栃木・茶臼岳(1915m) : JK徒然日記

2020年10月25日

栃木・茶臼岳(1915m)

今日は朝3:40に目が覚めてしまいました。
天気も良さそうだし、前々から行ってみたかった栃木の那須岳へ。

5時過ぎに、東急池上線に乗り、山手線、埼京線、宇都宮行き宇都宮線、黒磯行き宇都宮線、那須塩原駅から関東自動車バスを乗り継ぎ、那須ロープウェイへ。うぇええ〜(><)。
相変わらず遠すぎる。

IMG_3820.JPG
[小金井で黒磯行電車に乗る]

ケチって、在来線の普通電車で行ったので、家からロープウェイまで、5時間50もかかってしまいました。。

IMG_3821.JPG
[電光幕ではない、この幕は最近珍しいですね]

特に宇都宮あたりから、やたら遠く感じました。
あぁ、高くても新幹線使えば良かった。。。

で、やっとこさ、那須ロープウェイ行きバスが出ている、那須塩原駅です。
バス停は西口。

IMG_3825.JPG
[新幹線もちゃんと停まる那須塩原駅]

那須塩原駅に来るのは初めてです。

関東自動車バスはロープウェイまでの往復であれば、2DAYパス2,600円の方が安いです。
運転手さんが、バスを待っている間、列を回って販売してくれます。
なぜか1DAYパスは販売していません。

フリーパスの束を地面に置いたまま運転手さん、どこかに行ってしまい、風でパスが飛ぶ始末。
私の前にいた登山客が拾ってあげてました。日本人って素晴らしい。

IMG_3827.jpg

途中、道路はやばいほど渋滞していましたが、なんとか時間通りに到着しました。
沿道にはステーキハウスやらカフェやら、ケーキ屋など、いろいろあって、中々面白いですね。
那須高原は一大観光リゾートって感じです。

ロープウェイはGoToの影響もあってか、大行列。
ただ、割引やGoToキャンペーンクーポンを使わない場合は行列に並ばなくても券売機で買えます。
はよ、言ってくれ。だいぶ並んだぞ。

IMG_3829.JPG

ロープウェイは1,200円。まぁ、高すぎっすね。
茶臼岳への最短ルートなので、仕方ないですが。

往復だと、先ほどのパス2DAYチケットを見せると1割引になります。
片道では割引になりません。

ロープウェイはおよそ4分。

IMG_3833.JPG

100人くらい乗れます。この日はほぼ満員でした。。
眼下の紅葉が綺麗でしたが、山の方はもう紅葉は終わっていましたね。

IMG_3834.JPG

今はロープウェイよりも下の紅葉が綺麗です。

IMG_3837.JPG


○栃木・茶臼岳(1915m) 日本百名山(那須岳として) 曇り時々小雪

20201025Chausu-map.png
[今回のルート(本当は朝日岳とその先の三本槍岳に行く予定だったが・・・)]

ロープウェイを降りたら、ひたすら茶臼岳を登ります。

IMG_3842.JPG
[整備された道]

楽勝な登りですが、風が台風並み。

IMG_3844.JPG
[写真ではわかりづらいですが、突風が吹いています]

風を避けながら登ります。
雲が5倍速くらい、ありえないくらい早く過ぎていきます。

IMG_3848.JPG
[砂礫層かな?]

IMG_3850.JPG
[大岩]

目の前に雄大な朝日岳が見えてきました。
茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の3座が、那須連峰の代表的な山です。
最も高いのは三本槍岳、次に高いのが茶臼岳です。

IMG_3857.JPG
[朝日岳(右手)]

程なく茶臼岳頂上。

あまりの寒さに、縮み上がります。
ススキに霧氷が付いていました。今年の初霧氷ゲット!

IMG_3865.JPG
[茶臼岳山頂]

山頂には鳥居があり、祠がありました。
この山も信仰の対象のようです。

IMG_3867.JPG
[茶臼岳山頂標高点、三角点は少し手前にあります]

良い眺めですが、本当に風がヤバイ。
また、あまりにも寒すぎて、ウインドブレーカー程度では凍死しますね。
自分の体温がどんどん下がり、手足がガクガク震えるのを感じました。
このままでは低体温症になってしまいます。

ひとまず、頂上から、峰の茶屋避難小屋まで、下ります。

IMG_3874.JPG
[寒いよぉ・・]

風で何度か体ごと飛ばされそうになります。
人生で経験したことの無い風速と風圧です。
たぶん、下記の表から察するに、常時風速20〜30m/s、瞬間風速40m/sはあったと思います。


IMG_3877.JPG
[三本槍岳が目の前に]

岩か何かにしがみつくことしばし。
他の登山客も岩にしがみつき、風が止むのを待っていました。

IMG_3883.JPG
[平地は素晴らしい晴れ間なんですけどねえ]

風とともに、砂が巻き上げられて、サンドブラストのように、バチバチ当たるので、厄介です。
ゴーグルがいりますね。

風の強さが分かる動画を撮りました。


風切り音が爆音で、スマホを持つ手が揺れるのが分かります。


やっと少し風がおさまったので、先に進みます。

IMG_3884.JPG

目を開けてられないほどの風。
背後に茶臼岳を見ると、アルプスの山のような岩稜の山であることが分かります。

IMG_3892.JPG
[茶臼岳を背後に]

スマホのカメラも強風で満足に構える事ができません。これは参りました。

IMG_3895.JPG
[写真で見るとおだやかな山々なんですけどね]

IMG_3899.JPG
[峰の茶屋跡避難小屋が見えてきた]

やっと、峰の茶屋跡避難小屋に到着。

IMG_3902.JPG
[峰の茶屋跡避難小屋]

おにぎりとサンドイッチをいただきます。
小屋の中は、登山客でごった返して、まさに「避難」状態。
中は密だったので、コロナ的にも、風を防げる軒先でいただきました。

IMG_3905.JPG
[フル装備の登山客も、早々に下山するようです]

しかし。。もはや暴風です。
軒下だと寒さで、足の震えが止まらなくなりました。

那須岳最高峰の三本槍岳まで行く予定でしたが、この調子では進みが悪く、万が一、日暮れになれば確実に死が待っています。
しかも今日は軽装備。

残念ながら三本槍岳登頂は断念し、下山します。
うーん、もうちょっとだったのになぁ。
でも、無理はしません。山は逃げませんから。

IMG_3910.JPG
[下山します]

まわりの登山客も退散モードです。
ただ、早朝から登っていたパーティは、三本槍岳まで行った人もいたみたいです。

IMG_3911.JPG
[下山ルートから見る、朝日岳]

登頂断念は、つぼ足で腰を痛めて撤退した、2011年の雪の津志嶽以来。

・退散した津志嶽の山行日記(2011年)

色々と教訓になる山行でした。
ウワサでは聞いていた、晩秋から冬にかけての那須岳の強風。
一説には、ヒマラヤ以上とか。

日本海から吹き上がる風が那須岳に集まるのだそうです。
いやはや、甘くみすぎてました。

IMG_3916.JPG

日暮れが早い東日本の晩秋だと、もう少し余裕があるスタートでないと厳しいですね。
前泊するか新幹線で朝イチ乗り込みが吉です。

また、この時期はもう少し暖かいダウンが必要でした。
ウィンドブレーカー兼雨具は持っていましたが、せめてインナーダウンを持ってくるべきだった。。
下界はポカポカ陽気ですが、山頂付近の体感は氷点下ですね。

さて、下山はラクチン。紅葉も綺麗です。

IMG_3918.JPG

標高が下がると、風も嘘のように止み、あっという間に、ロープウェイ前のバス停まで到着しました。

IMG_3921.JPG

やれやれ。。

IMG_3924.JPG
[峠の茶屋]

IMG_3925.JPG
[麓は紅葉が綺麗でした]

紅葉の時期は、本当に多くの車が来るんですね。
ナンバーも千葉とか、所沢とか、いろいろなところから来ていました。

IMG_3926.JPG
[満車の駐車場]

ロープウェイ乗り場に帰ってきました。

IMG_3930.JPG
[ロープウェイ駅とバス停]

帰りのバスも渋滞に巻き込まれ、なかなかハードな1日でした。

IMG_3931.JPG
[麓の紅葉]

ま、でも、茶臼岳に登れて良かったです。

次は、牛ヶ首経由で、三本槍岳を目指して、高山植物が咲き誇る5月〜6月に登ってみようと思います。新幹線で。
posted by jouji117 at 13:16| 香川 ☀| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。