旅行 : JK徒然日記

2019年07月28日

ザグレブからプリトヴィチェへ行く・・戦争の傷跡が生々しく

バスに乗って、ザグレブからプリトヴィチェに行きます。

20190728Hrvatska044.jpg
[大雨のザグレブ・イェラチッチ広場を後にします]

20190728Hrvatska052.jpg
[ザグレブ駅に続く鉄道]

20190728Hrvatska051.jpg
[ザグレブ市内のマンション群]

市内を抜けると、途中までは綺麗な高速道路(A1)を利用します。
こちらの料金システムはETCではなくENCって言うんですね。

20190728Hrvatska053.jpg

高速道路のサービスエリアは、ガソリンスタンドと、ガソリンスタンドが経営するイートインコーナー付きのコンビニが併設されており、そのコンビニの中にトイレがあるスタイルです。
サービスエリアのトイレは基本的に無料ですが、国道沿いのコンビニのトイレは有料の場合があります。

20190728Hrvatska055.jpg
[サービスエリア]

20190728Hrvatska056.jpg
[なぜか、特大の洗剤とティッシュペーパーが特売されていました]

ビールが有名なカーロヴァッツ(Karlovac)で高速道路を降りて、後は下道でまいります。
カルロヴァチュカ・ピヴォヴァラ(Karlovačka pivovara)の製造するカルロヴァチュコで知られています。

牧歌的な風景が広がっています。
牧草地帯か、トウモロコシが植わっていますね。
20190728Hrvatska054.jpg

このあたりは、1991-1995年のクロアチア紛争のクロアチア対セルビアの激戦地だったため、戦争の爪痕を多く見ることが出来ます。

20190728Hrvatska057.jpg
[カーロヴァッツにある軍事博物館 - 戦車などの展示]

20190728Hrvatska058.jpg
[このあたりは銃弾の跡が生々しく]

20190728Hrvatska059.jpg
[ここにも]

でも、のどかな風景は続きます。

20190728Hrvatska060.jpg

途中、観光地のスルニの街を通過します。
ラストケ(Rastoke)と呼ばれる滝が有名です。

20190728Hrvatska061.jpg
[スルニ(Slunj)の街]

スルニにあるスタリグラード(Stari Grad)という城も見えました。

20190728Hrvatska062.jpg
[スタリグラード]

4時間ほどで、イェゼロホテルに到着。遠かった。。

20190728Hrvatska063.jpg
[イェゼロホテル]
posted by jouji117 at 18:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・ザグレブ市内観光

クロアチア・ザグレブ空港に到着。
国際空港ですが、こじんまりとしていて、高松空港と似た田舎感があります。

IMG_4962.JPG
[ザグレブ国際空港]

空港から出ると、かなりしっかりした雨。雷雨。。やれやれ。。。

20190728Hrvatska003.jpg
[ザグレブのトラム]

20190728Hrvatska002.jpg
[ザグレブのビル群]


気をとりなおして、ザグレブの旧市街を散策です。

IMG_4965.JPG

ザグレブはメドヴェドニツァ山脈の麓にあるクロアチアの首都で、市の人口は約70万人。
都市圏人口は100万人以上と言われています。
京都と姉妹都市を提携しています。

20190728Hrvatska004.jpg

今日はあいにくの雨だったため、体感気温は15度くらい。
とても寒いです。
先週まではとても暑かったそうです。

クロアチアがEUに加盟したことを記念した碑が建てられていました。
前にはEU機関の入るビルもありました。

IMG_4969.JPG

11世紀の終わり、ハンガリー王 ラースロー1世が、カプトル(英語で言うとキャピタル)地区に司教区を設けました。
また、その隣の丘に、グラデツという町がありました。
1242年のタタール(モンゴル系)の侵攻で町が壊滅的になったり、この集落は経済的にも政治的にもライバル関係にあったこともあり、争いが元で大火にも襲われたこともありましたが、1850年に合併してひとつの町ザグレブになり、今日に至っています。

広場には街のミニチュアがあります。

IMG_4970.JPG

カプトル広場まで行くと、クロアチアで最も高い、105mの高さを誇る、ザグレブ大聖堂を見ることができます。

IMG_4984.JPG
[聖母被昇天大聖堂(ザグレブ大聖堂]

20190728Hrvatska011.jpg

ザグレブ大聖堂の横にはオスマントルコからの攻撃を守る壁があります。
大聖堂の景観を損ねるとの理由で幾分取り壊されているそうです。

20190728Hrvatska009.jpg

その壁近くには、1880年の大地震で針の止まった時計があります。
その後、尖塔などを修復したのですが、質の悪い石を使用したために、酸性雨などで、溶けてしまったそうです。
そこで、耐久性のある石に替えるべく修復工事がされています。
向かって左側が質の悪い石、右側が質の良い石です。

20190728Hrvatska012.jpg

大聖堂の中は厳かで、ステンドグラスが綺麗です。
大聖堂の修復での石の展示もされていました。

20190728Hrvatska014.jpg

写真撮影は礼拝の邪魔にならなければOKです。

IMG_4980.JPG

このあと、さまざまな場所を訪問するのですが、クロアチアもスロベニアも写真撮影は許可されていることが多く、そういった意味ではおおらかです。

この大聖堂はゴシック様式でしょうか、なかなか装飾が見事です。

IMG_4981.JPG

大聖堂の周りは土産物屋が多く、ザグレブ名物のハート型の中に鏡の入った飾りが多く売られていました。
好きな人にあげるのだそうです。

20190728Hrvatska007.jpg

20190728Hrvatska008.jpg

20190728Hrvatska010.jpg

街一番の市場は、日曜日夕方ということもあり、すでにお休みになっていました。
コンビニとかデパートとか、日曜日は軒並み休みです。

20190728Hrvatska017.jpg
[市場]

IMG_4986.JPG


20190728Hrvatska018.jpg
[花市場]

ザグレブは坂の多い街です。

20190728Hrvatska021.jpg

オシャレな店や建物が多く集まっています。
このあたりは景観が重視されているのか、そこまで落書きは多くないです。

20190728Hrvatska022.jpg

20190728Hrvatska023.jpg
[やたらと日本語の店]

IMG_4988.JPG

グラデツの方に歩いていきます。

IMG_4992.JPG

おしゃれな店が集まる通りを横切ると、石の門がありました。

20190728Hrvatska025.jpg
[石の門]

20190728Hrvatska024.jpg

昔、大火で焼けてしまったのですが、イコンだけが残り、それを今でも大切にしているのだそうです。
石の門をくぐると、イコンが祀られています。

IMG_4993.JPG

IMG_4994.JPG
[イコン]

旧市街グラデツの中心部にあるのが、聖マルコ教会です。
13世紀から続く聖マルコ教会には、陶板(カラータイル)でつくられた色鮮やかな屋根が特徴です。
左には、クロアチア、スラヴォニア、ダルマチアのそれぞれの紋章が描かれ、右にはザグレブの紋章が描かれています。

20190728Hrvatska026.jpg
[聖マルコ教会]

このあたりには、国会議事堂などもあり、クロアチアの中枢となっています。

20190728Hrvatska027.jpg
[国会議事堂]

昔は劇場だったという建物は市役所になっています。
昔宝くじで大儲けしたオーストリア人が建てたのだそうです。

IMG_5001.JPG
[市役所の通り]

20190728Hrvatska029.jpg
[市役所]

20190728Hrvatska030.jpg
[ガス灯]

20190728Hrvatska031.jpg

途中、失恋博物館もありました。
世界的にも珍しいですね。

20190728Hrvatska033.jpg
[グラデツと書かれた街の標識]

聖キャサリン教会の奥に広がる広場に行くと、カプトルなどの市街を一望できます。
この時、超大雨で、間違いなく特別警報並みの雨でした。
ここまで降られると逆に気持ちいいかも。笑

20190728Hrvatska032.jpg
[聖キャサリン教会と、学校(右)]

ヨーロッパの街並みは本当にいつ見てもよいですね。
迫力は、エストニア・タリンの方が上ですかね。

20190728Hrvatska034.jpg
[市内を一望できます]

南側に歩くと、落書きのような芸術のような絵がありました。

20190728Hrvatska037.jpg

20190728Hrvatska036.jpg

南側も一望できます。おしゃれですね。

20190728Hrvatska038.jpg

窓枠の中には、クリーム色と緑の屋根が特徴的なクロアチア国立劇場が見えます。

IMG_5011.JPG

ここには世界で一番短いケーブルカーもあります。
確かに。。。。でも、世界一見たさに、観光客で一杯でした。

IMG_5014.JPG

丘から市内に降りてきました。

20190728Hrvatska042.jpg
[雨どいからは大量の雨が]

いやー、ずぶぬれです。。。まいった、まいった。

13世紀に建てられた見張り台、ロトルシュチャクがあります。
見晴らしが抜群の塔です。

IMG_5012.JPG
[ロトルシュチャク]

ぬれねずみの中、イェラチッチ総督広場に行きました。
トゥルグ(広場)とも呼ばれて市民に親しまれています。
イェラチッチ総督は、ハンガリーからの独立を模索したクロアチア独立の父と呼ばれているそうです。

ユーゴスラヴィア時代に一度撤去されましたが、クロアチア独立の1991年に再度設置されました。

IMG_5017.JPG
[イェラチッチ総督広場]

20190728Hrvatska047.jpg
[イェラチッチ像]

20190728Hrvatska046.jpg
[ひっきりなしにトラムが出ています]

20190728Hrvatska048.jpg
[Müllerの百貨店があります]

20190728Hrvatska050.jpg
[街頭がロープで吊るされています]

ザグレブを後にして、プリトヴィチェに向かいました。
今日の泊まる宿は、プリトヴィチェ・イェゼロ・ホテルです。
posted by jouji117 at 17:39| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイからクロアチア・ザグレブへ

ドバイで3時間のトランジット。

20190727Hrvatska025.jpg
[ドバイ国際空港に到着]

20190727Hrvatska031.jpg
[ドバイで見る朝日]

20190727Hrvatska027.jpg
[月のマークはお祈りの場所ですかね]

20190727Hrvatska029.jpg
[ドバイ国際空港の中はとても広く綺麗です]

20190727Hrvatska034.jpg
[ドバイ国際空港から見る飛行機たち]

20190727Hrvatska026.jpg
[世界各地に飛行機が飛んでいます。アフリカ行も多い]

20190727Hrvatska030.jpg
[美味しそうなものが並んでいますが、あまりおいしくなかった機内食で腹は満タン]

20190727Hrvatska033.jpg
[たぶん、ロレックスって書いてある(笑)]

20190727Hrvatska028.jpg
[ドバイ国際空港の看板は中国車がズラリ]

ドバイから、クロアチアの首都、ザグレブへ向かいます。

IMG_4912.JPG
[クロアチア行ゲート]

ドバイでは3時間のトランジット。

IMG_4919.JPG

器用に、イランやシリアなど、ヤバめな国を交わして、トルコ、黒海、ブルガリア経由で飛行機が飛んでいきます。
イラクは通るんですね。。。

20190727Hrvatska042.jpg

20190727Hrvatska041.jpg

20190727Hrvatska038.jpg

20190727Hrvatska040.jpg

20190727Hrvatska039.jpg

飛行機の経路ルートって面白いですね。政治やコストなど、いろいろなものが反映されています。
結構、ずっと、私って飛行経路見ています。

IMG_4941.jpg
[黒海が見えてきました。]

しかし家を出てから丸一日以上、移動中です。疲れてきました。

IMG_4920.jpg
[グランドキャニオンのようなトルコの山々]

エミレーツ航空はOn AirというWiFiサービスが利用でき、20MBまで無料なのですが、ほぼ繋がりません。
まあ数文字送れたらよいかな。昔のクンロク(9,600bps)を思い出します。

IMG_4931.JPG
[トルコの山々が続きます]

初めて見る黒海を横目に見ながら、ブルガリアを超えていきます。
綺麗だ。。。

IMG_4951.JPG
[黒海、対岸はトルコ]

ブルガリアには広大な畑が広がっていました。
ブルガリアやルーマニアなども私が行ってみたい国の一つです。

IMG_4954.jpg
[ブルガリア上空]


〇クロアチアについて

元々はユーゴスラビアの一部でした。
現在は独立国となっています。人口は400万人程度。
言語はスラブ系のクロアチア語で、ロシア語に近い響きです。

通貨は、クーナ(Kn)。1クーナは17円ほど(2019/7現在)。
クーナは日本では両替できないレア通貨なので、クロアチアに入ってから両替します。
マイナーな通貨ですが、クロアチアではクーナしか通用しない店が多く、ユーロやドル、日本円は有名観光地の有名店以外では、ほとんど通用しません。クレジットカードは普及していて、PINコードを入力すれば決済できます。
「PIN ほにゃららかにゃらら」って言われて、テンキーを渡されるので、4ケタの暗証番号を入れて右下にある緑のボタン(Enterキー)を押せばOKです。
バーコード決済、ペイ的なものは一切普及していません。

レストランでは、飲み物を頼むのがマナーですが、クレジットカードを使えない場合があるので、ある程度の現金は用意しておいた方がよいです。

また、アメリカほど厳格ではないですが、チップの習慣があります。
というか、ひそかにチップを期待されています。
たとえば、宿泊した場合は、枕銭として5knくらいを置きます。
ただし、サービスに不満があったり、1泊だけでちょうどよい額のお金が無い場合は無理に置く必要はありません。
レストランでは、サービス料が請求書やレシートに無い場合は、10%程度をテーブルに置いて、店を後にします。

ところでクロアチアといえば、サッカーが強いイメージありますよね。
また、1990年代の内戦では、ボスニア・ヘルチェゴビナに次いで、戦争がはげしかった地域です。


posted by jouji117 at 14:32| 香川 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エミレーツ航空

エミレーツ航空はエコノミーでも豪華ですね。

ポーチには、アイマスク、靴下、耳栓などが入っていました。
サービスも良く、CAさんはどこかフレンドリーでさすがトップエアラインですね。
記念写真(チェキ)も撮ってくれますよ。

イスラム系のエアラインなので、5回お祈りのクルーアンが流れるのかと思っていましたが、それは無かったです。

IMG_4862.jpg

途中、五島列島沖で、漁火が星のようでした。
日本船なのか、中国船なのか、韓国船なのか??

IMG_4868.jpg

夕食の機内食は、チキンのマッシュポテト。
うーむ、口に会いませんな。エミレーツは全般的に口に合いませんでした。

IMG_4869.jpg

南京や、コルカタなどの夜景を見ながら、ドバイを、目指します。

IMG_4871.jpg
[南京付近]

IMG_4873.jpeg
[コルカタ付近]

朝食は中華粥でした。
これは、なかなか美味しいです。
あさは、アッサリがベター。

IMG_4875.jpg

イランやホルムズ海峡の上空を通るのかと、気にしていましたが、どうやらうまく避けるようです。

IMG_4878.JPG

また、うまく、パキスタン、カシミール地方やアフガニスタンなど、ヤバめなところは避けてました。

IMG_4880.JPG

ドバイ市内が見えてきました。
高層ビルがすごい!どんだけ〜。

IMG_4885.jpg

ドバイ国際空港につきました。
むちゃくちゃデカイです。全世界のハブ空港な訳です。
ドバイで開催される2020の展覧会がしきりに宣伝されていました。

IMG_4900.JPG

3時間のトランジットの後に、クロアチア・ザグレブに参ります。

帰りの便で、スーツケースのファスナーが壊れていました。
空港がダメなのか、エアラインがダメなのか。
posted by jouji117 at 11:22| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

関空からドバイへ

関西国際空港からアラブ首長国連邦のドバイへ。

IMG_4843.JPG

エミレーツ航空に乗るのは初めてです。

IMG_4852.JPG

しかし、エアバスA380はデカい。デカすぎる。

IMG_4853.JPG

さてさてどんな旅になりますでしょうか?

IMG_4856.JPG
posted by jouji117 at 22:38| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

弾丸米国出張が終わり帰国の途へ

〇マッカラン国際空港から、ロサンゼルス国際空港へ

早朝3時起きで、睡眠時間は1時間半でした。
前日も仕事やなんやかんやで30分しか寝ていないので、やばいね。
もはや、ナチュラルハイです。(〜=〜)

マッカラン国際空港では、各地の時刻が表示されていますが、東京は地元の人が描いたと思われる絵がなかなかキュートでした。
でも、東京の「京」の時が、おそらく、中国本土の簡体字ですね。残念です。

IMG_4280.JPG

マッカラン国際空港からテイクオフ!
ラスベガスからロサンゼルスへは、アメリカン航空を使います。
JALと同じワンワールドメンバーです。

ラスベガスのストリップストリートが良く見えました。
ストラトスフィアタワーも見えました。

IMG_4288.jpg

グランドキャニオン風の山々が続きます。
レッドロックキャニオンと言うそうです。

行きたかったな。グランドキャニオン。。。
でも、今回はほとんど自由時間無し。
飛行機からレッドロックキャニオン見られただけでも、感激です。

IMG_4298.jpg
[レッドロックキャニオン]

ラスベガスへの行きに見た、太陽熱発電所が見えました。
行きは一つしか見えなかったけど、よく見たら、3つあるんですね。

IMG_4304.jpg
[太陽熱発電所]

ネバダ砂漠はどこまでも荒涼とした景色が広がっています。

IMG_4307.jpg
[ネバダ砂漠]

砂漠からいきなり湿潤な気候に変わるのがとても面白いですね。
山を越えると、雲が広がってきます。

IMG_4316.jpg

ロサンゼルスの雲海がとても綺麗でした。
行きも雲海がすごかったので、ロサンゼルスはこの時期はずっと曇っているのでしょうか。

IMG_4321.jpg

飛行機が雲の中に入って行きます。

IMG_4326.jpg

雲に入ると、いきなりロサンゼルスの街並みが見えてきました。
奥に見える高層ビル群は、ロサンゼルスの中心部でしょうか。

IMG_4330.JPG

それにしてもアメリカの高速道路は広い!

IMG_4333.jpg

ラスベガスからロサンゼルスへの45分の空の旅を楽しめました。
しかし、眠くて、ふらふらします。本当にヤバいです。


〇ロサンゼルス国際空港から成田国際空港へ

とうとう帰国です。

IMG_4335.JPG

ロサンゼルス国際空港から成田国際空港へ。
トランジット待ち時間は6時間。。。

ロサンゼルス国際空港はカラフルです。

IMG_4338.JPG

時差ボケ解消のため、ちょうど日本が夜のこの時間に寝ることにします。
うたたねしながら、6時間。
一緒に来ていた方々は、ロサンゼルスの町中に出て、パンケーキを食べて、海岸を見たそうです。

パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい♪

成田国際空港へは、行きと同じ、日本航空を使いました。
国際線でJALに乗ったのは生まれて初めてでしたが、うーむ、どうなんでしょう。
国内線は大好きですが、国際線は、あまりトップクラスのエアラインの印象はないね。

今まで国際線では、チャイナエアライン、エアカラン、エアカナダ、アメリカン航空、デルタ航空、エアニュージーランド、香港エクスプレス、カンタス航空、ジェットスター・アジア、ドラゴン航空、キャセイパシフィック航空、マレーシア航空、ベトナム航空、フィンエアーなどに乗りました。

か、今まで乗った中で、
・食事が美味しいのは、キャセイパシフィック航空。
・食事の量が多いのは、マレーシア航空とベトナム航空。
・デザインがオシャレなのは、フィンエアー。

JALの機内食は鮭のフライと白ご飯、冷やし中華のようなもの。
JALの機内食は、ナイフやフォークが使い捨てではなく、金属製です。

IMG_4340.JPG

朝食は焼きそばでした。焼きそばは美味でしたが、その他はイマイチ。

IMG_4342.JPG

アメリカのアイスthree twinsがとても美味しいです。

IMG_4341.JPG


〇成田国際空港から高松空港へ

成田国際空港に到着。

すでに、高松への飛行機は成田も羽田も無く、今日は成田に泊まりです。
疲れたので早く帰りたいけど仕方ないね。

泊まったのは第3ターミナルからほど近い、東横イン成田空港新館。
第2ターミナルのバス乗り場31-Bから無料送迎バスが出ています。

IMG_4343.JPG

東横インは、やかましい大量の大陸系中国人がいますが、本館の方に多く泊まっているようです。
しかし、やかましい。。。。

IMG_4347.JPG
[東横イン 成田空港 新館(左)と本館]

朝、東横インから第3ターミナルへは、無料送迎バスより、歩きが早くて便利です。
歩いて10分ほどでターミナル内に到着。さらに10分ほど歩くと、ジェットスターの搭乗口です。

IMG_4350.JPG
[成田国際空港 第3ターミナル フードコート]

フードコートに、なんと、香川の宮武うどんがありました。

IMG_4352.JPG
[ジェットスター搭乗口]

このジェットスターに乗ります。
整備かなんかの遅れで、10分遅れ。
ていうか、前の晩から駐機してたんだから、ちゃんとやれよ。意味わからん。

IMG_4353.JPG
[整備に手間取るジェットスター]

高松に10分遅れで到着。
実に、ラスベガスのホテルを出てから1日と16時間で家に着きました。


posted by jouji117 at 02:41| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

シルク・ド・ソレイユ(Cirque du Soleil) オー(O)

少しだけ、自由時間がありましたので、懇親会の後、今度はOを見に行きました。

フランス語で、水を意味するeauから来ています。

IMG_4268.JPG

シルク・ド・ソレイユ(Cirque du Soleil) Kàは舞台装置がすごかったですが、Oはプールを使ってのシンクロナイズドスイミングやアクロバティックな飛び込みなど、個々の演者の技が光る舞台でした。

本当に、シルク・ド・ソレイユは、プロ集団ですね。
さすが、「太陽のサーカス」というだけのことはあります。
ラスベガスに来たら、絶対にこの「O」は外せません。



posted by jouji117 at 04:01| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラスベガスの夜

ラスベガス最後の夜、街に繰り出します。

IMG_4260.JPG

人通りが多く、観光客であふれています。

IMG_4267.JPG

やはり、欧米人が多く、日本人は少ないです。

IMG_4277.JPG

お菓子屋さんては、エルビスを飴で作った人形がありました。
後ろの標語は、明日から痩せよ! だって。^_^

IMG_4278.JPG
posted by jouji117 at 02:34| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

ラスベガス・ストラトスフィアタワー

最終日の昼過ぎに、セッションが一旦終わり、主催者の方が、市内観光を日程に組み込んでくれて、連れて行って下さいました。
寝不足と下痢と吐き気で、体調最悪ですが、頑張ります。

タクシーで行く途中、円盤のショッピングモールがありました。

IMG_4221.JPG

ラスベガスのランドマーク、ストラトスフィアタワーに行きました。
東京タワー、マカオタワーよりも高いのですね。

IMG_4227.JPG

市内が一望できます。
すごい眺望です。

IMG_4228.JPG

IMG_4229.JPG
[ホテル街を望む]

下に降りたら、テスラがありました。さすがアメリカ。

IMG_4235.JPG

ここから、タクシーで、フリーモントという地区に行きました。
ラスベガスの旧市街です。

ラスベガスは、流しのタクシーはありません。
ホテルで呼ぶか、Uberを使うしかありません。
ちょうど、同行していた方がUberのアプリを入れていて、呼んでくれました。

IMG_4236.jpg
[フリーモントのシンボル]

IMG_4241.JPG
[ZIPライン]

旧市街だけあって、古き良き、アメリカを体感できます。

IMG_4245.JPG

この古さ、イカしますね。

IMG_4246.JPG

いろいろな大道芸人がいて、じっくり見ると、お金を要求されます。。

IMG_4247.JPG




posted by jouji117 at 10:22| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

シルク・ド・ソレイユ(Cirque du Soleil) Kà

今夜のシメは、Cirque du Soleil の Kàです。21:30の予約でしたが少し遅れての参加。

シルク・ド・ソレイユの中でも、もっとも、大掛かりな設備を使っています。
太陽(ソレイユ)のサーカス(シルク)というだけあって、圧倒的なパフォーマンスです。

「Kà」は、人間の心に宿る魂という意味なんだそうです。

大きな舞台があれよあれよと、壁になって、そこで踊ったり、戦ったり。
矢が飛んで来たり、大きな車輪のようなものが出てきたり。

ほとんど言葉はしゃべらないので、英語が分からなくても問題ありません。

ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、あっと驚く仕掛けがありました。
すごい空中戦のスケールです。

IMG_4192.jpg

場所 : MGMグランド・ホテルアンドカジノ
開催 : 土・日・月・火・水
時間 : 19:00 または 21:30(1日2回の公演)
※ 演劇の写真、動画撮影は禁止です。


posted by jouji117 at 23:22| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラスベガス・ストリップストリート

Hong Kong Cafeでの一次会が終わり、今回の出張で、初めて空港やホテル、車から出ました。まさにアメリカ本土に遅ればせながら、初上陸です。

日中はミーティングやセッションなどの予定がいっぱいなので、深夜しか自由行動の時間がありません。
でも、せっかく来たので、頑張ります。^_^

IMG_4176.JPG

これは、パリス ラスベガスというホテル。
まさにエッフェル塔のミニサイズがありますが、全然ミニじゃない。
通天閣は余裕で超えています。

IMG_4181.JPG

ストリップストリートはラスベガスの目抜き通り。有名なカジノ付き高級ホテルが数多くあります。
フェラーリなんかも展示されてました。

IMG_4180.JPG

ベラージオというホテルでは、噴水ショーが見られます。

IMG_4184.JPG


IMG_4178.JPG

これは、ニューヨーク・ニューヨークというホテル。
まさにニューヨークが再現されてました。

IMG_4190.JPG
posted by jouji117 at 21:20| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ザ・ベネチアン ラスベガス

今回の出張でお世話になるホテルは、ザ・ベネチアン ラスベガス。
なんでも全米で二番目に大きいホテルで、7,000室あるのだとか。

ベネチアンといえば、夜でも青空のショップ街とカジノですよね。

IMG_4102.JPG

カジノは多くの欧米人でにぎわっていました。
このホテルは他の観光地でありがちな、中国人、韓国人は比較的少ないです。

IMG_4110.JPG

今回お世話になる部屋はこのお部屋。
28階にあります。ストリップストリートは見えませんが、とても落ち着いてよいですね。

IMG_4114.JPG

エアコンは摂氏ではなく、華氏なので、一体何度なのか意味不明。

IMG_4121.JPG

ここはアメリカ。チップをお忘れなく。

IMG_4120.JPG

全室スイート、これだけの高級ホテルなのに、何故か日本のビジネスホテルにあるような、歯ブラシ、カミソリはありません。
また、使い捨てスリッパやウォシュレットもありません。
あれは日本ならではですね。

なお、歯ブラシなどは受付に言えばもらえます。

24時間以上寝ていないので、今日はこれから寝に入ります。おやすみなさい。
posted by jouji117 at 16:03| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

日本からラスベガスへ

今日から米国出張です。


〇成田空港からロサンゼルスへ

日本航空に乗って、成田から、まずは経由地のロサンゼルスへ。
最終的にはラスベガスへ行きます。

I am going to Las Vegas via Los Angels as a business trip by JAL.

IMG_4029.JPG
[成田空港 第2ターミナル]

成田バイバイ。
帰ってくるのは1週間後です。

IMG_4041.JPG

JALの機内食は夕食はなかなか美味です。
U-35の若きシェフ監修だそうです。
専用のワインとよく合います。

IMG_4046.JPG
[JALの機内食 夕食 カレー]

朝食はモスのハンバーガーでした。
バンズや肉が乾燥していて、あんまり美味くない。
これは、モスの名声を下げますね。見直した方がよいと思います。

IMG_4048.JPG

しかし全然眠れない。
しんどいっす。

IMG_4059.JPG

成田からロサンゼルスに到着しました。星条旗がお出迎え。
現地時間11時。結局一睡もできず。

IMG_4061.JPG
[ロサンゼルス国際空港]


IMG_4063.JPG

トランジット時間が6時間もあったので、みんなで飲んでいます。

IMG_4069.JPG

いたるところ、星条旗がありますね。
米国映画でよく見る、愛国心ってやつですかね。

そういえば、日本って、日本の国旗はあまり見ないですよね。
当たり前だからなのか、隣国からいろいろ言われて、自分の国旗に自信が無いのか。。。。
残念な限りです。

マレーシアも、カンボジアも、エストニアも、みんな誇らしく、町中に国旗を掲げていました。

IMG_4068.JPG


〇ロサンゼルス国際空港からマッカラン国際空港へ

長いフライトで、バテバテです。
荒涼としたネバダ砂漠が広がり、日本とは別世界ですね。

IMG_4081.JPG
[ネバダ砂漠]

これは太陽の光の反射で発電する施設でしょうか?

IMG_4082.JPG
[太陽熱発電所]

太陽光発電も規模が違います。
まさにメガ、いやギガソーラー。

IMG_4083.JPG
[太陽光発電所]

マッカラン国際空港は、カジノとショーの街そのものといった感じです。
派手ですね。

シルク・ド・ソレイユ OのCMもありました。

IMG_4096.JPG
[シルク・ド・ソレイユ Oの広告]

ここにも星条旗が。アメリカですなぁ。

IMG_4097.JPG
[マッカラン国際空港]


posted by jouji117 at 13:31| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

銚子にて

朝早い日曜の便のジェットスターだったので、午後フリーとなりました。
成田の隣町、銚子にまで足を延ばしてみることにしました。

成田駅から銚子駅までは、成田線で1本でいけますが、1時間に1本ほど。
途中、広々とした田園風景が広がっています。

IMG_3927.jpg
[成田線から見る景色]

1時間30分ほどで、銚子駅に到着しました。

20190616Choshi01.jpg
[銚子駅]

20190616Choshi05.jpg
[銚子大橋]


銚子といえば、日本でも有数の水揚げを誇る漁港の町ですよね。

20190616Choshi06.jpg
[銚子漁港]



〇銚子・久六

ちかくの和食屋さん「久六」に入ってみました。
昼をまだ食べていなくてお腹ペコペコ。

20190616Choshi07.jpg
[久六(海ぼうずの奥の建物)]

生まぐろ専門店とのふれこみ。これは期待できそう。
やさしそうな店員さんとしばしトーク。

IMG_3948.JPG
[久六のメニュー]

限定5食の背とろがあるというので、それにしてみました。
限定に弱い私。。。
携帯の充電もさせていただきました。

ほんとうに、脂がのって美味しいマグロ。
さすがの味ですね。

DSC_0603.jpg
[背とろ定食]


〇飯沼観音

さて、腹ごしらえもできましたので、犬吠埼方面に行ってみることにしました。

20190616Choshi08.jpg
[観音駅]

本当は銚子電鉄に乗りたかったのですが、出たばかりで、この後の電車は約1時間後。。。

そこで、歩いて犬吠埼まで行ってみることに。これが遠かった。。。。(><)

20190616Choshi09.jpg
[灯台と魚をモチーフにしたマンホール]

途中、銚子の観音様で有名な飯沼観音を過ぎて、ひたすら歩きます。

IMG_3949.JPG
[飯沼観音]

途中のどかな畑が広がっています。

20190616Choshi10.jpg

この地域独特の木がありますね。熱帯雨林のような。

20190616Choshi11.jpg

ひたすら、炎天下の中、畑の中を歩きます。(^^;

20190616Choshi12.jpg

古い街並みがイケてますね。

20190616Choshi13.jpg



〇地球の丸く見える丘展望館

やっと、「地球の丸く見える丘展望館」に到着。
大人380円。

20190616Choshi14.jpg
[地球の丸く見える丘展望館]

近くの公園ではアジサイが見頃で、観光客が多く写真を撮っていました。

20190616Choshi15.jpg

この丘は銚子で最も高いそうで、360度一望できます。
本当に地球が丸く見えますよ。
素晴らしい景色です。前日は荒れていた天気だったそうで、今日の天気はありがたいです。

IMG_3954.JPG
[犬吠埼方面]

日比の友好会館が近くにありました。
どうやら、フィリピンと深い関係があるようです。

IMG_3957.JPG
[フィリピン方面]


IMG_3958.JPG
[九十九里浜方面]

20190616Choshi16.jpg
[屛風ヶ浦]

20190616Choshi18.jpg
[銚子市内]

館内の2階では、地元で取れる様々な鉱石を展示していました。
銚子は久慈と並んで琥珀が取れるのですね。

20190616Choshi19.jpg
[琥珀の展示]

勉強になりますね。

IMG_3960.JPG
[のどかな田園が広がります]


20190616Choshi20.jpg
[銚子電鉄の架線を支える木柱]


〇犬吠埼

しばし、景色を堪能した後、犬吠埼まで行ってみました。

20190616Choshi21.jpg
[犬吠埼観光ホテル方面]

観光地化されていますが、水族館は廃墟になっていたりと、昭和時代に栄えたんだろうなって所です。

IMG_3964.JPG
[犬吠埼]

犬吠埼の灯台の周りは一周できますよ。多くの観光客がいました。

20190616Choshi22.jpg


20190616Choshi23.jpg
[君ヶ浜しおさい公園]

20190616Choshi25.jpg
[眼下に広がる太平洋]


〇今回の靴チョイス

ちなみに、今回のウォーキングに利用したのはこれ。私が大好きなメレル製です。

メレル vapor glove 3 luna leather BK。
SPORTS DEPOで安く手に入りました。

ビジネスカジュアルにも合いそうな軽量な靴なのですが、非常にソールが薄く、大地の凹凸を直に感じることができます。
点字ブロックを歩くときは、足つぼマッサージかと思ったよ(^^

IMG_3997.JPG
[メレル vapor glove 3 luna leather BK]


〇犬吠埼温泉

さて、電車までまだ時間があったので、犬吠埼温泉で汗を流して、夕食を食べて、成田に戻ります。

IMG_3977.JPG
[日帰り温泉で利用した、犬吠埼観光ホテル]

外から見ると古いホテルでしたが、温泉は立派なものでした。
ちょっと磯の香の強い泉質です。

20190616Choshi27.jpg
[温泉から落ち行く夕日と、登る月]


〇銚子電鉄

銚子電鉄で、銚子駅まで戻ります。
銚子電鉄は、トロリ線を直接吊るした、架線が簡易的な「直吊架線方式」です。

20190616Choshi26.jpg
[犬吠駅付近を走る銚子電鉄]

これを採用しているのは、私が知る限りでは、路面電車や、土讃線の電化区間(多度津〜琴平)などです。

IMG_3981.JPG
[直吊架線方式]

非常にレトロな外川駅です。ノスタルジックですね。

20190616Choshi28.jpg

20190616Choshi29.jpg

銚子駅方面から、外川駅に電車が入ってきました。

IMG_3983.JPG
[銚子電鉄 外川駅]

20190616Choshi30.jpg

レトロですね〜。
でも、車内はこんなものが。都内の通勤電車ではありえない座席の占有で。。。

20190616Choshi31.jpg

IMG_3984.JPG

土佐電鉄を思わせる運転席です。
音も路面電車と同じで、おそらく電圧は600Vですね。

IMG_3985.JPG

日も暮れて、銚子駅に到着。

IMG_3987.JPG
[銚子電鉄 銚子駅(右)と、成田線の電車]

運転手から「清算済証」をいただきます。
何に使うんだろって思ったら、銚子駅から出る際に駅員に見せるのですね。
銚子電鉄の銚子駅の改札口はJR側にあるので、これがいるのか。

IMG_3988.jpg
[清算済証]


〇かっぱ寿司 銚子店

地のものを食べても良かったのですが、今月末で切れる、カッパクリエイトさんの株主優待カード(3000円分)があったので、かっぱ寿司銚子店でいただきました。
かっぱ寿司は四国に無いのと、都会でも郊外にしか無いので、食べるのに苦労します。

はじめて、かっぱ寿司を食べましたが、スシローよりも、ねっとり感の強い寿司で、高級感のある味です。
3,000円を食べるのはなかなか大変。桐谷さん(株主優待で有名な棋士)ってすごい!

父の日に、おっさんが一人で、ビールやハイボール片手に食べまくったので、たぶん、店の人から警戒されたと思う。
やたらと私の周りを掃除はじめましたよ(笑

IMG_3990.JPG

でも、清算の際に、株主優待カードを出したら、納得した感じでした。


かっぱ寿司から、松岸駅まで歩いて、成田まで帰りました。
歩いた歩数29,000歩なり。疲れたけど、楽しい休日になりました。

明日から、出張。ホテルでゆっくり休みます。



posted by jouji117 at 22:27| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成田へ出発

これから、高松空港から成田空港へ。
晴れました!

IMG_3911.JPG

久しぶりにジェットスターに乗りました。
高松から成田空港へ飛ぶには、ジェットスター一択になります。

日曜朝イチ便だと、基本料5000円未満という安さ。
いざと言う時にキャンセル可能で、受託手荷物30kgまでOKな、スターターマックスという料金プランを選びました。

エクストラレッグルームを選択、バウチャー500円分付いていたので、コーヒーとブルーベリーマフィンを選びました。ブルーベリーマフィンなかなか美味です。

IMG_3912.JPG

エクストラレッグルームは12列目と13列目が選べます。
私は13列目を選んだのですが、シートが薄い上に、後ろの人がかなり狭いのか、足がバンバン私の席にあたり、自然あんま機状態に。。^_^

IMG_3918.JPG
[成田上空]

静かに寝たいなら12列目をオススメします。

なお、1列目左は、CAさん用席と対面なので、シャイな人だと、ちょっと気まずくなります(笑
1列目右でしたら、壁があるので、問題ありません。

IMG_3920.JPG
[到着!]

成田到着後、そのまま地上を歩いて、ターミナルへ。
この感覚はニューカレドニアのマレ島以来です。

成田空港第3ターミナルにつきました。
LCC国内線のターミナルですね。
非常に簡素化された建物で、これでもかって言うくらい配線などもむき出しです。

IMG_3921.JPG

あと、第3ターミナルと、駅のある第2ターミナルの間が遠くて、むちゃくちゃ歩かされます。
結局、駅までいくのに、2,000歩歩きました。約1kmですね。
でも、途中で巨大なフードコートなんかもあって、いいですね。

IMG_3922.JPG

無事、成田駅に到着。

IMG_3926.JPG

ホテルに荷物を置きに行きます。

posted by jouji117 at 13:51| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

高松に帰る

香港から高松に帰ります。

20180806HongKong003.jpg
[4日目のホテルの窓から見る香港。見納めです]

実質、中2日で、よくもここまで詰め込んだな、と自分でも感心しています。

20180806HongKong004.jpg

さて、香港国際空港に向かいます。

20180806HongKong007.jpg
[飛行場が隣接するランタオ島は自然豊かです]

20180806HongKong008.jpg
[空港に到着!]

20180806HongKong010.jpg
[香港国際機場]

20180806HongKong011.jpg
[チェックインカウンター 高松空港よりスムーズでした]

20180806HongKong013.jpg
[一旦、地下鉄を右から左に通過!します]

20180806HongKong014.jpg
[香港エクスプレスに搭乗できるのはかなり奥のターミナル]

20180806HongKong017.jpg
[バスからタラップで乗り込みます]

20180806HongKong018.jpg
[さぬきうどん号!]

いつもの航空写真です。

港珠澳大橋が眼下に見えました。もうとっくに運用されているかと思いきや、まだ車は通っていないようです。
コンクリート強度偽装とかいろいろあったようなので、ちょっと通るの怖いですね。

20180806HongKong019.jpg
[香港=マカオを結ぶ道路 港珠澳大橋(工事中)]

20180806HongKong021.jpg
[台湾・澎湖縣]

20180806HongKong022.jpg
[台湾 台塑工業園區]

20180806HongKong023.jpg
[台湾 台塑工業園區]

20180806HongKong024.jpg
[台中港]

雲の切れ間から、台北を見ることができました。
私の大好きな台湾。また行きたいですね。

・2012年 台北

・2013年 台北

・2016年 台北・九フン

20180806HongKong025.jpg
[台北市内]

20180806HongKong026.jpg
[台湾・基隆]

20180806HongKong027.jpg
[台湾 彭佳嶼(台湾最北の島で、台湾軍の支配下) この少し東が尖閣諸島]

残念!我が尖閣諸島は、私の席とは反対の席の人が見ることができたようです。
何度も、この海域を通っていますが、天気が悪かったり、航路がずれたりと、なかなか、尖閣諸島をお目にかかることができません。

20180806HongKong028.jpg
[巨大な入道雲]

20180806HongKong029.jpg
[大分市]

20180806HongKong030.jpg
[松山空港]

20180806HongKong031.jpg
[今治市としまなみ海道]

20180806HongKong032.jpg
[坂出市番の州工業地帯と瀬戸大橋]

20180806HongKong033.jpg
[高松市]

私の家の真上を飛ぶのですね。

20180806HongKong034.jpg
[屋島]

20180806HongKong035.jpg
[牟礼町]

20180806HongKong036.jpg
[大串半島]


posted by jouji117 at 12:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

香港・ビクトリアピーク

香港最後の夜は、香港を一望できるビクトリア・ピークへ。
ここの夜景は本当に素晴らしいです。天気にも恵まれました。

先に、JUMBOがあったアバディーンに立ち寄って、夜景をパシャリ。
そのあと、ビクトリアピークに行きます。

20180805HongKong118.jpg

20180805HongKong120.jpg
[夜のJUMBO]

ビクトリアピークに到着。ものすごい人です。
人をかきわけかきわけ進みます。

20180805HongKong121.jpg
[ビクトリアピーク]

20180805HongKong122.jpg
[人でごった返しています]

20180805HongKong125.jpg
[なかなかオシャレです]

素晴らしい晴れで、香港の夜を堪能することができました


20180805HongKong123.jpg
[香港の夜景。これだけでも見に来る価値はあります]

20180805HongKong127.jpg
[ISEE iSEE]

帰りに、マンゴーアイスをいただきました。
なかなか美味です。

20180805HongKong126.jpg



posted by jouji117 at 21:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオから香港へ

また、TurboJetに乗って、香港に戻ります。

20180805HongKong105c.jpg
[マカオをさらば!]

いろいろなところに船が出ているようです。

20180805HongKong106b.jpg

また、お世話になるTurboJet。

20180805HongKong105d.jpg

船に乗り込みます。

20180805HongKong105e.jpg

全席指定でしたが、今回は窓際を取れました。洋上風力発電が多く見られます。
進んでますね。

20180805HongKong106.jpg
[洋上風力発電所]

1時間で香港に到着。また特に酔うことなく、つきました。
中環(Central)のビル群が出迎えてくれます。

20180805HongKong106e.jpg
[中環(Central)]

また入国審査があり、香港特別行政区のマークが出迎えてくれます。

20180805HongKong107b.jpg

途中、面白いラッピングバスを発見。出前一丁は香港人の絶大なる支持を誇る味です。

20180805HongKong107c.jpg

世界の山ちゃんも発見。

20180805HongKong107d.jpg
posted by jouji117 at 15:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオ・ベネチアンホテル

マカオ半島から友諠大橋を通り、島(コタイ)の方に向かいます。
友諠大橋を含め、半島と島の間は3本の橋でつながれています。

20180805HongKong095.jpg
[友諠大橋 向こうはコタイ]

コタイは、元々、タイパ島とコロアネ島という二つの島でしたが、間が埋め立てられ、新たな高級ホテルやカジノなどが建てられています。

友諠大橋からは、半島(マカオ旧市街)が良く見えます。

20180805HongKong097.jpg
[マカオ中心部とマカオタワー(左)]

20180805HongKong096.jpg
[サンズ(世界的なカジノホテル運営会社)の看板が大きいです]


マカオを代表する有名なカジノホテルにも行って見ました。
とにかく規模がでかすぎます。

中には青空まで人工的に作り上げたショッピングモールがありました。
カジノは中国人で賑わっていました。
観光客の9割が中国人だそうです。

日本でもIR法が成立しましたが、こんな大規模なホテルができるのでしょうね。

IMG_9649.JPG
[ベネチアンホテル]

IMG_9652.JPG
[ショッピングモールの青空]

20180805HongKong103b.jpg
[まさに、ベニス(ベネチア)といったところ(行ったことないけど)]

20180805HongKong100.jpg
[ベネチアンホテルのカジノ(中は撮影禁止です)]

マカオといえばカジノ。マカオには多くのカジノがあります。
まさに、ラスベガスみたいです(いったことないけど。)

20180805HongKong085.jpg

半島に戻りました。半島側もカジノホテルだらけです。
チェジュ島みたいです。(いったことないけど。)

20180805HongKong084.jpg

20180805HongKong083.jpg

20180805HongKong022.jpg

しかし、伝統的なポルトガル風の建物と、毒々しいカジノホテル。
対照的な色を持つ街が、マカオといえるのかもしれませんね。

20180805HongKong021.jpg

キンピカ系のビルがひしめき合っています。

posted by jouji117 at 14:05| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオ・世界遺産 媽閣廟(マーコウミュウ)

マカオに昔からある古いお寺にも行きました。
マーコミュウ 媽閣廟(Templo de A-Má)は、1488年にできた寺で、世界遺産てす。
マカオの由来ともなったお寺です。(諸説あります。)

ポルトガル人が初めてマカオに到着したのは、この寺の前だったとか。(これも諸説あります。)
現在は広場になっていますが、昔は目の前は海だったそうです。

ポルトガル人が、ここはどこか?と尋ねたら、地元の人が「マーガオ(媽閣)」と答えたとかで、マカオという名前になったそうです。

海の神様で、尼寺。
中国南部で広く信仰されている航海の女神「阿媽(アマ)」が祀られています。

昔、一艘の船が難破しそうになった時に、女神が現れ、安全に船を導いたことから、乗組員がこの女神に感謝し、ここを立てたらしい。

ポルトガル領以前からあるお寺です。
現在も厚くお詣りされていました。

IMG_9640.JPG

中は、非常にフォトジェニック。
今回の旅行で一番の写真が撮れました。

天井を埋め尽くすのは、巨大な渦巻型線香。

20180805HongKong078.jpg
[媽閣廟の中]

敷地はとても広く、丘に沿って4つのお堂が立っています。
ひとつの寺に異なる神が祀られており、なかなか世界でも珍しい寺です。
これは、儒教、道教、仏教、民間信仰の影響を受けた寺だからです。


20180805HongKong077.jpg
[願いが叶うらしい。絵馬みたいなもんんですかね。]

20180805HongKong082.jpg
[付近のリバーサイドは散策にちょうどよいです。暑いけど。]


posted by jouji117 at 12:24| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする