クリムト展 : JK徒然日記

2019年06月08日

クリムト展

飛行機の待ち時間を利用して、クリムト展を見に行きました。
日経新聞でも、クリムトの特集が組まれてましたね。
土曜日で、学生は無料ということもあり、20分待ちとかなりの人気。

IMG_3840.JPG

代表作のユディトIをはじめ、クリムト兄弟やクリムトと一緒に活動した芸術家の作品を見ることができました。
特に黄金の時代と言われた、金箔を多く使った前衛的な作品は見ていて圧倒されますね。
女性を多く描き、また生と死をテーマにするなど、クリムトの感覚を感じました。

日本画や、ティツィアーノ、ゴッホなど、様々な影響を受けている点も面白いです。

私の好きな、ウィーンを代表する画家、カール・モルの作品もありました。
彼の描く風景は色鮮やかです。
posted by jouji117 at 11:25| 香川 ☁| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。