中華プロジェクターを買いました : JK徒然日記

2020年02月29日

中華プロジェクターを買いました

Amazonでプロジェクターを買いました。
Amazon Primeを映画館のように見たかったためです。

最近、中華製の物は買ってもロクに動かないものだらけで、返品が多かったのですが、これはどうかな?10,000円弱です。
POYANKとかいう、ヘンテコな名前のメーカー。中華製って、何でこんな名前ばかりなんやろ。
ペヤングみたいやな。

D47E95DF-605F-4A8D-A7CF-E3FCF5558488.jpg

筐体はプラスチック質感で、安っぽい。
特にピント合わせの部分は、子供雑誌の付録のような安っぽさです。

電源を入れると立ち上がりは早く、光量もまあまあ。部屋が明るいままでも見られます。
設定画面の日本語訳はやや変ですが、意味は分かります。

YoutubeやPrimeを映してみましたが、割と臨場感ある鑑賞が楽しめます。
パソコン画面はピントを合わせても、細かい文字が潰れて見るに耐えません。

また、音質は全く期待外れです。

DC26115B-46BB-4CA9-B19C-D4C5C2F95B80.JPG

10,000円弱にしては頑張っていると思いますが、連続使用の耐久性はこれから確認したいと思います。






posted by jouji117 at 19:03| 香川 ☔| Comment(0) | ITビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。