天皇陛下の退位に思いをはせる / The Emperor's abdication : JK徒然日記

2019年04月30日

天皇陛下の退位に思いをはせる / The Emperor's abdication

今日は天皇陛下の退位の日です。

思えば、この30年間、戦後の憲法下で、象徴天皇として、真摯な姿勢で国民に常に寄り添い、常に第一線で公務に努められたと思います。
雲仙普賢岳の訪問、東日本大震災後の福島の訪問など被災地への訪問をはじめ、数多くの国への訪問など、果たした役割はとても大きいものがあります。
また、相当な大変さがあったと思います。天皇陛下と皇后さまには、まさに尊敬の念しかないですね。

明日から、皇太子が後を引き継ぎますが、世界で最も長く国体が続く日本を、令和の時代も護って下さるよう願っています。


The Emperor Akihito will step down on April 30th and Crown Prince Naruhito will became Emperor.

The Emperor has worked so hard with down-to-earth demeanor druing three dacades on the throne as a symbol of the state under the post-war Constitution.
He visited many evacuated areas such as the volcanic eruption of Unzen and the Eastern Japanese Earthquake, and also did many states. This activities are so much crucial and important.

I am very proud of the Emperor's reign.
I hope Japan keeps safe and grow for a long time in the new era of Reiwa after Crown Prince Naruhito ascends the throne.


posted by jouji117 at 08:00| 香川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。