JK徒然日記

2019年07月29日

クロアチア・ホテルクロアチア

今日の宿は、ドブロヴニク郊外にある、その名も、ホテル・クロアチアに泊まりました。
べたやなー。日本でいうと、ホテル・ニッポンみたいな。。

IMG_5241.JPG

でも、とてもラグジュアリーなホテルで、オーシャンビューからの夕日がたまりません。

20190729Hrvatska083.jpg

夕食もこのホテルにて。
バイキングでしたが、名物のムール貝などをいただけました。

IMG_5246.JPG

イタリアに近いこともあり、パスタ、ニョッキ、ラビオリや、チーズなどがとてもおいしいです。

IMG_5251.JPG

翌朝、アドリア海を眺めながらの、会社メールチェック。。。。

IMG_5256.JPG

20190730Hrvatska001.jpg
[ホテルから見るアドリア海]
posted by jouji117 at 23:03| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボスニア・ヘルツェゴビナ・ネウム(Neum)

クロアチアから、ドブロヴニクに陸路で行くには、どうしても越えなくてはならない国境があります。
それが、ボスニア・ヘルチェゴビナの、ネウムという街です。

20190729Hrvatska070.jpg
[国境検問所]

人口4,000人程度の街です。住民もクロアチア人が主体です。

20190729Hrvatska071.jpg
[ネウムへようこそ!]

1718年のパッサロヴィッツ条約によって、ダルマチア地方の大半はベネチア共和国領となりました。
しかし、ダルマチア地方にあるドブロヴニクは元々都市国家ラグサだった歴史があり、オスマントルコ帝国とベネチア共和国の保護国としての立場でした。その、オスマントルコとベネチア共和国の緩衝としての役割をこのニウムという街は果たしていたようです。

なお、ドブロヴニクは、その後クロアチアの一部となりました。

IMG_5210.JPG
[ボスニア・ヘルチェゴビナ ネウム]

国境には検問所がありますが、日本人と分かると、ほぼスルーパスで入れます。
日本のパスポートは世界最強って言いますけど、本当に信頼が厚いんですね。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、仏領ニューカレドニア、台湾(1度目)、マレーシア(ボルネオ)、台湾(2度目)、マレーシア(本土)、カンボジア、シンガポール、アメリカ(ハワイ)、ベトナム、台湾(3度目)、インドネシア、フィンランド、エストニア、香港、マカオ、アメリカ(ラスベガス)、クロアチアの次に、ボスニア・ヘルチェゴビナに入国! 17か国目です!
死ぬまでに50か国行けますでしょうか。。。

ボスニア・ヘルチェゴビナは、ほとんどが内陸の国ですが、唯一この街、ネウムだけ海岸に面していて、約9kmの海岸線を持っています。
つまり、ドブロヴニクはクロアチアの飛び地ということになります。

20190729Hrvatska073.jpg
[ネウムに到着]

地理を大学で習っていた者としては、むっちゃそそられる地区ですね。
ネウムに立ち寄り、土産などを買いました。
この国の通貨は、マルカです。
超ざっくり言うと、1マルカ=4クーナ=0.5ユーロなんだそうです。

スーパーに入ってみました。

20190729Hrvatska074.jpg
[ドライフルーツが多い]

20190729Hrvatska075.jpg
[チーズなども多く売られていました]

なお、ボスニア・ヘルチェゴビナ唯一の海岸の街ですが、港はありません。
これは奥まった位置にあり、ここに港を作っても、経済効率が悪いためです。
そのため、ボスニア・ヘルチェゴビナは、クロアチアに対して、隣のプロチェを租借しており、そこに港を作っています。
電化された貨物鉄道まで引き込んでいます。

20190729Hrvatska062.jpg
[プロチェ港と引込線]
posted by jouji117 at 16:55| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・クルカ(Krka)

プリトヴィチェからドブロヴニクへ行く途中、クルカという街が一望できるサービスエリアがあります。

20190729Hrvatska049.jpg

このクルカもプリトヴィチェと同じく、幾重にも連なる滝がある有名な街です。

20190729Hrvatska050.jpg
[サービスエリアのトイレの紙は出すのがむつかしい]

IMG_5174.JPG

IMG_5175.JPG


IMG_5183.JPG
posted by jouji117 at 15:47| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリトヴィチェからドブロヴニクへ

プリトヴィチェを後にして、一路、ドブロヴニクを目指します。
最近、近くまで高速道路が開通して、時間短縮になりました。
それでも、7時間はかかります。

20190729Hrvatska042.jpg
[牧草地が広がる]

カルストの大地が広がっています。

20190729Hrvatska041.jpg

ディナル・アルプスの峠を高速道路で抜けると、海が広がっていました。
ここから気候は大きく変わって、地中海式気候になります。

20190729Hrvatska043.jpg
[ディナル・アルプスとROVANJSKAの街]

このあたりは絵になりますね。

20190729Hrvatska044.jpg

見とれてしまいます。

20190729Hrvatska045.jpg

Karinsko湖を越えて、一路、ドブロヴニクを目指します。

20190729Hrvatska048.jpg
[Karinsko湖]

高速道路が発達していて、綺麗です。最近できたっぽい。

20190729Hrvatska047.jpg

天気が変わりやすく、晴れているかと思えば大雨になったりと目まぐるしく変わります。

20190729Hrvatska055.jpg

20190729Hrvatska057.jpg


20190729Hrvatska056.jpg

大雨で事故しそうだなぁと思っていたら、目の前で事故がありました。
トラックが道路を1.5車線もふさいでいます。

バスの運転手は華麗な手さばきで、見事、間を縫うようにして通過。
素晴らしいテクニックです。これが無ければ、今日中のドブロヴニク到着は無理だったかもしれません。

20190729Hrvatska058.jpg
[事故]

20190729Hrvatska059.jpg

高速道路を降りて、後は下道を通ります。
結構、道の作り方が微妙。。。
土を積み上げただけだけど、大丈夫?

20190729Hrvatska060.jpg
[心もとない高速道路の法面]

下道を通って、海側のプロチェの街に進みます。

20190729Hrvatska061.jpg
[再びアドリア海が見えてきました]


20190729Hrvatska064.jpg


20190729Hrvatska062.jpg
[プロチェ]

20190729Hrvatska063.jpg
[Rogotinの街]

ネレトヴァ川の支流を越えていきます。
ネレトヴァ川は、ボスニア・ヘルチェゴビナから流れてきている河川で、中流には橋で有名なモスタルがあります。

20190729Hrvatska066.jpg

このあたり。オプゼン(Opuzen)付近は、クロアチアのカルフォルニアと呼ばれ、果樹園栽培が盛んです。
沿道では多くの店が集まり、果物を売っていました。

20190729Hrvatska065.jpg

クロアチアのカルフォルニアを後にして峠を越えていきます。

20190729Hrvatska067.jpg

峠を越えると再び、海が見えてきました。
Klekでは、多くの客が海水浴を楽しんでいました。

20190729Hrvatska069.jpg
[Klekの街]

途中、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのネウムを通過し、またクロアチア領内に入ります。
ネウムの話は別のブログで書きます。

20190729Hrvatska068.jpg

20190729Hrvatska077.jpg

この湾内では、牡蠣の養殖が盛んです。

20190729Hrvatska078.jpg
[牡蠣の養殖場]

ストン(Ston)の街が見えてきました。
万里の長城ほどではないけど、ラグーザ(ドブロヴニク)共和国時代の要塞として利用された長い城壁がとても綺麗です。
イギリスのハドリアヌス城壁についで、ヨーロッパで二番目に長く5kmに達します。
塩田で発展した街です。

20190729Hrvatska079.jpg
[ストン(Ston)の街]

ストンの街を越えると、外海が見えてきました。

20190729Hrvatska076.jpg

長いバス旅もそろそろ終わり。やっと、ドブロヴニクに近づいてきました。

20190729Hrvatska080.jpg

ドブロヴニク市内に入ってきました。
ツジマン橋を越えて、市内に入ります。
この橋が無かったころは、湾を大きく迂回する必要があり、さらに50分かかるそうです。

20190729Hrvatska081.jpg
[ツジマン(Tudjman Bridge)橋]

大きな豪華客船が停まっていました。
こうした客船が来ている時はドブロヴニクがとても混雑するそうです。。。

20190729Hrvatska082.jpg
[ドブロヴニク港]

posted by jouji117 at 14:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・プリトヴィツェ・BISTRO Vila Velebita

散策後、近くのレストランでランチしました。

IMG_5134.JPG

クロアチアを初めとしてヨーロッパのレストランでは飲み物を頼むのが流儀です。
私は昼間からビール(笑

IMG_5137.JPG

キノコのスープや、マスのグリルがなかなか美味しいです。

IMG_5135.JPG


IMG_5136.JPG

シンプルだけどおいしかったです。

IMG_5138.JPG
posted by jouji117 at 12:55| 香川 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・プリトヴィツェ湖群国立公園(Plitvička jezera)

今回の旅は湖畔ウォーキングがテーマ。

今日はクロアチアを代表する湖畔でのんびりとウォーキングです。
大小16の湖と、92の滝があります。

IMG_5040.JPG

1979年にユネスコ世界遺産に指定されています。
クロアチア紛争で、一時危機遺産リストに入っていましたが、その後の懸命な地雷撤去によって、リストからは外れました。

IMG_5044.JPG

まず見ることができるのが大滝です。
圧倒されますが下から見た方が迫力あるので、下に降りてみます。

20190729Hrvatska007.jpg

いくつもの棚から水が溢れ出して、独特の風景です。

IMG_5058.JPG

木道がしっかりと整備されていて、メンテナンスが行き届いています。
しかし人が多い。観光シーズンでヨーロッパや全世界から人が押し寄せています。

IMG_5071.JPG

湖底には、石灰華と呼ばれる石灰岩の堆積物が沈殿しています。

IMG_5098.JPG

20190729Hrvatska010.jpg

石灰石で水がエメラルドグリーンのように見えて、とても綺麗です。

IMG_5064.JPG

20190729Hrvatska011.jpg

このプリトヴィツェは一生のうちに一回は行くべきところですね。

IMG_5075.JPG

20190729Hrvatska026.jpg

この日は天気が不安定で、大雨が降って大変でしたが、散策中だけ奇跡的に晴れて、素晴らしい景色を堪能することが出来ました。

20190729Hrvatska009.jpg

実に公園内の99%が森林で、残り1%が水域です。

20190729Hrvatska008.jpg

ナラ、トウヒ、モミなどの木が多いそうです。

IMG_5087.JPG

クロアチア出身の世界的オペラ歌手「ミルカ・トルニナ」の碑がありました。
大金を投じてこの公園の整備に尽力されたそうです。

IMG_5100.JPG
[ミルカ・トルニナの碑]

その彼女の名前が付いた滝もありました。

IMG_5101.JPG
[ミルカ・トルニナの滝]

湖の濃い緑はとても印象的です。

20190729Hrvatska024.jpg

石灰石の影響でこのような色が出るのだそうです。

20190729Hrvatska025.jpg

この後、上流の湖から遊覧船に乗って、イェゼロホテルまで帰ってきました。


20190729Hrvatska033.jpg

遊覧船は非常にゆったりと進み、優雅な時間を楽しむことができます。

IMG_5130.JPG

とても気持ちの良い散策になりました。

20190729Hrvatska034.jpg
posted by jouji117 at 11:38| 香川 ☀| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

クロアチア・プリトヴィツェ イェゼロ ホテル

ザグレブからプリトヴィツェに移動し、今晩の宿です。
イェゼロとは、クロアチア語で湖という意味です。

IMG_5019.JPG

実に、家を出てから、35時間ぶりの住処です。

IMG_5025.JPG

高原にあり、澄んだ冷涼な空気が美味しいです。

IMG_5026.JPG

白ワインと、地元のディナーで乾杯!

IMG_5030.JPG

朝は、決裁承認などの仕事です。。

IMG_5033.JPG
posted by jouji117 at 23:11| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザグレブからプリトヴィチェへ行く・・戦争の傷跡が生々しく

バスに乗って、ザグレブからプリトヴィチェに行きます。

20190728Hrvatska044.jpg
[大雨のザグレブ・イェラチッチ広場を後にします]

20190728Hrvatska052.jpg
[ザグレブ駅に続く鉄道]

20190728Hrvatska051.jpg
[ザグレブ市内のマンション群]

市内を抜けると、途中までは綺麗な高速道路(A1)を利用します。
こちらの料金システムはETCではなくENCって言うんですね。

20190728Hrvatska053.jpg

高速道路のサービスエリアは、ガソリンスタンドと、ガソリンスタンドが経営するイートインコーナー付きのコンビニが併設されており、そのコンビニの中にトイレがあるスタイルです。
サービスエリアのトイレは基本的に無料ですが、国道沿いのコンビニのトイレは有料の場合があります。

20190728Hrvatska055.jpg
[サービスエリア]

20190728Hrvatska056.jpg
[なぜか、特大の洗剤とティッシュペーパーが特売されていました]

ビールが有名なカーロヴァッツ(Karlovac)で高速道路を降りて、後は下道でまいります。
カルロヴァチュカ・ピヴォヴァラ(Karlovačka pivovara)の製造するカルロヴァチュコで知られています。

牧歌的な風景が広がっています。
牧草地帯か、トウモロコシが植わっていますね。
20190728Hrvatska054.jpg

このあたりは、1991-1995年のクロアチア紛争のクロアチア対セルビアの激戦地だったため、戦争の爪痕を多く見ることが出来ます。

20190728Hrvatska057.jpg
[カーロヴァッツにある軍事博物館 - 戦車などの展示]

20190728Hrvatska058.jpg
[このあたりは銃弾の跡が生々しく]

20190728Hrvatska059.jpg
[ここにも]

でも、のどかな風景は続きます。

20190728Hrvatska060.jpg

途中、観光地のスルニの街を通過します。
ラストケ(Rastoke)と呼ばれる滝が有名です。

20190728Hrvatska061.jpg
[スルニ(Slunj)の街]

スルニにあるスタリグラード(Stari Grad)という城も見えました。

20190728Hrvatska062.jpg
[スタリグラード]

4時間ほどで、イェゼロホテルに到着。遠かった。。

20190728Hrvatska063.jpg
[イェゼロホテル]
posted by jouji117 at 18:00| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・ザグレブ市内観光

クロアチア・ザグレブ空港に到着。
国際空港ですが、こじんまりとしていて、高松空港と似た田舎感があります。

IMG_4962.JPG
[ザグレブ国際空港]

空港から出ると、かなりしっかりした雨。雷雨。。やれやれ。。。

20190728Hrvatska003.jpg
[ザグレブのトラム]

20190728Hrvatska002.jpg
[ザグレブのビル群]


気をとりなおして、ザグレブの旧市街を散策です。

IMG_4965.JPG

ザグレブはメドヴェドニツァ山脈の麓にあるクロアチアの首都で、市の人口は約70万人。
都市圏人口は100万人以上と言われています。
京都と姉妹都市を提携しています。

20190728Hrvatska004.jpg

今日はあいにくの雨だったため、体感気温は15度くらい。
とても寒いです。
先週まではとても暑かったそうです。

クロアチアがEUに加盟したことを記念した碑が建てられていました。
前にはEU機関の入るビルもありました。

IMG_4969.JPG

11世紀の終わり、ハンガリー王 ラースロー1世が、カプトル(英語で言うとキャピタル)地区に司教区を設けました。
また、その隣の丘に、グラデツという町がありました。
1242年のタタール(モンゴル系)の侵攻で町が壊滅的になったり、この集落は経済的にも政治的にもライバル関係にあったこともあり、争いが元で大火にも襲われたこともありましたが、1850年に合併してひとつの町ザグレブになり、今日に至っています。

広場には街のミニチュアがあります。

IMG_4970.JPG

カプトル広場まで行くと、クロアチアで最も高い、105mの高さを誇る、ザグレブ大聖堂を見ることができます。

IMG_4984.JPG
[聖母被昇天大聖堂(ザグレブ大聖堂]

20190728Hrvatska011.jpg

ザグレブ大聖堂の横にはオスマントルコからの攻撃を守る壁があります。
大聖堂の景観を損ねるとの理由で幾分取り壊されているそうです。

20190728Hrvatska009.jpg

その壁近くには、1880年の大地震で針の止まった時計があります。
その後、尖塔などを修復したのですが、質の悪い石を使用したために、酸性雨などで、溶けてしまったそうです。
そこで、耐久性のある石に替えるべく修復工事がされています。
向かって左側が質の悪い石、右側が質の良い石です。

20190728Hrvatska012.jpg

大聖堂の中は厳かで、ステンドグラスが綺麗です。
大聖堂の修復での石の展示もされていました。

20190728Hrvatska014.jpg

写真撮影は礼拝の邪魔にならなければOKです。

IMG_4980.JPG

このあと、さまざまな場所を訪問するのですが、クロアチアもスロベニアも写真撮影は許可されていることが多く、そういった意味ではおおらかです。

この大聖堂はゴシック様式でしょうか、なかなか装飾が見事です。

IMG_4981.JPG

大聖堂の周りは土産物屋が多く、ザグレブ名物のハート型の中に鏡の入った飾りが多く売られていました。
好きな人にあげるのだそうです。

20190728Hrvatska007.jpg

20190728Hrvatska008.jpg

20190728Hrvatska010.jpg

街一番の市場は、日曜日夕方ということもあり、すでにお休みになっていました。
コンビニとかデパートとか、日曜日は軒並み休みです。

20190728Hrvatska017.jpg
[市場]

IMG_4986.JPG


20190728Hrvatska018.jpg
[花市場]

ザグレブは坂の多い街です。

20190728Hrvatska021.jpg

オシャレな店や建物が多く集まっています。
このあたりは景観が重視されているのか、そこまで落書きは多くないです。

20190728Hrvatska022.jpg

20190728Hrvatska023.jpg
[やたらと日本語の店]

IMG_4988.JPG

グラデツの方に歩いていきます。

IMG_4992.JPG

おしゃれな店が集まる通りを横切ると、石の門がありました。

20190728Hrvatska025.jpg
[石の門]

20190728Hrvatska024.jpg

昔、大火で焼けてしまったのですが、イコンだけが残り、それを今でも大切にしているのだそうです。
石の門をくぐると、イコンが祀られています。

IMG_4993.JPG

IMG_4994.JPG
[イコン]

旧市街グラデツの中心部にあるのが、聖マルコ教会です。
13世紀から続く聖マルコ教会には、陶板(カラータイル)でつくられた色鮮やかな屋根が特徴です。
左には、クロアチア、スラヴォニア、ダルマチアのそれぞれの紋章が描かれ、右にはザグレブの紋章が描かれています。

20190728Hrvatska026.jpg
[聖マルコ教会]

このあたりには、国会議事堂などもあり、クロアチアの中枢となっています。

20190728Hrvatska027.jpg
[国会議事堂]

昔は劇場だったという建物は市役所になっています。
昔宝くじで大儲けしたオーストリア人が建てたのだそうです。

IMG_5001.JPG
[市役所の通り]

20190728Hrvatska029.jpg
[市役所]

20190728Hrvatska030.jpg
[ガス灯]

20190728Hrvatska031.jpg

途中、失恋博物館もありました。
世界的にも珍しいですね。

20190728Hrvatska033.jpg
[グラデツと書かれた街の標識]

聖キャサリン教会の奥に広がる広場に行くと、カプトルなどの市街を一望できます。
この時、超大雨で、間違いなく特別警報並みの雨でした。
ここまで降られると逆に気持ちいいかも。笑

20190728Hrvatska032.jpg
[聖キャサリン教会と、学校(右)]

ヨーロッパの街並みは本当にいつ見てもよいですね。
迫力は、エストニア・タリンの方が上ですかね。

20190728Hrvatska034.jpg
[市内を一望できます]

南側に歩くと、落書きのような芸術のような絵がありました。

20190728Hrvatska037.jpg

20190728Hrvatska036.jpg

南側も一望できます。おしゃれですね。

20190728Hrvatska038.jpg

窓枠の中には、クリーム色と緑の屋根が特徴的なクロアチア国立劇場が見えます。

IMG_5011.JPG

ここには世界で一番短いケーブルカーもあります。
確かに。。。。でも、世界一見たさに、観光客で一杯でした。

IMG_5014.JPG

丘から市内に降りてきました。

20190728Hrvatska042.jpg
[雨どいからは大量の雨が]

いやー、ずぶぬれです。。。まいった、まいった。

13世紀に建てられた見張り台、ロトルシュチャクがあります。
見晴らしが抜群の塔です。

IMG_5012.JPG
[ロトルシュチャク]

ぬれねずみの中、イェラチッチ総督広場に行きました。
トゥルグ(広場)とも呼ばれて市民に親しまれています。
イェラチッチ総督は、ハンガリーからの独立を模索したクロアチア独立の父と呼ばれているそうです。

ユーゴスラヴィア時代に一度撤去されましたが、クロアチア独立の1991年に再度設置されました。

IMG_5017.JPG
[イェラチッチ総督広場]

20190728Hrvatska047.jpg
[イェラチッチ像]

20190728Hrvatska046.jpg
[ひっきりなしにトラムが出ています]

20190728Hrvatska048.jpg
[Müllerの百貨店があります]

20190728Hrvatska050.jpg
[街頭がロープで吊るされています]

ザグレブを後にして、プリトヴィチェに向かいました。
今日の泊まる宿は、プリトヴィチェ・イェゼロ・ホテルです。
posted by jouji117 at 17:39| 香川 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイからクロアチア・ザグレブへ

ドバイで3時間のトランジット。

20190727Hrvatska025.jpg
[ドバイ国際空港に到着]

20190727Hrvatska031.jpg
[ドバイで見る朝日]

20190727Hrvatska027.jpg
[月のマークはお祈りの場所ですかね]

20190727Hrvatska029.jpg
[ドバイ国際空港の中はとても広く綺麗です]

20190727Hrvatska034.jpg
[ドバイ国際空港から見る飛行機たち]

20190727Hrvatska026.jpg
[世界各地に飛行機が飛んでいます。アフリカ行も多い]

20190727Hrvatska030.jpg
[美味しそうなものが並んでいますが、あまりおいしくなかった機内食で腹は満タン]

20190727Hrvatska033.jpg
[たぶん、ロレックスって書いてある(笑)]

20190727Hrvatska028.jpg
[ドバイ国際空港の看板は中国車がズラリ]

ドバイから、クロアチアの首都、ザグレブへ向かいます。

IMG_4912.JPG
[クロアチア行ゲート]

ドバイでは3時間のトランジット。

IMG_4919.JPG

器用に、イランやシリアなど、ヤバめな国を交わして、トルコ、黒海、ブルガリア経由で飛行機が飛んでいきます。
イラクは通るんですね。。。

20190727Hrvatska042.jpg

20190727Hrvatska041.jpg

20190727Hrvatska038.jpg

20190727Hrvatska040.jpg

20190727Hrvatska039.jpg

飛行機の経路ルートって面白いですね。政治やコストなど、いろいろなものが反映されています。
結構、ずっと、私って飛行経路見ています。

IMG_4941.jpg
[黒海が見えてきました。]

しかし家を出てから丸一日以上、移動中です。疲れてきました。

IMG_4920.jpg
[グランドキャニオンのようなトルコの山々]

エミレーツ航空はOn AirというWiFiサービスが利用でき、20MBまで無料なのですが、ほぼ繋がりません。
まあ数文字送れたらよいかな。昔のクンロク(9,600bps)を思い出します。

IMG_4931.JPG
[トルコの山々が続きます]

初めて見る黒海を横目に見ながら、ブルガリアを超えていきます。
綺麗だ。。。

IMG_4951.JPG
[黒海、対岸はトルコ]

ブルガリアには広大な畑が広がっていました。
ブルガリアやルーマニアなども私が行ってみたい国の一つです。

IMG_4954.jpg
[ブルガリア上空]


〇クロアチアについて

元々はユーゴスラビアの一部でした。
現在は独立国となっています。人口は400万人程度。
言語はスラブ系のクロアチア語で、ロシア語に近い響きです。

通貨は、クーナ(Kn)。1クーナは17円ほど(2019/7現在)。
クーナは日本では両替できないレア通貨なので、クロアチアに入ってから両替します。
マイナーな通貨ですが、クロアチアではクーナしか通用しない店が多く、ユーロやドル、日本円は有名観光地の有名店以外では、ほとんど通用しません。クレジットカードは普及していて、PINコードを入力すれば決済できます。
「PIN ほにゃららかにゃらら」って言われて、テンキーを渡されるので、4ケタの暗証番号を入れて右下にある緑のボタン(Enterキー)を押せばOKです。
バーコード決済、ペイ的なものは一切普及していません。

レストランでは、飲み物を頼むのがマナーですが、クレジットカードを使えない場合があるので、ある程度の現金は用意しておいた方がよいです。

また、アメリカほど厳格ではないですが、チップの習慣があります。
というか、ひそかにチップを期待されています。
たとえば、宿泊した場合は、枕銭として5knくらいを置きます。
ただし、サービスに不満があったり、1泊だけでちょうどよい額のお金が無い場合は無理に置く必要はありません。
レストランでは、サービス料が請求書やレシートに無い場合は、10%程度をテーブルに置いて、店を後にします。

ところでクロアチアといえば、サッカーが強いイメージありますよね。
また、1990年代の内戦では、ボスニア・ヘルチェゴビナに次いで、戦争がはげしかった地域です。


posted by jouji117 at 14:32| 香川 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする