旅行 : JK徒然日記

2020年08月29日

登別温泉の地獄谷と、クッタラ湖

まだ、少し時間があったので、さらに車を飛ばして、登別温泉の奥にある、地獄谷に行ってみることにしました。

IMG_2905.JPG

駐車場は500円(現金のみ)です。

IMG_2903.JPG
[地獄谷]

大分や、台北の北投にある地獄谷も見ましたが、ここの地獄谷は迫力がありますね。

遊歩道を進むと、鉄泉池にたどり着きます。
毒があるため、温泉卵は出来ないそうです

IMG_2897.JPG
[鉄泉池]

さらに、このさらに上にある、大湯沼に行きました。
ここにも有料駐車場がありますが、先ほどの地獄谷の駐車場と共通のため、両方で500円となります。

IMG_2909.JPG
[大湯沼]

大湯沼は130度の硫黄泉が激しく噴出しています。
独特のにおいがします。

奥には、奥の湯があります。
なぜか、鹿が2頭、草をはんでました。

IMG_2913.JPG
[奥の湯]

さらに道を進むと、クッタラ湖に到着します。
残念ながら、展望台の木々が覆い茂って、あまり湖の全貌を見ることはできませんでした。

IMG_2917.JPG
[クッタラ湖]

クッタラ湖は本当に真ん丸ですね。ここまで丸いと気持ちが良いです。
摩周湖に次いで、綺麗な湖と言われています。

IMG_2918.JPG

さて、今夜泊まるホテルは洞爺湖温泉にあるので、再び、洞爺湖に引き返します。
登別から、洞爺湖に行く道道は、オロフレ峠を通ります。

トンネルを越えたところに碑がありました。

IMG_2921.JPG

ここから見る景色は素晴らしいです。

IMG_2926.JPG
[オロフレ峠から]

洞爺湖までは、かなり時間を要します。
posted by jouji117 at 15:51| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室蘭市内をドライブ

室蘭のシンボルは何といっても、白鳥大橋(はくちょうおおはし)。
自動車専用道路で、圧倒的な存在感があります。

道の駅から望むことができます。

IMG_2873.JPG

ケーブルの展示なんかもありました。

IMG_2872.JPG

下から見るとこんな感じ。

IMG_2876.JPG

大きな橋ですが、実際通ってみると、2車線なんですね。。
てっきり4車線あるものかと。。。

IMG_2878.JPG
posted by jouji117 at 14:18| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室蘭・地球岬

今日は日本海側は天気が悪く、太平洋側はまだましということで、雨雲の追っ手を振り払うかのように、室蘭まで来てしまいました。
室蘭と言えば、鉄の町ですが、このチキウ岬(地球岬)はなかなかの見どころということで行ってみました。

IMG_2862.JPG

多くの観光客でにぎわっていました。
鐘をならす台があります。なんでも幸せになれるんだとか。

IMG_2870.JPG

眼下に灯台があり、非常にきれいです。お天気にも恵まれ、気持ちいい!

IMG_2863.JPG

地球岬から市内方面や海岸側を見ることができます。

IMG_2869.JPG

IMG_2868.JPG
posted by jouji117 at 13:26| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洞爺湖、有珠山と昭和新山

今日は、北海道の天気が非常に悪く、雨マーク。
宗谷地方なんかは、大雨だそうです。
どうやら雨雲は日本海側からくるらしい。

本当は、前回、余市まで行った際にバスを乗り継いで行きたかったけど時間の関係で行けなかった積丹半島、神威岬のカムイブルーを見たかったのですが、諦めました。

そこで、洞爺湖方面を目指すことに。
案の定、洞爺湖の上空は晴れ間が!

IMG_2848.JPG
[湖の中にある中島が、ネッシー(古い!)に見えるのは私だけでしょうか?]

公園に、いのちの樹がありました。

IMG_2799.JPG
[いのちの樹]

なかなか立派です。

IMG_2800.JPG

せっかくなので、有珠山に行ってみることにしました。

IMG_2805.JPG

お客さんはやはり少ないですね。

なんと、明治以降、4回も噴火しているんですね。
知らんかった。

IMG_2807.JPG

やはり今後も、新たな場所から噴火があるのでしょうか?
防災マップがありましたよ。

IMG_2808.JPG
[温泉が出てうらやましいけど、火山と隣り合わせは、やはり怖いですね]

目の前に昭和新山が見えます。
この山は、大正には無かったんだから、驚きです。
地球の息吹を感じますね。

IMG_2809.JPG
[昭和新山]

ロープウェイに乗ります。
大人1,800円税込のところ、なんか8月はキャンペーンとかで1,500円税込に値引きされてました。

IMG_2810.JPG

山頂の駅に着くと、見渡す限りのパノラマで、なかなかなものです。
気温は35度、湿度も高く、滝のような汗が出ます。
ここは本当に北海道なのでしょうか?

IMG_2815.JPG
[昭和新山方面]

洞爺湖有珠山ジオパークに指定されています。

IMG_2817.JPG
[洞爺湖方面]

IMG_2829.JPG
[有珠山]

IMG_2833.JPG

なかなかの見ごたえです。
帰りも、ロープウェイで帰ります。
綺麗で新しいロープウェイです。
大勢の観光客を見込んでいたのでしょうね。

IMG_2840.JPG

あまりに暑かったので、つい、夕張メロンソフトクリームを買ってしまった。

IMG_2846.JPG

洞爺湖周辺には、さまざまな美術品が展示された公園が湖畔にあったりします。

IMG_2847.JPG

とてもきれいな湖で、支笏湖よりも、なぜか、明るい気がします。

IMG_2848.JPG

湖の全体を見たかったので、車で、サイロ展望台まで移動しました。
展望台自体は無料です。

IMG_2850.JPG

かろうじて、湖の中にある、中島を見渡すことができました。
後から知ったのですが、洞爺湖サミットが行われたウィンザーホテルまで行けば、さらに全体を見渡せるそうです。
中島は、1960年頃までは人が住んでいたらしいから驚きですね。

IMG_2852.JPG
[洞爺湖の中島]

サイロ展望台では、ヘリコプターの遊覧飛行をやっていました。
一人5,000円のところ、3,000円にディスカウントしていました。
ちょっと、心が動いたけど、飛び立つヘリコの姿を見ると。。。

「絶対、吐くなぁ」

IMG_2854.JPG
[サイロ展望台から飛び立つヘリコプター]

IMG_2855.JPG
[あっという間に、洞爺湖の対岸まで行ってしまいました]


展望台近くは、のどかな牧草地帯です。

IMG_2856.JPG

しかし、北海道は暑すぎる。。。
IMG_2860.jpg
[34度を示す車のインジケーター]


posted by jouji117 at 10:55| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニセコ東急リゾート ニセコアルペン

いつも安宿ばかりの私が、ちょっとだけ良いホテルに宿泊しました。
温泉も綺麗で、広いお部屋です。

1泊朝食付きプラン。

IMG_2785.JPG

朝食は、和食と洋食を選べます。

IMG_2782.JPG

東急がニセコの不動産の販売をしていました。どれも、億の値段。。。。
バブルですね。でもコロナ後はどうなんでしょうか?

IMG_2783.JPG

ニセコがにぎわうのには、もう少しかかりそうですね。。。
posted by jouji117 at 07:52| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

新千歳空港へ

お休みをいただき、今日から北海道をうろうろします。
天気がいまいちなのですが、はたしてどうなるやら。
本当は、後方羊蹄山(しりべし山)に登りたかったのですが、土曜日の天気が悪いので、今回は諦めました。

格安旅の強い味方、Jetstarで参りました。

IMG_2692.JPG

新千歳空港は、比較的旅行者でにぎわっていました。


IMG_2693.JPG

もちろん、ほとんど日本人です。昔の北海道が戻ってきた感じがします。

IMG_2694.JPG
posted by jouji117 at 12:45| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

湯河原・みやかみの湯

湯河原の源泉掛け流しの湯、みやかみの湯に入りました。

IMG_2626.JPG

小さな温泉ですが、新しく、クセの無い温泉でいいですね。

目の前には、千歳川が流れています。
川の向こう岸は静岡県熱海市。

IMG_2629.JPG

街を歩いていると、道端にも温泉が沸いていました。

IMG_2631.JPG

湯河原の街は、コロナの影響か分かりませんが、非常に閑散とした印象です。

IMG_2630.JPG
posted by jouji117 at 09:13| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

小田原城

小田原城を、見に行ってみました。

IMG_2609.JPG

予約は不要です。

IMG_2617.JPG

城はコンクリート製ですが、展示物が多く見応えがあります。

IMG_2618.JPG

小田原城は城主が多く変遷されましたので、時代毎の解説が豊富です。
二回建て替えられた城は日本でもここだけらしいです。

戦国時代に、北條早雲を代表とする小田原北條氏を豊臣秀吉が攻め落とした話は有名ですね。

天守閣からは、小田原や箱根の山々が一望出来ます。

IMG_2624.JPG

あまりの暑さでクラクラしてきたので、早々に切り上げ、湯河原の温泉で一泊します。
posted by jouji117 at 15:35| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

国宝 松江城

さて、やっと、松江城に到着。

IMG_1234.JPG

昼間から飲んだくれて、寄り道しすぎて、天気が悪くなり、雨が降り出しました。
山陰特有の不安定な天気です。

IMG_1239.JPG

さすがに名城だけあって迫力が違いますね。
現存天守12城の一つです。

IMG_1246.JPG
posted by jouji117 at 15:51| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根・松江・武家屋敷

ビールでほろ酔い気分のまま、武家屋敷の通りへ。

IMG_1206.JPG

中に入る事ができます。

IMG_1207.JPG

当時の武家のくらいをしのぶ事が出来ますね。

IMG_1213.JPG
posted by jouji117 at 14:45| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根・出雲大社

翌日は縁結びの神様、出雲大社に行きました。
仕事で、良い出会いがありますように。

玉造温泉からJRとバスを乗り継いで、出雲大社へ。

IMG_1160.JPG

人も少なく、特に海外からの観光客はほとんど無く、オール日本人でした。
ただ、おみくじはかなりヤバい運勢。
あと、数日の今年の運勢よね?うんうん。

IMG_1162.JPG
posted by jouji117 at 10:10| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

島根・足立美術館

横山大観の絵を見に、足立美術館へ。
庭のレベルが違いますね。

葉っぱ一つ落ちてない、手入れの行き届いた庭は、窓越しに見ると、まさに絵画です。

IMG_1127.jpg
posted by jouji117 at 15:09| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

ドバイから日本へ

シャルージャ首長国の、街並みが綺麗です。

IMG_6023.JPG

ドバイ国際空港は、キラビやらでだだっ広いです。

IMG_6029.JPG

3時間のトランジットでエミレーツ航空で関西国際空港へ。

IMG_6030.JPG

IMG_6031.JPG

相変わらず、機内食はイマイチ。

posted by jouji117 at 22:02| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザグレブからドバイへ

ザグレブ国際空港からドバイ国際空港へエミレーツ航空で参ります。

IMG_5985.JPG

待っている間に天気が急変し、ザグレブは大雨になりました。不安定な天気です。

IMG_5993.JPG

FireHDを持っていたのですが、手荷物検査で引っかかってしまいました。日本だと所有者である私が出して再検査ですが、これまた超無愛想な係員がいきなり端末を出してチェック。
てっきり、またバッグにしまってくれたと勘違いして、バックだけ取って搭乗してしまい、後からFireHDが無いことに気づきました。
後の祭り。クロアチア自体の印象も悪かったですが、自己責任とはいえ、後味の非常に悪い旅行になりました。。。


機内食はビーフを選択。外国からの帰りは機内食が不味いことが多いですが、今回はなかなか美味しかったです。

IMG_5999.JPG

途中、イラクのキルクーク、バグダッド、バスラの町が綺麗に見えました。油田の炎が煌々と輝いていましたよ。

IMG_6011.JPG
[バスラ]

ドバイに無事到着。
FireHDはすぐに端末管理画面か、利用停止処理しましたが、この一週間の旅が気分的に台無しになってしまいました。

IMG_6020.JPG
[ドバイの夜景]

いやー、疲れましたね。でも、なかなか行けないドブロヴニクに行けてよかったです。
posted by jouji117 at 20:41| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・ザグレブ(Zagreb)市内散策

ホテルを出て、出発までザグレブの街をぶらぶら。
初日は大雨でしたが、今日はちょうどいい曇りで歩きやすい天気。気温は23度です。

基本的に街は落書きだらけで、クロアチアの店員は皆、非常に無愛想です。物もバンって置かれます。すまほいじりはまだしも、ガム噛んでたり、タバコ吸ってたり、客商売するとは思えない人々。
非常に喫煙率の高い国です。まぁ、慣れましたけどね。

正直、エストニアと比較しても、先進国ではないですね。物価は高いけど。。

道路の配置が不思議です。
4車線あるのですが、左から路面電車の軌道、車道、駐車場、軌道の順に並んでいます。
なんで真ん中が、駐車場なの?面白いですね。

IMG_5943.JPG

クロアチアのいたるところにあるスーパーKONZUMにはお世話になりました。
物価は、日本の1〜1.5倍程度。品数は豊富で、地元野菜や果物は安いです。

IMG_5940.JPG

市内の中心部まで、ホテルから30分ほど歩いてみました。

国立劇場は近くで見ると、なかなかの迫力。
都市圏人口100万人もいるとは思えない田舎町ですが、この界隈は確かに都会ですね。
目の前にザグレブ大学もあります。日本でいう東京大学のような大学でしょうか。
明らかに頭のよさそうな学生が行きかいます(^^

IMG_5952.JPG
[国立劇場]

国立劇場前では、大型の芝刈り機がいい感じで稼働してました。
あのマシン乗ってみたい!

IMG_5953.JPG

著名な科学者、ニコラ・テスラ像前を通って、トイレに行きたくなり、WCを見つけたので、ある店に入ると、「only for a guest!」と一喝されました。この国はとにかくいろいろなところで怒られます。笑顔ひとつありません。
国民性なのでしょうか。

IMG_5955.JPG
[ニコラ・テスラ像]

市の中心部、イェラチッチ広場では、オールドカーのパレードをしていました。
ここに無料のトイレがあるので、急いでいきます。後1分で、ばしゃーってなってました。やばかったです。

クロアチア旅行初日、大雨の中で見た、大聖堂に再び行ってみます。
やはり傘の無い散歩はいいですね。

IMG_5957.JPG
[大聖堂]

大聖堂を超えて、青果市に行くと、数多くの野菜や果物がありました。
魚市場や花市場もあります。
ただ蝿がすごくて、あまり衛生的ではありません。
店も小蠅が多く、気になります。

IMG_5960.JPG
[青果市場]

花市を過ぎて坂を上がっていきます。

IMG_5967.JPG

クロアチアの新聞記者で女性ジャーナリストのマリヤ・ユリッチ・ザゴルカの像もあります。
このあたりの通りはお店が並んでいてよいですね。

IMG_5964.JPG
[マリヤ・ユリッチ・ザゴルカ像]

XXXX WARS。。。。こんな落書きが。。。
町中が落書きだらけです。
マンションなども1970年代以前と思われる古い建物が多く、1F〜2F部分は落書きで埋め尽くされています。

IMG_5973.JPG
[なかなか上手な絵]

前回、大雨だったので、もう一度聖マルコ教会へ。

聖マルコ教会のカラータイルが素晴らしいです。
やはり大雨より、天気にいい日に来て正解でした。

IMG_5969.JPG
[聖マルコ教会]

ザグレブ市内が一望できるポイントにも再び行ってみました。

IMG_5972.JPG
[ザグレブ市内]

帰りはトラムに乗ってホテルまで帰りました。
トラムの切符はタバコ屋やキオスクで買えます。

IMG_5934.JPG
[町のキオスク(真ん中)で、トラムの件が買えます。TOBACCOと書かれていたりします]

12番の電車に乗ってホテルに帰ります。

IMG_5976.JPG
[イェラチッチ広場]

トラムは列車最後部に印字できる機械があるので、そこにバーコードの反対側を差し込むと、時刻を印字してくれます。
定期的に係員がチェックしていて、時間超過していたり、そもそも券を持っていないと罰金を取られる仕組みです。

IMG_5975.JPG
[トラムの切符(30分券)]

posted by jouji117 at 11:12| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

スロベニア・ブレッド湖(Blejsko jezero)

スロベニアの午後は、ブレッド湖でまったり。
夏休みまっただ中ということもあり、ヨーロッパ中の旅行者がここで、思い思いのスタイルで過ごしていました。
肌を焼く人、泳ぐ人、本を読む人、ひたすらいちゃつく人など。。。。(笑

東洋人は珍しいのか、あまりみかけませんね。

IMG_5865.jpg
[ブレッド城]

ブレッド湖の中に小島があり、その教会まで、手漕ぎボートに乗って行きます。

IMG_5867.jpg

岸壁について、長い階段を上ると教会と尖塔があります。

IMG_5869.JPG

教会と尖塔の共通券で、尖塔の上まで上がることができます。

IMG_5870.JPG

この売店で売っているアイスが絶品。
かなりおすすめです。コンビネーション(2つの味の組み合わせ)で3EUR(ユーロ)です。

IMG_5883.jpg

前日まで1週間以上雷雨が続いていたそうで、今日は晴れていてとてもラッキーでした。
ブレッド城を後にします。

IMG_5896.jpg

近くの飛行場で、セスナ機先導で、グライダーを飛ばしていました。

IMG_5901.jpg

スロベニアとクロアチアの国境付近は絵になる風景が広がっていますね。
IMG_5908.jpg

スロベニアからクロアチアに入ります。
パスポートチェックがあります。

IMG_5916.JPG



posted by jouji117 at 14:22| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スロベニア・ポストイナ鍾乳洞(Postojnska Jama)

今日は、クロアチア・オパティアから、スロベニアに入り、ポストイナ鍾乳洞を散策しました。
スロベニア入国時には、パスポートの提示が必要です。
EU共通のスタンプを押してもらえますが、陸路からの入国なので、飛行機マークではなく、車のマークです。
スロベニア入国!18か国目になります。
スロベニアは、サバ川の北側に位置し、10世紀頃からスロベニア人が住んでいます。
1918年までハプスブルク家の支配にあるなどドイツ系の支配が続いたちめ、他の旧ユーゴスラビアの各国とは異なりどこか西ヨーロッパの雰囲気があります。
ハプスブルク家支配時も、ユーゴスラビアになった後もスロベニア語は使えたため、民衆にあまり不満なく、10日間戦争をユーゴスラビア連邦軍と行い独立を勝ち取りました。
現在では、人口200万人、四国くらいの大きさで、90%がスロベニア人で構成されています。
そんなスロベニアですが、スロベニア西部は、イタリア・トリエステまで、カルスト地形が広がっています。
炭酸カルシウムが長い年月を経て、10万年で10m育つ鍾乳石や石筍など独特の地形を形成しました。
IMG_5779.JPG
[ポストイナ鍾乳洞入口]
ポストイナ鍾乳洞は、ルカチェチュにより発見されました。
5000〜6000の地下空洞があり、世界最大級の27kmの長さを誇り、全体の1/5が公開されています。
入口から2kmを1872年完成のトロッコで入り、残り1kmを歩きます。
このトロッコは1964年に複線化され輸送力が増しました。
IMG_5846.JPG
[トロッコ列車]
カルストとはドイツ語ですが、元々はスロベニア語のクラスから派生した言葉です。
この鍾乳洞の中にはプロテウス、またの名をホライモリと呼ばれる両生類が住んでいて80年の寿命があり、1年間何も食べなくても生きながらえるそうです。まさに、この鍾乳洞のシンボルですね。
IMG_5813.JPG
[ピサの斜塔]
IMG_5837.JPG
[ポストイナ鍾乳洞の最高傑作]
IMG_5839.JPG
[オルガンのような鍾乳石]
posted by jouji117 at 11:18| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

クロアチア・オパティア(Opatija)・ホテルブリストル(Hotel Bristol)

今日の宿「ホテルブリストル」です。歴史あるたたずまい。
オパティアは、第3の都市リエカの近隣にあるイストラ半島の町です。

IMG_5748.JPG

ハプスブルク家のリゾート地だったため、古き建物が多く残されいます。

IMG_5757.JPG
[オパティアの街並み]

港にも出てみました。
絵になりますね!

IMG_5760.JPG

このホテルは格式があってよいのですが、近くで深夜まで重低音炸裂のクラブの音がうるさく、微妙。。。。
また、ホテルの夕食、朝食も種類が少なく、ちょっと。。。。。

翌朝もすっきり晴れていました。
いい行楽日和になりそうです。

IMG_5761.JPG
posted by jouji117 at 21:02| 香川 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・トロギル(Torgir)

トロギルは、紀元前3c-2cに街ができました。元々はギリシャ人が植民地としたのが始まりです。
元々、旧市街は島ではなかったが防衛のため堀を作って島にしました。
東西500 南北300mの小さな島です。長崎の出島のようです。
ギリシャ語でトラガスと言い、街の名前の由来になっています。
IMG_5615.JPG
[トロギルへの入り口]


7世紀に起こったスラブ人のサロナの人々は、スプリットだけでなく、トロギルにも逃げ込みました。
聖ロブロ大聖堂は、ロマネスク、ゴシック様式が取り入れられ、48mの高さ、118段の階段があります。入場は25クーナ。

IMG_5634.JPG
[カメルレンゴの砦]
IMG_5644.JPG
[カメルレンゴの砦から見るトロギル旧市街]

まずはカメルレンゴの砦を上り、市内を一望した後、カメルレンゴの砦から、ドミニコ会修道院、南門を入って、聖ニコラ修道院、聖ロブロ大聖堂、市庁舎、時計塔を見て、北門を抜けました。

IMG_5655.JPG
[ドミニコ会修道院]
IMG_5628.JPG
[南門]
聖ロブロ大聖堂は、ロブロ、イタリア語で言うとロレンチォを祀っています。
キリスト教が迫害されていた頃、焼き網で焼かれて死刑となり殉教しました。
IMG_5660.JPG
[聖ロブロ大聖堂]
IMG_5661.JPG
[市庁舎]
IMG_5662.JPG
[時計塔]


聖ニコラ修道院では、カイロスというゼウス神を祀っています。

に髪があり後ろには髪が無く、前髪を掴むと幸運があるそうです。
ちょっと小腹が減ったので、ピザ屋で、ピザパンを食べました。
エビが多く入っていておいしいです。
IMG_5666.JPG

 


北門出て、本土側の近くにコンズム(KONZUM)と言う、クロアチアでは有名なスーパーがあるので水など買いました。

ビールと水がほぼ同じ値段。スーパーだと日本とほぼ同じ価格、観光地だと日本の物価の2〜3倍します。
350mlコーラだと旧市街で約300円くらい。
地元の果物などは安いです。
IMG_5675.JPG
[コンズムで売られている果物]
posted by jouji117 at 14:41| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・スプリト(Split)

スプリットはクロアチア第二の都市で、人口約20万人。
スプリットはディオクレティアヌスの終の住処(宮殿)として建設されました。
この皇帝はテルマエロマエでも有名なお風呂好きな人です。
IMG_5510.JPG
[宮殿時代のスプリト]
西ローマ帝国で20年ほど皇帝を務め、セルビア、トルコ、エジプトあたりまでローマ帝国が領土を持ってい他、時代の皇帝です。
広大な領土を統治するため、4人に任せました。
ローマ帝国は3世紀くらいから軍人から皇帝を出すようになり、20人くらいの軍人が代わる代わる皇帝になりました。
ディオクレティアヌス帝は、元々は、解放奴隷の子供出身で、元老院で働いていました。
その後、書記官として出世し、軍団を率いてペルシア戦争で功績を出し、皇帝に上り詰めました。
この時期の皇帝は戦死するか暗殺される場合が多かったのですが、彼は305年で引退し、スプリットを作りました。
旧市街は世界遺産に指定され、1700年に現在の市街が完成さかました。
旧市街は、四つの門があり、17世紀にニックネームが付けられて、それぞれ金、銀、青銅、鉄の門と名付けられています。
北地区は兵士などの宿舎になっていました。
また、17世紀から18世紀にかけて、城壁部分の二階に住居が作られました。
4世紀に、サロナ(Salona)では最盛期を迎え6万人がくらしていました。
スプリットから北に8km離れたところにありました。
現在はソリン(Solin)と呼ばれている都市です。
しかし南下してきたスラブ人に追われ、現在のスプリット旧市街に7世紀ごろ住み着いたそうです。
1950年まで地下はゴミの山で、遺産価値に気づいてゴミは撤去されました。
中に入ると、柱は石ですが、天井は石灰石、水、卵白を混ぜて作られています。
セメントみたいですね。
IMG_5517.JPG
ブラチ(Brač)島の石材が主に使われています。
この島の石材は、イスタンブール アヤソフィア宮殿などにも利用されています。
スプリットは3世紀頃はギリシャ人の支配下にあり、エニシダを植えていました。
エニシダを今も再生して植えています。
ギリシャ人はエニシダの事を当時、アスパラトスと言っていて、その後、ローマ人がスパルトと言い、スラブ人がスプリットと言うようになったのが、街の名前の起源です。
旧市街に入ると硫黄の匂いが漂ってきます。温泉もあります。
IMG_5526.JPG
[旧市硫黄温泉]
ディオクレティアヌス帝は、自分の出身に近く、温泉がわいたこの地を終の住処に選びましました。
共和国広場は、向かって左はベルビューホテル、右は飲食店、語学学校があります。日本語も教えているそうです。
IMG_5525.JPG
[共和国広場]
旧市硫黄温泉の隣に魚市場があります。魚は蝿がたかりますが、蝿は硫黄が嫌いなため、隣にあります。
IMG_5531.JPG
[魚市場]
ナロドニ広場は別名、人民広場とも言い、旧市庁舎があります。
ナロドニとは英語でナショナル、国民と言う意味です。
クロアチアで有名な、aquaブランドのショップもあります。
IMG_5599.JPG
[ナロドニ広場]
このあたりは民宿(Sobe)も多くあります。
IMG_5600.JPG
[Sobeには必ず青い看板が掲げられています]
旧市街の人口は10世紀には6000人いましたが、いまは600人しかいないそうです。
旧市庁舎はゴシック様式で、先の尖ったポインテッドアーチがゴシックを表しています。
路地にはベネチア共和国だった名残か、外観にこだわるイタリアンな店が多く、眼鏡屋なども見られます。
四つの門のうち、金の門がもっとも重要です。なぜなら追われた地であるサロナに続く門だからです。
金の門を見ると、二重の門になっています。敵が第一関門を突破したら、門の中に閉じ込めて、熱したオリーブ油をかけて撃退したそうです。
大聖堂は高さ60m、180段の階段があり、13-15世紀に出来ました。
登ってみましたよ!
IMG_5558.JPG
[大聖堂]
ディオクレティアヌス帝はエジプトを統治していたこともあり、エジプトが好きで、大理石と12体の3500年前のスフィンクスを置いていました。
しかし、キリスト教を迫害した最後の帝王だったディオクレティアヌス亡き後、人々はディオクレティアヌスに怒りを表し、スフィンクスなどを埋めてしまいました。
IMG_5582.JPG
[大聖堂からの眺め(旧市街地方面)]
IMG_5578.JPG
[大聖堂からの眺め(新市街方面)]
IMG_5574.JPG
[大聖堂からの眺め(港方面)]
皇帝のテラス前は、皇帝や貴族が食事をする場になっていて、テーブルが丸かったため、今でもその面影を残しています。
食べすぎてはもどして、また食べてを繰り返したそうです。
現在、旧市街の土地は国所有、家は個人所有が多いです。
20世紀はスラム街になっていて、貧しい人が住むエリアとのことですが、州は家の買い上げに興味ないため、個人所有が残っています。
第二次世界大戦の時、ドイツ軍が爆弾しました。その際、アメリカの攻撃にあい、皇帝のテラスのあたりは破壊されています。
皇帝のテラスのあたりは東西に、皇帝のお散歩コースになっていました。

しかし、4世紀に作られた42の窓は健在です。
IMG_5560.JPG
4世紀に作られた窓枠はとてもしっかりしていて、14世紀に作られた石積みと比較しても、しっかりしています。
IMG_5563.JPG
地震がある国ですが、地震で崩れた後、窓を再建しました。
洗礼堂は、元々はモザイク画、金、色ガラスで装飾され、ディオクレティアヌス帝は自身をユピテル、英語でいうとジュピターになぞらえました。ジュピターは、ゼウスであり、太陽神です。洗礼堂から差し込む光で自身を照らして神格化したのでしょうか?
IMG_5566.JPG
[洗礼堂]
洗礼堂内では、ちょうど歌い手さんが合唱していました。
CDを売っていました。
IMG_5569.JPG
旧市街散策は、歴史を感じられてとても良いですね。
posted by jouji117 at 12:33| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする