突然DNSエラーになってしもうた : JK徒然日記

2019年04月22日

突然DNSエラーになってしもうた

私が管理を受託しているあるサイトが、突然DNSエラーに。
取得しているドメインでアクセスしても、アクセスできなくなってしまいました。。(汗

20190421dns00.png

さっそく、ドメイン管理を委託しているXserverさんに問い合わせ。
Xserverさんは、以前、Webホスティングを契約していて、今はWeb自体はSeesaaに移管したため、ドメイン管理だけをお願いしています。

問い合わせフォームから問い合わせすると、1時間くらいで連絡がありました。
日曜日なのに対応早い! さすがXserverさん。うちの会社も見習わないとね。

さて、メールを見ると、以下の内容でした。

ご連絡の件につきまして、当該の会員IDでご利用のサーバーアカウント【私が管理するサイトのドメイン名】は既に凍結から長期間が経過しており、サーバー上のデータも削除されておりました。
当サーバーの仕様上、凍結後もサーバー上のデータが削除されるまでは「DNSレコード」を含めて維持されますが、削除されたタイミングで
DNSレコードの情報もすべて削除されます。
ドメイン【私が管理するサイトのドメイン名.com】のネームサーバーは「Xserver」の情報でございましたので、おそらく上記の影響でDNSレコードの設定が消失したことにより、突然閲覧が不可能になったのではないかと存じます。

誠に恐れ入りますが、削除されたDNSレコードの設定を復旧することはできませんので、例えば当該ドメインのネームサーバーを「Xdomain」の情報へ変更し、新たにDNSレコードの設定を行ってくださいますでしょうか。
------------------------------------------------------------
■ネームサーバーの設定
https://www.xdomain.ne.jp/manual/man_domain_namesever_setting.php
■DNSレコードの編集
https://www.xdomain.ne.jp/manual/man_domain_dns_setting.php
------------------------------------------------------------

どうやら、Xserverのホスティングを利用している場合のネームサーバーと、他サーバーを利用した場合のネームサーバーは異なるようです。
で、他サーバーを利用した場合は、Xserverさんは、Xドメインという別のネームサーバーを用意していて、そちらに変更してほしい、ということなんですね。

知らんかった。。。

というわけで早速、設定変更。

1)Xserverインフォパネルにログインし、契約情報をクリック

20190421dns01.png

2)ドメインタブをクリック

20190421dns02.png

3)該当のドメインの「ドメインパネル」をクリック

20190421dns03.png

4)ネームサーバーの設定をクリックし、XDomainで利用する を選択

20190421dns04.png

5)DNSレコードで、SeesaaのCNAMEを設定する。

20190421dns05.png

これで完了です。






posted by jouji117 at 01:00| 香川 ☀| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。