フェルメール展 : JK徒然日記

2019年03月29日

フェルメール展

大阪に行ったお目当はコレ。
大阪市立美術館で開催中のフェルメール展です。


オランダ黄金時代を築いたヨハネス・フェルメールの作品が6点出展されていました。
フェルメールは30数点しか、現存していないのと、日本の美術館では普段見ることは出来ないため、たとえ6点でも、貴重な展覧会です。
やはり光と陰の魔術師ならではの絵を楽しむことができました。
クールベやミレーに通じる写実主義を貫いていますね。

IMG_2841.JPG

特に、フェルメールの代表作である、「恋文」や「取り持ち女」は必見です。
posted by jouji117 at 15:28| 香川 | Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。