群馬・榛名山(1449m)と榛名神社 : JK徒然日記

2021年07月03日

群馬・榛名山(1449m)と榛名神社

今日は、日ごろ悩まされているむずむず脚症候群も出ず、珍しくすっきり寝られました。
しかし、南関東は大雨(注 : 熱海で土石流が発生しているとはこの時は知りませんでした)。
天気図を見ると、北関東のあたりなら何とか雨に降られずにすみそう。

というわけで、少し遠出をして、群馬県の榛名山に行ってみることにしました。
天気がなんとか持つのは、9時〜14時くらいまでなので、今日は軽いトレッキング程度です。
渋谷に出た後、湘南新宿ラインで終点の高崎駅まで約2時間。

IMG_6347.JPG
[湘南新宿ライン]

高崎駅西口バス停から、榛名湖行きバスに乗って1時間20分で到着です。

IMG_6348.JPG
[高崎駅]

IMG_6349.JPG
[何やら石がいろいろ置いてありました]

新幹線の停まる駅はどこも立派。
四国には新幹線が無いので、憧れます。

IMG_6351.JPG
[高崎駅西口]

バスはどんどん高度を稼いて、天神峠を越えたら、榛名湖です。
途中、こんなものも。

IMG_6353.jpg
[男根岩]

榛名湖に到着。あまり客が多くなく、多くの人は途中の榛名神社で降りたので、最後まで乗っていたのは3名だけでした。

IMG_6356.JPG
[群馬バス 榛名湖バス停]


●群馬・榛名山(1449m) 日本二百名山 上毛三山 曇り時々晴れ

20210703Harunasan-Map.png
[今回のコースマップ]

榛名湖は標高1084m。いくつもの火山からなる成層火山で、大きなカルデラを形成しています。
榛名湖はその火山湖なんですね。

榛名山は様々な山の総称で、その中でも、最高峰は、掃部ヶ岳(かもんがたけ)になります。

IMG_6360.JPG
[榛名湖]

天気がかなりイマイチで、ガスで何も見えないのです。
ややテンション低めな出だしです。

ただ数分歩くと、パっと晴れてきました。こりゃ行けるかも。
俄然元気が出る私。

IMG_6367.JPG
[榛名湖と榛名富士]

榛名湖バス停から、しばらく西方面に歩き、「湖畔の宿記念公園」まで歩きます。

IMG_6364.JPG
[湖畔の宿記念公園]

高峰三枝子の「湖畔の宿」を記念しているようです。
山の寂しい湖に・・・・・ ♪ 暗い歌だ。

しかし、ここから、榛名山最高峰の掃部ヶ岳(かもんがたけ)の取り付き場所が分からない。。。
別荘地まで来たら、行き過ぎていることが分かり、やはりまたこの公園まで引き返します。

そうしたら「湖畔の宿」の碑と展望台があるところの裏手にじっと目をやると・・・・

IMG_6368.JPG
[「湖畔の宿」の碑]

獣道のような道があり、それを登ると、掃部ヶ岳の行先を示す看板がありました。かなりわかりにくいです。

IMG_6370.JPG
[登山口]

いきなりの急登です。かなりこたえます。
非常に蒸し暑い一日で、汗が滝のように吹き出します。
このあたりは笹が多いので、マダニにも気を付けなくてはならないですね。

IMG_6373.JPG

途中、岩場もあります。

IMG_6375.JPG

しばらく歩くと、硯岩との分岐に到着。まっすぐ進みます。

IMG_6378.JPG

やたらと目にする、「熊出没注意」。
あまりにも多く警告があるので、だんだん怖くなってきました。
Amazon Musicをガンガンかけて熊を追い払います。

IMG_6379.JPG

あっけなく頂上。本当にあっけなかった。
なんか、自宅の裏山に登ったような感覚です。ただかなりの急登でしたが。

IMG_6381.JPG
[掃部ヶ岳]

図根三角点がありました。

IMG_6382.JPG

ちなみに、視界はほぼゼロ。残念です。。。
ガスが晴れるかもしれないので、しばらく待ってみることにします。
ちょうど、12時なので、高崎駅で買った、だるま弁当をいただきます。

高崎と言えば、だるま弁当ですよね。

IMG_6383.jpg
[だるま弁当]

また、このシンプルな具が私は好きです。
群馬の物は何を食べても美味いです。

食べ終わったら、貯金箱になります。
こういう箱を捨てられず、家中、こうした箱でいっぱいになります。。

IMG_6384.jpg

かろうじて、李ヶ岳方面の山々は見えましたが、ほぼガスですね。

IMG_6385.JPG

しばらく粘ってみましたが、ガスが晴れません。
頂上は、虫が非常に多く、ハエやアブやハチや蝶が飛び回ります。

IMG_6388.JPG
[ザックに停まった蝶]

ガスが晴れそうにないので、下山することにします。やれやれ。
女性二人組のハイカーと出会いました。後にも先にも、登山客はその方々だけでした。

IMG_6390.JPG
[クマが相当多いんですね]

先ほどの分岐を、硯岩方面に進みます。

IMG_6391.JPG

こちらの道の方が整備されていますが、木道の土が流されてしまっていて、歩きにくいのなんのって。

IMG_6393.JPG

お、晴れてきましたよ。硯岩では眺望が期待できるかな。

IMG_6395.JPG

硯岩の方に進みます。

IMG_6397.JPG

あっけなく硯岩(1251m)に到着。

IMG_6416.JPG

そこには素晴らしい展望が広がっていました!

IMG_6406.JPG

パノラマで。

IMG_6415.JPG
[硯岩から見る榛名湖]

岩では、私一人が座れるのがやっとの広さです。

IMG_6418.JPG

後から調べたら、掃部ヶ岳頂上から見る景色よりも、この硯岩から見た景色の方が良いとのことでラッキーでした。

DSC_0951.JPG
[榛名湖北側 榛名富士(右)と、烏帽子ヶ岳(左)]

この悪天候の最中の関東地方で、榛名山の頂上はちょうど奇跡的にガスが晴れてくれていました。

DSC_0948.JPG
[榛名湖南側 榛名富士(左)と、天目山(右)などの山々]

この硯岩にある断崖絶壁は見事。

IMG_6413.JPG

この高度感。。。

IMG_6401.JPG

落ちたら死にます。
ロッククライミングの練習でも使われているのか、フォローが残置したと思われるハーケンが残されていました。
また、長い鎖もありました。ザイル無しで鎖だけで登る人がいるのかな。

IMG_6405.JPG

なるほど、確かに硯のようですよね。
奥の山は榛名富士。

IMG_6411.JPG

IMG_6419.JPG
[硯岩から見る榛名湖(別角度)]

DSC_0953.JPG

さて、来た道を戻り、車道に出る分岐路を左に進みます。
ここで、先ほどの女性二人組と、また会い談笑。
硯岩の景色を伝えると、行ってみるとのことでした。

IMG_6421.JPG

綺麗な林なのですが、どうにもクマが出そうでならない。

IMG_6423.JPG

榛名湖はまっすぐ。

IMG_6424.JPG

少し歩けば、車道に出ます。
あっけない登山でした。

IMG_6425.JPG

トレッキングマップが掲載されていました。

車道と頂上を往復するような、途切れ途切れの登山になってしまうので、縦走感はあまりなく、私としてはやや面白味にかける山でした。
そのため、他の山にも行こうと思ったのですが、相当に蒸し暑いし、そもそも今朝の出発も遅く、やたらと、熊出没注意の看板にも萎えてきたので、帰ることにしました。

IMG_6426.JPG

湖畔を歩いていると、ハルナユキザサの群生地がありました。
5月に白い花をつけるのですが、もう花の時期は終わっています。

IMG_6427.JPG

湖畔に帰ってきました。先ほど登った、硯岩が見えます。
榛名湖バス停から、バスに乗ります。

IMG_6429.JPG

行に多くの人が下車した榛名神社が気になったので、帰りのバスの途中で下車していってみることにしました。

IMG_6431.JPG

非常に立派な鳥居。

IMG_6432.JPG

しばらく土産物屋や宿坊が続きます。

IMG_6433.JPG

神社に到着。

IMG_6434.JPG

結構、いろいろあって見どころが多い神社のようです。

IMG_6436.JPG

IMG_6435.JPG
[随神門]

随神門の中はこんな感じ。

IMG_6438.JPG


ご神木が見事です。

IMG_6440.JPG

石畳が滑りやすいので注意しながら歩きます。

IMG_6447.JPG

苔むしていい感じです。

DSC_0957.JPG

三重塔がありました。

IMG_6448.JPG

なぜかトマト。。。

IMG_6451.JPG

岩がゴツゴツしてきて、迫力あります。

IMG_6453.JPG

中にも神社があります。

IMG_6454.JPG
[塞神社(さいのかみしゃ)]

その奥にある神橋を超えて、左手を見やると。。

IMG_6455.JPG
[神橋]

立派な岩があります。東面堂です。

IMG_6456.JPG
[東面堂]

解説がありました。昔、建物がはめ込まれていたのですね。
歌川広重の「榛名山雪中図」に出てくるそうです。

IMG_6457.JPG

萬年泉に到着。雨乞いの神様。

IMG_6458.JPG
[萬年泉]

ここから、矢立杉を横目に見ながら、左手に回り階段を上ります。
途中、左手に、神幸殿(みゆきでん)があります。

IMG_6459.JPG


IMG_6461.JPG
[神幸殿]

振り返ると、荘厳な杉の巨木の間から、瓶子の滝(みすずの滝)が見られます。

IMG_6462.JPG
[矢立杉と瓶子の滝]

本殿までやってきました。
本殿もすごいのですが、その奥に控える御姿岩に圧倒されます。
まさに御姿のような形。

IMG_6464.JPG
[本殿と御姿岩(みすがたいわ)]

IMG_6467.JPG
[本殿]

本殿でお参りして旅の無事を感謝しました。
この本殿の細工も非常に丁寧で、素晴らしいです。

IMG_6468.JPG

参拝自体はこれで終わりですが、下りて、左に進むと、砂防堰堤があります。
番所跡を通り過ぎます。

IMG_6472.JPG
[番所跡]

すると昭和30年に完成したという見事な砂防ダムがありました。

IMG_6474.JPG
[砂防堰堤]

IMG_6475.JPG

さらに少しだけ登ると、非常に特徴的な岩があります。
九折岩(つづらいわ)だそうです。

DSC_0963.JPG
[九折岩]

このあたりの渓谷はとても綺麗ですね。

IMG_6481.JPG

さて、榛名神社も堪能して、新宿湘南ラインで、高崎駅から帰ります。
大雨の影響で東海道線のダイヤが乱れていて、小田原行きの電車が、急遽、新宿止まりとなりました。

IMG_6485.JPG
[新宿湘南ライン]

登山としては不完全燃焼でしたが、素晴らしい神社にも行けて、眺望も良く、ラッキーな一日でした。





posted by jouji117 at 21:36| 香川 ☔| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。