本 : JK徒然日記

2017年03月01日

どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力(伊藤嘉明)

日本コカ・コーラ、ソニーピクチャーズ、デル、レノボなどを渡り歩き、常に記録的な成果を出してきた、ハイアールアジアCEO(執筆時点、その後契約満了し退社)伊藤氏の著書。

その業界に疎いからこそ、既成概念にとらわれず改革できるというのは確かにその通りだと思います。
実体験をベースに書かれており、とても臨場感のある本です。
0を1に変えることを喜びとしていることが伝わります。

今後ますますグローバル化が進む中、求められるのはこうしたリーダーなのでしょうね。
とても参考になりました。

ただ、何故か釈然としないのは、技術者軽視な論調だからでしょうか?
アクアが、その後伸びていない点も気になりますね。



posted by jouji117 at 01:00| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

料理の四面体(玉村豊男)

テレビで大活躍の林修さんが推薦していた本だったので読んでみました。

料理は一つの材料でも煮る、焼く、ゆでる、などの調理法によって、さまざまに変化して、世界各地でかっこつけた名前を付けているが、結局は非常に大まかなくくりで分類できるよ、という、なかなか面白い視点の書。

世界中を旅した作者だから、そういう発想になるのですね。なかなか読み応えありました。


posted by jouji117 at 20:00| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

出世する部長の仕事(安藤浩之)

部長クラスが役員になるために何が必要かを体系だって説明している書。


文字数が少なくやや物足りないですが、大変読みやすく教科書的な本です。
ただ、作者の経験に基づいた小ネタはほとんどなく、あくまで教科書ですね。臨場感のある書ではありません。

過去に、あああんな場面があったなとか、自分の経験を整理するにはよいのではないでしょうか。


自分の部以外にも目を配り、経営的視点で関係者を巻き込んで変革する。またタイミングが大事で、器用貧乏ではなく、ここが勝負と思ったら一気に攻めに出る姿勢が重要なんだと思います。


posted by jouji117 at 21:28| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

仕事と人生で成功するために本当に必要なこと(新 将命)

外資系でトップを渡り歩いた著者が人生の成功の秘訣を伝授する本。

有能な部下に、「このままでよいのか?退職して何もなくなる人生で本当によいのか?」と語りかけるくだりはなかなか説得力あります。


サラリーマンで、肩書だけで仕事をしていたり、権限ではなく権力だけで仕事をしていると、それが失われた途端、何もない空虚な人生が待っています。


他社の人々とのかかわり、趣味など、幅広い人生の大切さを説く、ビジネス書とはちょっと視点の違うライフスタイル的読み物で、なかなか勉強になりました。


そういえば、私も43歳。社会人人生はあと20歳程度しかないんですね。


posted by jouji117 at 21:18| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀 (仲山進也)

楽天に在籍している作者が、今いるメンバーでミラクルパフォーマンスを上げる手法を体系だって書いている書。

フォーミング>ストーミング>ノーミング>トランスフォーミング の4つのフェーズごとに行うべきやり方を書いています。

確かに、仲のよいだけのグループはチームではないですよね。
場合によっては意見をぶつけ合う(ストーム)する場面も必要でしょう。

チームメンバーがただやらされ感満載の仕事をするのではなく、自ら気づき変えていく力を持つ、そのためにはチーム員が取っ組み合う場面も必要とのこと。
早速これを少し取り入れてみました。来年度の計画を立てる際、今まで私がまとめていたのですが、全体の像だけ私が示し、今年から基本的にメンバーに任せて書いてもらうことにしました。自分コトになってくれたかな?

作者のような肉食系ベンチャーの企業ならイメージしやすいのでしょうが、私のいる会社のようなインフラ公共系企業だと、すべてをうまく当てはめることはむつかしそうですが、参考になりました。

posted by jouji117 at 21:58| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

悠久の大地と歴史がダメにした、とても不幸な中国人 (邱 海涛)

中国人が書いた中国人の本質を解き明かす書。


自己中心的と言われる中国人ですが、それは不毛な黄河地帯の度重なる天災や飢饉がベースとなっているという面白い視点で書かれています。


余り中国の歴史に疎かったのですが、わかりやすく歴史の変節もとらえられており、わかりやすいです。

ただ、作者の意見を100%信じることはできず、さまざまな視点で見る必要がありそうですね。


作者は中国人でありながら中国をかなりこき下ろしていますが、日本に漢字をはじめ様々な文化をもたらしたのも、また中国であり、一定の尊敬はすべきかと思います。


ただ、私は、日本人で本当に良かったと思いますね。生まれ変わっても日本人が良いです。


posted by jouji117 at 21:42| 香川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする