就社(15:50)=>ロープウェイ山頂駅(16:15)=>1km手前駐車場(16:50)
--------------------------------------------------------

高松6時に待ち合わせして、男二人旅。
天気は午後から回復するようです。

高速道路は無事通れたのですが、いよ西条ICで降りて、石鎚山ロープウェイまでの道が除雪されておらず、途中からチェーンか冬用タイヤが必須とのこと。
石鎚山スキー場のホームページの前日16:30の情報によると、ロープウェイ駅の手前5km付近から雪があるとのことで、チェーンを付けないといけないか・・・と覚悟していました。
私の車はFFだし、ノーマルタイヤだし、雪道にはとても弱いのです。

しかし、駅の手前1kmまではなんとかノーマルタイヤでもスリップ無く行けたので、路肩に車を停めて、そこから駅までは歩くことにしました。

20190127Ishiduchi01.jpg
[アイスバーンの県道]

I picked my friend up at Takamatsu 6 o'clock.
This was just a two male journey.

The weather seemed to recover from this afternoon.
Although I got through the highway safely, the road from Iyo-Saijo IC to Mt.Ishiduchi was covered with snow.
We had to attach car chains on the way.

According to the information on the Ishiduchi Ski Resort webpages of 16:30 the day before, the road was covered with snow from around 5 km before the cable car station.
My car is front wheel drive and had normal tires so it was very weak on the snow road.

However, until 1 km before the station, we could go with normal tires without slipping.
So I parked the car on the side of the road and walked to the station from there.

Admission of Ishiduchi cable car : 1,950 yen(adult, round trip)
Access: Approximately 1 hour by car from Iyo-Saijo IC to the station

20190127Ishiduchi02.jpg
[ロープウェイ前]

ザックに、アイゼン、ピッケル、ワカン(スノーシュー)、ポール、食料、緊急用のダウンと、準備万端で出発します。

ロープウェイには、すでにたくさんの人が行列を作っていました。
スキーヤーやボーダーが8割、登山客が2割といったところでしょうか。

臨時便が出て、それに乗ることができました。
往復1950円です。これだけ人が多いと、経営は続けられそうですね。

20190127Ishiduchi03.jpg
[ロープウェイ]

ゴンドラは古き昭和テイストのもの。ゆっくりと、頂上の駅まで進みます。
頂上の駅の気温はマイナス8度。

20190127Ishiduchi04.jpg
[山頂成就駅]

We prepared zacks, crampons, a ice Axe, wakans(Japanese style snow shoes), hiking canes , foods, emergency cloths in advance.
A lot of people already made a queue at the ropeway station.
Skiers and snowborders are 80% and climbers 20% of all.

Temporary cable car came out and we were able to get on that.
The fee of this cable car was 1,950 yen round trip.
Gondola looked like old Showa taste one.
We went to the top station slowly.

The temperature of the top station is -8 degrees.

20190127Ishiduchi07.jpg
[山頂成就駅の温度計/Top Station]

ヤバい寒さですが、意外と体を動かしているからか、風が少ないからか、寒さはあまり感じません。

20190127Ishiduchi05.jpg
[瓶ヶ森方面は雲の中]

多くのスキーヤーやスノーボーダーが右折する中、我々は成就社の方を目指します。
石鎚神社の本家本元です。

雪が深くなってきたので、アイゼン(クランポン)を付けて、出発します。

20190127Ishiduchi06.jpg
[幻想の世界]

It was bitter cold.
But we did not feel much cold because wind was calm.
Many skiers and snowboarders turned right.
We went to Joju Shrine of Ishiduchi.
This was the headquarter of Ishiduchi Shrine.

20190127Ishiduchi08.jpg
[石鎚大権現]

道の雪はクライマーやハイカーが多いのか、踏み固められており、どうやら、ワカンは利用する機会はなさそう。

20190127Ishiduchi09.jpg
[駅から成就社までの道が意外と遠い]

風も少なく、穏やかな天気。でも、厚い雲で覆われています。
ただ、そのため、温度が上がらず、素晴らしい霧氷を見ることができました。

20190127Ishiduchi16.jpg
[友人による撮影(Canon PowerShot G9 X Mark II)]

As snow was deeper and deeper, We attached crampons.
I also equiped a ice axe.

Whether there were a lot of climbers and hikers, snow was treaded along the trail to the top.
So I had no chance to use wakans.

Wind was very calm but this mountain was covered with thick clouds.
However, temperature did not rise, so we could see a wonderful trees with icy frost.

Thanks to the high altitude and low temperature, powder snow could be fully enjoyed along the trail.

20190127Ishiduchi17.jpg
[水墨画のようです]

商店街が見えてきました。山の中に突如として現れる街です。
ほとんどの店は閉まっていましたが、一店舗だけ開いていました。
予約客でしょうか?お弁当が用意されていました。

20190127Ishiduchi18.jpg
[成就社の門前町 / town in front of Joju Shrine]


20190127Ishiduchi19.jpg
[みごとなつらら / icicle]

冬山の醍醐味を存分に味わいます。
成就社に旅の安全を祈願します。

20190127Ishiduchi20.jpg
[成就社/Ishiduchi Shrine]

We absolutely enjoyed winter mountain.
We prayed safety to the shrine.

20190127Ishiduchi21.jpg
[鳥居をくぐる]

成就社からは最初は下り坂で、1kmほど進むと、コルに到着。

20190127Ishiduchi22.jpg
[登山者の心得]

コルからはなだらかな登りになります。

20190127Ishiduchi38.jpg
[15kg減で身軽になった筆者]

急な登りを上がりきると、前社ヶ森(ぜんじゃがもり)に出ます。
茶屋がありますが、冬はやっていません。

20190127Ishiduchi23.jpg
[前社ヶ森 / Zenjagamori]

20190127Ishiduchi24.jpg
[前社ヶ森から見る白銀の世界 / From Zenjagamori]

前社ヶ森からさらに歩を進めると、夜明峠(よあかしとうげ)という、とても石鎚山の眺望が良いところに来ました。
雲に覆われて、何も見えません。
でも、雪に覆われた木々の景色が素晴らしく、見とれてしまいます。

20190127Ishiduchi25.jpg
[夜明峠(友人撮影) / Yoakashi Pass]

友人もとても感動していました。ひたすら、Amazing! Beautiful! Amazing!って言っていました(^^

どうやら、彼が死ぬまでにやりたいこと100選のうちの一つが今日のアクティビティなんだとか。
こりゃ責任重大だな。。。(汗

晴れ切っているよりも、ガスがかかっている方が木々の白さがより強調されて、これはこれでアリだなと思います。

20190127Ishiduchi26.jpg
[夜明峠より / from Yoakashi Pass]

At first the trail was downhill from Joju Shrine.
After that we arrived a small pass.
From there the trail was gentle steep.

On the way, we come to a place with a beautiful view of Mt.Ishiduchi called Yoakashi Pass.
But this pass was covered with clouds so we could not see Mt.Ishiduchi.

However the scenery of the trees covered with snow was so wonderful.
My friend was also very moved.
He said "Amazing! Beautiful! Amazing!"

One of 100 things he wanted to do before he dies was today's activity.
I felt my responsibility, haha.

20190127Ishiduchi27.jpg
[素晴らしい霧氷/trees with frost near Yoakashi Pass]

途中、早くも下山する、山ガールがいたので、山頂に泊まったのか、と聞くと、
昨日から泊っていて、2時からずっと宴会していたとか。やるな。
あれだけの大寒波で大荒れだったのでは?と聞いたら、そんなことは無く、穏やかな天気だったそうです。

20190127Ishiduchi28.jpg

思ったより、特に危険な場所も少なかったです。
今日は、皆、新雪を求めて多くのハイカーがいたため、他の四国の山にありがちな誰も登山客がおらず、滑落してもそのまま氷漬けになって誰も気づかない、なんて不安もありませんでした。

20190127Ishiduchi29.jpg
[Going to the top]

On the way, we met some female climbers descending.
I asked them "Did you stay at the summit?"
They said "We stayed from yesterday and had a party since 2 pm. So amazing.
They also said "It was not stormy."

I thought the trail to the top was not dngerous.
Maybe because there were many hikers to catch new snow.
Ordinaly there was no climber in other mountains in Shikoku.

20190127Ishiduchi30.jpg
[土小屋との分岐 / branch to Tsuchigoya]

土小屋との分岐に到着。

20190127Ishiduchi31.jpg
[鳥居も雪化粧]

鳥居をくぐると、すぐ先にトイレがあります。

20190127Ishiduchi32.jpg
[鳥居のすぐ先にトイレがあります]

トイレはアイゼンを取り外さないといけないので利用しませんでした。
立派なトイレです。

20190127Ishiduchi33.jpg
[立派なトイレ(カンパ制)]

20190127Ishiduchi34.jpg
[雪をまとう柵]

ここからは坂が急になり積雪もかなりあるため、アイゼンとピッケルを効かせながら慎重に歩いていきます。

20190127Ishiduchi35.jpg
[高度をかせぎます]

20190127Ishiduchi36.jpg
[とたんに雪深くなってきます]

木階段や鉄階段も多くなっていきます。

鉄階段のメッシュの穴にアイゼンの爪を取られて転倒しないよう気を付けながら歩きます。
でも、鉄階段よりも、木階段の方が、アイゼンの爪が深く刺さる分、足を取られやすかったです。

20190127Ishiduchi37.jpg
[階段地獄]

Trail became steep and snow was quite steady.
So we walked with caution with crampons and ice axe.

We faced wooden stairs and iron stairs.
We paid attention to spikes of crampons not to topple over in mesh holes of iron stairs.
However, the wooden stairs was much dangerous because spikes sticked deeply.

20190127Ishiduchi40.jpg
[PETZL charle製アイゼンとモンベル製重登山靴 / crampons of PETZL charle and heavy duty climbling shoes by Mont Bell]

PETZL charle製アイゼンは10本爪ですが、前歯がとても長く、アイスバーンでも効率よく地面をとらえることができます。
モンベルの重登山靴は、重くてあまり好きでは無いのですが、アイゼンにベストマッチするので、冬季登山ではよく利用しています。

20190127Ishiduchi41.jpg
[二の鎖分岐]

そろそろ頂上が近くなってきました。

20190127Ishiduchi42.jpg

頂上が近くなってきたら、急速に青空が広がりました。

20190127Ishiduchi43.jpg
[青空とトレイル(友人撮影)]

When the summit was closer, blue sky came quickly.
So amazing!!

20190127Ishiduchi44.jpg

どんどん晴れてきます。

20190127Ishiduchi45.jpg
[幻想的な世界が待っています]

神様!ありがとう!待ってました。青空を!

20190127Ishiduchi46.jpg
[西ノ冠岳(1894m)方面]

Oh my god! Thank you a lot.
We were looking forward to see blue sky.

We could also see frost-covered trees on the summit.
They were a kind of narural art in which supercooled water droplets, such as those found in fog and cloulds, become frozen and attach to trees.
I think that it is so rare phenomenon in the world and can be seen only under special condition.

20190127Ishiduchi47.jpg
[雪と木々と静寂(本日2番目にお気に入りの写真) / snow, trees and silence, today's 2nd best photo]

長い鉄階段を登れば弥山山頂です。もうすぐです。

We were arriving at the Misen top of Mt.Ishiduchi after long stairs.

20190127Ishiduchi48.jpg
[もうすぐ頂上 / We were arriving at the Misen top.]

頂上に着くころには、一面大展望が広がる素晴らしい景色が待っていました。
本当に素晴らしいの一言です。

20190127Ishiduchi49.jpg
[この最後の階段を上がれば、別世界]

We could see wonderful view and perspective. 

20190127Ishiduchi56.jpg
[弥山山頂から見る天狗岳・本日のベストショット / The summit of Tengudake from Misen,today's best photo]

20〜30人ほどのハイカーやクライマーがいました。
冬山も結構にぎわうんですね。

It offered a magnificent view from the summit at 1,982 meters abouve sea level.

20190127Ishiduchi53.jpg
[写真を撮るのに夢中の筆者]

We could see 20 or 30 hikers and climbers on the top.
The summit offered extraordinary snow quality and exeptional views.

20190127Ishiduchi51.jpg
[合成写真ではありません。右が筆者です(ウソ)]

晴れたので急速に暑くなってきました。
雪の照り返しは本当に暑いです。

20190127Ishiduchi52.jpg

友人が味噌汁とコーヒーをJetBoilで作ってくれました。
とても美味しかったです。

My friend made miso soup and coffee by JetBoil.
So yammy!!

20190127Ishiduchi59.jpg
[山頂のカフェ / special café by my friend] 

弥山の茶屋はやっていませんでしたが、冬季小屋は開放されており、中で泊まれそうです。

20190127Ishiduchi61.jpg
[冬季小屋の中]

20190127Ishiduchi50.jpg
[いつ見ても素晴らしい景色、ガスも取れました]

20190127Ishiduchi57.jpg
[二ノ森(左)・堂ヶ森(中央)方面 / Mt.Ninomori and Mt.Dougamori]

The summit also presented a 360-degree panoramic view, which includes iconic Ninomori, the majestic Kamegamori and Pacific Ocean.

20190127Ishiduchi58.jpg
[瓶ヶ森方面 / Mt.Kamegamori]

ワンちゃんがいました。一緒に主人と登ってきたんですね。
顔から足まで氷がまとわりついていました。すごいなぁ。

ひょっとしたら、この方のワンちゃんかな?

A dog hiked with his owner.

20190127Ishiduchi54.jpg

大パノラマの写真を収め、帰りのロープイェイがあるので、そそくさと引き上げます。

20190127Ishiduchi60.jpg
[弥山山頂から見る大パノラマ(二ノ森方面)]

帰りも慎重にピッケルを使いながら、帰ります。

20190127Ishiduchi62.jpg

We tuned back to starting point with ice axe.

20190127Ishiduchi60.jpg
[溜息が出る美しさ]

とにかく、青空と雪のコントラストが素晴らしいです。

20190127Ishiduchi62.jpg

頂上直下の階段を越えたあたりが、切れ落ちていて、注意を要します。
さきほどのワンちゃんはさっさと先に行ってしましました。身軽だなぁ。

20190127Ishiduchi67.jpg
[滑ると、ヤバイよ、ヤバイよ〜(出川風)]

We met some hazardous zone.

20190127Ishiduchi68.jpg
[静かなトレイル]

しかしこのあたりの景色は本当に絶景です。

20190127Ishiduchi69.jpg
[瓶ヶ森]
 
帰りは、石鎚山の巨大な北壁も良く見えましたよ。

20190127Ishiduchi70.jpg
[石鎚山北壁 / North wall of Mt.Ishiduchi]

The great north wall of Mt.Ishiduchi appered.

20190127Ishiduchi71.jpg
[筒上山方面(友人撮影) / Mt.Tsutsujozan]

20190127Ishiduchi72.jpg
[雪の森が広がります]

20190127Ishiduchi73.jpg


20190127Ishiduchi74.jpg
[超ガニマタの私]

土小屋との分岐まで下りてきました。

20190127Ishiduchi75.jpg
[瓶ヶ森(右奥)/ Mt.Kamegamori]

20190127Ishiduchi76.jpg
[大パノラマ]

ここから夜明峠までひたすら歩いていきます。
ロープウェイの時間が気になったので、休憩無く歩きます。

20190127Ishiduchi78.jpg
[石鎚山(友人撮影)]

20190127Ishiduchi77.jpg
[夜明峠付近から見る石鎚山 / Mt.Ishiduchi from Yoakashi Pass]

夜明峠から見る石鎚山は素晴らしいです。

20190127Ishiduchi79.jpg
[夜明峠 / Yoakashi Pass]

登り返して行きます。
このたった高低差100mの登り返しが、スタミナを奪いました。

20190127Ishiduchi80.jpg
[本日の3番目のベストショット / 3rd best photo]

ここから登り返しがあります。結構ここからがきつかった。

20190127Ishiduchi81.jpg
[前社ヶ森 / Zenjagamori]

足取りは良かったのですが、最後は疲れからか私のスタミナが切れて、友人に後れを取るようになってしまいました。

20190127Ishiduchi82.jpg
[瓶ヶ森(右)と笹ヶ峰(中央)(友人撮影)/ Mt.Kamegamori(Right) and Mt.Sasagamine(center)]

いつもは余裕で登山口まで帰るのですが、スタミナ切れが珍しいです。

20190127Ishiduchi83.jpg
[木漏れ日と雪道(友人撮影)]

I was so tired from Yoakashi Pass to Joju Shrine.

20190127Ishiduchi84.jpg

成就社のあたりまで来ると、雪が解けて、シャーベット状になっていました。
やはり冬山の景色は朝がベストです。

20190127Ishiduchi85.jpg

Snow melted and became messy.
The view of mountain in the morning was best.

20190127Ishiduchi86.jpg
[無事に帰ってこれてありがとうございました]

友人の助けで、無事怪我も無く、登ることができました。
神様と友人に感謝です!

I really thank the God and my friend.

20190127Ishiduchi87.jpg
[鳥居をくぐる]


駐車場まで歩いていると、雪だるまを発見!

We found two snowmen along a road to parking lot.

20190127Ishiduchi98.jpg
[仲良く雪だるま/ snowmen]

車を拾って、無事帰宅します。疲れましたが楽しかったです。

20190127Ishiduchi90.jpg
[麓の県道から見る石鎚山(友人撮影)]

(SONY NEX C-3 + Carl Zeiss Sonnar 1.8/24 and
  Canon PowerShot G9 X Mark II 使用)

posted by jouji117 at 22:00| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。